JIS Z 6017

JIS Z 6017
電子化文書の長期保存方法

JIS Z 6017とは?

長期間にわたる記録保存が可能で互換性に優れた光ディスクを対象として、
電子化文書を長期保存管理する方法を定めた日本工業規格です。

さまざまな電子化文書に活用することができます。

その運用方法は?

デジタルデータエラーを指標とした検査により、新規作成時に長期保存が可能な状態のディスクであることを確認します。保存期間5年を目安に定期的な品質検査を行い、必要に応じて移行作業を行います。その他にも規格には電子化文書の長期保存管理のための具体的な運用方法が記されています。

新規作成時の
デジタルデータエラー区分

記録状態光ディスクの種類
CD-R
CD-RW
DVD-RAMDVD-R,+R
DVD-RW,+RW
BD Recordable disk
BD Rewritable disk
検査項目
C1エラーBERPIE SUM8RSER
バーストエラー
1良好な状態80未満3×10-4未満100未満3.5×10-4以上
及び/又は
800バイト以上
2対策を要する状態80以上3×10-4以上100以上3.5×10-4以上
及び/又は
800バイト以上

定期品質検査時の
デジタルデータエラー区分

記録状態光ディスクの種類
CD-R
CD-RW
DVD-RAMDVD-R,+R
DVD-RW,+RW
BD Recordable disk
BD Rewritable disk
検査項目
C1エラーBERPIE SUM8RSER
バーストエラー
1良好な状態80未満3×10-4未満100未満3.5×10-4以上
及び/又は
800バイト以上
21年以内に対策110以上~
220未満
3×10-4以上100以上1.0×10-3以上
及び/又は
1,200バイト以上~
1,900バイト未満
3即座に対策220以上9.0×10-4以上280以上1.0×10-3以上
及び/又は
1,900バイト以上

上記の図表はJIS Z 6017:2003より引用

必要なハードウェアとして

初期の記録品質が確保でき長期間にわたりそれを保つことができる光ディスクと記録ドライブの組み合わせが必要になります。また初期及び定期検査のためにデジタルデータエラーを測定できる検査機が必要です。