特集3 社会全体の効率化・安全・環境保全に貢献する
「ビークルアシスト」

該当するSDGs項目 3 すべての人に健康と福祉を: 注意喚起により交通事故を削減、7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに: 安全運転支援および最適経路による燃費改善、8 働きがいも経済成長も: 巡回業務効率化による生産性向上、11 住み続けられるまちづくりを: 運行管理による走行距離・時間短縮によりCO2の排出量削減、17 パートナーシップで目標を達成しよう: パートナーシップ(企業間連携)
該当するSDGs項目
3 すべての人に健康と福祉を
注意喚起により交通事故を削減
7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
安全運転支援および最適経路
による燃費改善
8 働きがいも経済成長も
巡回業務効率化による生産性向上
11 住み続けられるまちづくりを
運行管理による走行距離・
時間短縮によりCO2の排出量削減
17 パートナーシップで目標を達成しよう
パートナーシップ(企業間連携)

CO2排出量削減、交通事故削減、人手不足への対応など多くの問題を抱える物流輸送業界を支援するソリューションとして、パイオニアではカーエレクトロニクス事業における技術・ノウハウを企業向けに応用した「ビークルアシスト」を展開しています。2015年の発売以来、物流輸送業にとどまらず車両を利用する多くの業務現場に採用され、企業の課題解決に貢献しています。

車両運行業務に関わる
様々な課題解決を支援

ビークルアシスト」は、事故削減に加え、運行業務の効率化、管理業務の省力化など企業が抱える車両運行業務の課題解決を強力にサポートするクラウド型運行管理サービスです。

解決する課題

事故削減運行業務効率化管理業務省力化

クラウド型運行管理サービス
「ビークルアシスト」の仕組み

「ビークルアシスト」ではカーナビゲーションやドライブレコーダー、スマホなどを端末とし、通信回線でクラウド上のサーバーと接続。端末から送信される車両位置情報や速度などの走行データをもとに、サーバーが車両の動態管理や危険運転の通知・分析など高度な運行管理・支援を行います。インターネット回線に接続可能なパソコンまたはタブレットがあれば、いつでもどこでもご利用いただけます。

当社Webサイト 
業務用カーソリューションのページ

詳細はこちら

Case 1
事故削減管理業務省力化

課題解決に貢献した導入事例①

事業内容 中古車販売店向け業務支援事業

導入目的 営業の効率化 安全運転意識の向上

営業車を使った業務の可視化と効率化、安全運転意識の向上を目指して「ビークルアシスト」を導入しました。早くも3か月で業務時間10%減、商談件数16.7%増、契約獲得数13.9%増と生産性が向上し、導入効果が如実に表れる結果となっています。「ビークルアシスト」で営業社員の社外業務の時間を正確に把握できるようになり、以前は手書きだった日報が自動作成されるようになったことも効率化に大きく貢献しています。
また、安全運転意識の向上についても「危険運転を音声で知らせてくれるので安全運転を意識するようになった」などの声が社員から寄せられ、実際に急加速、急減速、急ハンドルなどの危険挙動は3か月で半減しました。

イメージ

Case 2
事故削減運行業務効率化

課題解決に貢献した導入事例②

事業内容 一般貨物自動車運送事業

導入目的 交通事故の抑⽌ 車両運行の効率化

以前はトラックが事務所を出発すればドライバーとの連絡手段は電話だけ。
車両がいまどこで何をしているか把握するのは難しく、状況がわからない中での業務調整は長年の課題となっていました。「ビークルアシスト」導入による一番のメリットは、事務所にいながら数十台もの車両位置をリアルタイムで把握できるようになったこと。それが、的確な配車などによる業務効率化に加え、迅速な問い合わせ対応、緊急時対応による信頼性の向上にもつながっています。

また、ドライバーの危険運転が「ビークルアシスト」から通知されるたびにドライバーへの声がけを行ったところ、半年後にはほぼゼロとなり、事故もほとんどなくなりました。結果として保険料も削減することができました。

イメージ