マテリアリティと実績

マテリアリティの
特定プロセス

パイオニアグループは社会の持続可能(サステナブル)な発展に貢献するために、優先的に取り組むテーマとして、マテリアリティ(重要課題)を特定しています。

マテリアリティの特定

当社のこれまでの社会・環境への取り組みを事業戦略と結び付け、2021年3月期にマテリアリティを特定しました。

Step 1 抽出 当社の事業活動とその他の取り組みをSDGsと照合し、関連性のあるものをリストアップ。Step 2 分析 グループの動向やステークホルダーからの期待・要望(ISO26000、Society5.0、社外評価)とパイオニアグループの中期経営計画を踏まえて分析。Step 3 特定 分析結果をもとに、CSR委員会(委員長:代表取締役)において議論し、マテリアリティを特定。取締役会へ上申し、承認。

Step 1 抽出 当社の事業活動とその他の取り組みをSDGsと照合し、関連性のあるものをリストアップ。Step 2 分析 グループの動向やステークホルダーからの期待・要望(ISO26000、Society5.0、社外評価)とパイオニアグループの中期経営計画を踏まえて分析。Step 3 特定 分析結果をもとに、CSR委員会(委員長:代表取締役)において議論し、マテリアリティを特定。取締役会へ上申し、承認。

パイオニアグループの
マテリアリティ

特定したマテリアリティをCSV視点、ESG視点でまとめました。

CSV視点

事業を通じて社会課題解決への
貢献につながるテーマ

  • 事故リスク削減
  • 人手不足・ラストワンマイル問題解決
  • 移動時の情報過多・複雑化解決
  • 高齢化・グローバル社会における
    移動支援
ESG視点

経営の基盤となるテーマ

  • 持続可能な地球環境への貢献
  • お客様満足・製品安全
  • 人材育成
    (イノベーション人材・社会貢献意識)
  • 安全衛生・リスクマネジメントへの
    取り組み
  • 健全な企業風土・経営基盤の確立
  • 責任あるサプライチェーン

