音声インタフェース
デザインフィロソフィー

Piomatix - Pioneer Informatics Architecture

目的

フィロソフィーの目的

モビリティにおけるドライバーとシステムのインタフェースを音声にすることで、画面への視線移動や操作から開放し、ストレスフリーなドライブ環境を提供します。
パイオニアの音声インタフェースの理念に共感してもらい、多くの人と音声コンテンツを通して新しい移動体験を提供していきます。

対象ユーザー

一般ドライバー

個人が所有する車を
運転するドライバー

プロドライバー

運転を職業とするトラック
バス/タクシー等のドライバー

一般ライダー

個人が所有するバイクを
運転するライダー

音声インタフェースの
コンセプト

あらゆるドライバーの
体験をアップデートする
音声インタフェース

把握・予測

運転中の状況を把握し、興味のある情報を先読みして、最適なタイミングで届けられる音声

共創

様々な人が参加することができ、運転シーンに最適な情報を届ける音声コンテンツ

進化

常に最新の情報に更新されて、走るほどに学習し、ユーザーに最適化される音声エージェント

把握・予測

安心安全と興味関心の両立

ドライバーの運転状況を把握して運転負荷が少ないタイミングで、状況に応じた音声コンテンツやドライバーだけでなく、同乗者も楽しめる様々な音声コンテンツを提供してくれます。

共創

多くの人と一緒に創る

音声コンテンツを発信したい個人や提携企業/団体の開発者と共に、様々な音声コンテンツを提供することで、これまでにない新しい移動体験を提供します。

進化

ユーザーに合わせて進化

日々、ユーザーの運転から、運転の負荷/走行/行動のデータを学習し、それぞれのユーザーに合わせた進化を遂げていきます。

音声インタフェースの
特徴

システム起点のPUSH型
音声インタフェース

パイオニアの音声インタフェースは、システムが発話の起点となるPUSH型です。
PUSH型のメリットは、ユーザー理解や機能の成長に合わせて、
必要な情報を最適なタイミングでユーザーに届けることができます。

複数の声色とサイン音

情報種類に応じた声色と
サイン音

音声インタフェースの声色やサイン音は、ユーザーが直感的に情報を認知しやすいように、情報種類による使い分けがされています。
また、将来的にはユーザーの好みに応じて、声色やサイン音を変更できる拡張性を持たせています。

アクセシビリティ

アクセシビリティの定義

高齢者や運転初心者など、あらゆるドライバーや同乗者が、運転中においても音声インタフェースによって情報を取得でき、安全で使いやすいサービスであることです。

Human Eyes

人目線の分かり易さ

まるで助手席の人と会話をしているような音声インタフェースで、様々な情報を教えてくれます。運転中は画面情報ではなく、目の前に見える景色を使って適切なタイミングで道案内をしてくれたり、様々なことを教えてくれます。

Keep Eyes

目は運転に集中

運転中に必要な情報は音声インタフェースで通知されるため、画面を見る必要がなく、常に目線は運転に集中することができるため安全です。また、画面への視線移動がなくなるため、目が疲れにくくなることが期待できます。

Keep Hands

手はハンドルのまま

基本的な操作は音声インタフェースで行えるため、運転中にハンドルを握った状態でも様々な操作が行えます。ハンドル操作を誤ると事故やトラブルに繋がる可能性もあるため、音声インタフェースは運転に適した安全なインタフェースです。

Follow Culture

国ごとの文化を考慮

国ごとの交通ルールやシーンに応じた自然な対話はまちまちです。単に意味が通じる音声インタフェースではなく、その国の法規や文化を考慮して、機械的ではない自然な表現を目指します。

For Occupant

車に乗る人への配慮

運転に関わる情報は、高齢者や運転初心者でも分かるように専門的な用語を使わないように配慮しています。また、同乗者でも楽しめる情報は、大人だけでなく子供でも分かるように配慮しています。

For Various Mobility

様々なモビリティに対応

自動車、トラック、バイクなど様々なモビリティにおけるシチュエーションを音声インタフェースでサポートします。それぞれのモビリティの特性に応じた最適な伝え方をします。

プライバシー

音声インタフェースの
プライバシー

システムから取得される個人の音声データは、プライバシーと機密性を保護し、ユーザー利便性の向上のみを目的として利用されます。個人データの管理は透明性を持って、ユーザー自身で行うことができます。