環境マネジメント

パイオニアグループの環境マネジメント
について紹介しています

パイオニアは持続可能な社会の実現のために、環境問題を含む社会的課題に貢献するソリューションの提供を目指します。同時に、それらを実現するための製品/サービスのライフサイクルにおける環境配慮および自社が排出する環境負荷の低減に取り組みます。

環境マネジメント

インプットを最小化 材料、部品 エネルギー 化学物質 水 その他 (環境配慮)事業活動(環境貢献)正のアウトプットを最大化 モビリティプロダクト モビリティサービス(環境負荷低減)負のアウトプットを低減 温室効果ガス 廃棄物 有害物質 不良品 その他

インプットを最小化※1 材料、部品 エネルギー 化学物質 水 その他 (環境配慮)事業活動(環境貢献)正のアウトプットを最大化※2 モビリティプロダクト モビリティサービス(環境負荷低減)負のアウトプットを低減※3 温室効果ガス 廃棄物 有害物質 不良品 その他

パイオニアは、1991年に「パイオニア環境保護推進委員会」を発足し、グループ全体の環境保護活動を統括しています。社内各事業所、関連会社、海外現地法人は環境マネジメントシステムを構築し、環境活動を推進しています。また、ISO14001認証取得や内部監査により、マネジメントシステムの適合性や有効性を確保しています。

  1. 社長
  2. 環境担当役員
  3. パイオニア
    環境保護推進
    委員会
  4. 本社管理部門
    事業部
    海外現地法人
    事業所
    関連会社

パイオニアは環境保護の理念および環境方針を実現するために、主要な拠点に対し環境マネジメントシステムの構築とISO14001認証取得を義務付けています。また国内は各事業所やグループ会社ごとに推進していた環境マネジメントシステムを統合し、国内グループ全体でより高度な目標に向かった活動を推進しています。

ISO14001認証取得事業所・会社一覧(2021年4月現在)

日本

  • パイオニア株式会社
    • 本社
    • 川越事業所
  • インクリメントP株式会社
  • パイオニアサービスネットワーク株式会社
  • パイオニアウエルフェアサービス株式会社
  • 株式会社テクニカルオーディオデバイセズラボラトリーズ
  • パイオニア販売株式会社
  • パイオニアデジタルデザイン&マニュファクチャリング株式会社
  • パイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社
  • パイオニア健康保険組合
  • パイオニア企業年金基金
  • パイオニア労働組合
  • パイオニアシステムテクノロジー株式会社
  • パイオニアファインテック株式会社
  • 東北パイオニア株式会社
    • 天童本社
    • 米沢事業所
  • 最上電機株式会社

北米・中南米

  • Pioneer North America (PNA)
  • Pioneer Automotive Technologies, Inc. (PAT)
  • Pioneer Do Brazil Ltda. (PBL)

欧州

  • Pioneer Europe N.V. (PEE)

アジア&オセアニア

  • Pioneer Electronics Asiacentre Pte. Ltd. (PAC)
  • Pioneer Manufacturing (Thailand) Co.,Ltd. (PTM)
  • Tohoku Pioneer (Thaiand) Co.Ltd. (TPT)
  • Tohoku Pioneer (Vietnam) CO., Ltd. (TPV)
  • Pioneer China Holding Co., Ltd. (PCH)
  • Pioneer Technology (Dongguan) Co., Ltd. (PTD)
  • Mogami (Dongguan) Electronics Co., Ltd. (MDE)
  • Pioneer (HK) Ltd.(PHK)

パイオニアではグローバルでの環境影響評価を実施して事業活動における環境負荷を把握した上で、環境管理項目を決定しています。 当社の事業形態ではエネルギー使用にともなう温室効果ガス排出による地球温暖化への影響が全体の82.5%を占めています。

詳細データ、環境管理項目はデータ集をご覧ください。

パイオニアグループ 環境データ集 2020(PDF 763 KB)

製品の設計段階で、部品を構成する材質、使用量および搭載する電子部品などを選定します。また、お客さまが使用する際の消費電力などの電気性能や製品重量もここで決まります。 当社は環境性能を決定する、この重要な製品設計タイミングで、全ての製品を対象に製品アセスメントを行い、効果的な環境配慮を実現させると共に、世界各国の環境法令への適合を確実にしています。

地球温暖化の防止

  • 消費電力削減
  • 自動車の燃費向上
  • 輸送時の省エネ

資源循環

  • 材料・部品点数削減
  • 梱包の省資源化
  • 易分解性

製品含有化学物質の管理

  • 環境影響の最小化
  • グリーン調達の推進
  • 化学物質情報の管理

製品ライフサイクル視点で見た製品アセスメントの流れ

LCA 部品調達 グリーン調達 製品設計 小型軽量化設計 部品点数の削減 生産 省エネルギー 輸送 材料・部品・点数削減 使用 消費電力削減 廃棄/リサイクル 易分解性

社内の環境教育

国内グループでは、従業員向けの環境eラーニングを定期的に開催しています。様々な業務に従事している従業員に環境に対する関心を高めるてもらうことを目的としており、「SDGs」や「海洋プラスチック」、「カーボンニュートラル」などの社会の潮流をテーマアップすることで個人や組織の環境意識向上に寄与しています。

学習テキストの一例

社内表彰制度

パイオニアグループでは、環境活動への取り組み向上を図るため、環境保護活動に貢献した全世界の事業所やグループ・個人を社内表彰する「パイオニア環境貢献賞」と、環境保護に寄与すると判断された特許に与えられる「環境特許賞」を設けています。

国内表彰式

海外表彰式

パイオニアは事業活動や商品の環境に関する情報をタイムリーにお伝えし、対話を行うことで信頼関係が構築できるよう取り組んでいます。また、より良い地球環境の実現に貢献できるよう、地域に根ざした環境活動を世界中で展開しています。このようにパイオニアはステークホルダーの皆さまとの環境コミュニケーションを大切にしています。

ステークホルダーとの環境コミュニケーション

パイオニア お客様 販売店 取引先 従業員 NPO NGO 業界団体 地域社会 政府 自治体 株主 投資家

近隣自治会との「環境コミュニケーション」を開催

川越事業所は、毎年近隣自治会および川越市環境部の方を総勢20名ほどお招きして環境コミュニケーションを開催しています。環境取組の説明、環境施設の見学、TADスタジオでの試聴、ボディソニック(体感音響システム)の体験などにより川越事業所を知っていただき、近隣住民との良き関係を醸成しています。

リサイクルセンター見学の様子

お問い合わせにお答えします

環境活動に関する多くのお問い合わせを頂いております。パイオニアはこれらを真摯に受け止め、誠実・迅速に回答すると共に、ご意見などを参考にさせていただいております。

主なお問い合わせ内容

製品の納入先様から環境負荷物質の含有・使用、政府・自治体様からは地球温暖化防止、業界団体様からは省エネ・化学物質海外法規制などについての調査がありました。

お問い合わせ件数

2019年度は253件のお問い合わせがありました。
このうち、環境苦情は0件でした。