取り組み実績

マテリアリティに関する取り組み状況を定期的に監視し、改善につなげています。
各項目の取り組み実績は以下のとおりです。

マテリアリティ 取り組み 2021年3月期の実績 関連するSDGs
事故リスク削減 安全運転支援の推進となる通信ドライブレコーダーの契約者数の拡大
  • 保険会社向け通信ドライブレコーダーの契約者年間増加率50%
3 すべての人に健康と福祉を11 住み続けられるまちづくりを17 パートナーシップで目標を達成しよう
ナビゲーションモデルに搭載している安全機能を市場に積極的に提案
  • 市販向けカーナビゲーションシステム(サイバーナビ・楽ナビ)の国内販売目標台数を、ほぼ達成
3 すべての人に健康と福祉を9 産業と技術革新の基盤をつくろう
人手不足・
ラストワンマイル問題解決
車両運行業務に関わる様々な課題解決を支援する物流・配送業界向けのソリューションの推進
  • クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の契約年間増加率40%
3 すべての人に健康と福祉を7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに8 働きがいも経済成長も11 住み続けられるまちづくりを17 パートナーシップで目標を達成しよう
MaaS関連コンソーシアムに積極的に参画し、地域課題、社会課題解決に向けたコアアセットを活用したモビリティソリューションサービスを提供
  • コンソーシアムに正式に参加
    継続してコンソーシアム定例会や個別ワークを推進中
3 すべての人に健康と福祉を17 パートナーシップで目標を達成しよう
移動時の情報過多・
複雑化解決
一人ひとりに最適化されたドライブサポートで、交通事故防止にもつながる会話するドライビングパートナー「NP1」の発売・拡販
  • 「NP1」の2022年3月期下期市場導入に向け開発着手
3 すべての人に健康と福祉を9 産業と技術革新の基盤をつくろう11 住み続けられるまちづくりを
ナビゲーションモデル、ディスプレイオーディオモデルに搭載している「運転中のドライバーに負担をかけない、カンタンで使いやすい操作性」を市場に積極的に提案
  • 市販向けカーナビゲーションシステム(楽ナビ)、ディスプレイオーディオの国内・海外販売目標台数を、ほぼ達成
3 すべての人に健康と福祉を9 産業と技術革新の基盤をつくろう
高齢化・グローバル
社会における移動支援
多様化するドライバーニーズと様々なモビリティシーンにおいて、誰もが安全に快適に移動可能な車載HMI※1ソリューションを提供
  • 神奈川工科大学と共同研究を実施し、成果報告会を開催
  • 九州大学と共同研究を実施し、成果報告会を開催
  • AMECC2※2研究開発へ参加
    ドライビングシミュレータのデータ分析の中間報告会を実施
3 すべての人に健康と福祉を17 パートナーシップで目標を達成しよう
GUI※3領域においてユニバーサルデザイン対応の向上を目指す
  • GUI※3領域のユニバーサルデザイン適用率98.77%
10 人や国の不平等をなくそう11 住み続けられるまちづくりを
持続可能な
地球環境への貢献
2030年3月期の自社からのCO2排出量を2018年3月期比30%削減(国内・海外)
  • CO2排出量の削減 2018年3月期比21%削減
12 つくる責任 つかう責任13 気候変動に具体的な対策を
製品・サービスのライフサイクルCO2排出量の削減
  • 算出方法の決定および2機種算出
9 産業と技術革新の基盤をつくろう13 気候変動に具体的な対策を
製品・サービスによる貢献量を見える化
  • 貢献の見える化の推進
9 産業と技術革新の基盤をつくろう13 気候変動に具体的な対策を
お客様満足・製品安全 サービス事業の成長に向け、お客様満足度の高い運用体制の構築
  • お客様の声を早期にサービスへ反映していくためのプロセス検討を行い、運用を開始
12 つくる責任 つかう責任
人材育成
(イノベーション人材・
社会貢献意識)
自律的成長機会の創出により、イノベーション人材を育成
  • 社員エンゲージメント調査の実施と結果のフィードバック、改善活動の促進
  • 在宅勤務制度を全社に拡大、積極的に活用を推進
3 すべての人に健康と福祉を4 質の高い教育をみんなに5 ジェンダー平等を実現しよう8 働きがいも経済成長も10 人や国の不平等をなくそう
社会貢献意識の高い人材の育成
  • ボランティアとしての社会貢献イベント社員参画人数23名(延べ人数・年間)
4 質の高い教育をみんなに
安全衛生・
リスクマネジメントへの取り組み
グローバル安全衛生の取り組み
  • 休業労災 12件
3 すべての人に健康と福祉を8 働きがいも経済成長も13 気候変動に具体的な対策を
リスクマネジメントの取り組み
  • 個別BCPの維持管理を継続実施
3 すべての人に健康と福祉を8 働きがいも経済成長も13 気候変動に具体的な対策を
責任ある
サプライチェーン
主要取引先とのCSR調達に関する覚書取り交わしの推進
  • 覚書取り交わし実績 81%
5 ジェンダー平等を実現しよう12 つくる責任 つかう責任
健全な企業風土・
経営基盤の確立
パイオニアグループ行動規範や各種法令に対するコンプライアンス意識の向上を通じて、顧客の安心を最優先にする企業風土を醸成
  • 国内グループ会社でコンプライアンスeラーニング実施(受講率97.6%)
16 平和と公正をすべての人に
プライバシー規制への対応方針の整備、周知徹底を通じて、顧客の安心を確実なものとする仕組みを構築
  • 国内グループ会社でプライバシー規制対応を含むコンプライアンスeラーニング実施(受講率97.6%)
16 平和と公正をすべての人に

HMI(Human Machine Interface):人間と機械が情報をやり取りするための手段や、そのための装置やソフトウェアなどの総称です。

AMECC2(Automotive and Medical Concert Consortium 2):健康起因交通事故撲滅のための医工連携研究開発コンソーシアム。認知機能が低下した高齢ドライバーの運転リスク評価や、車の運転などの日常生活データに基づく認知症の早期発見に関する研究開発を目的としています。

GUI(Graphical User Interface):画面上に表示される情報や操作の総称。この場合、カーナビゲーション製品などの「画面デザイン」全般を意味します。

*は、パイオニアの取り組みです。それ以外はパイオニアグループの取り組みです。