報道資料:車の燃費/電費を推定・予測する技術でカーボンニュートラルの実現に貢献

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

Pioneer
2022年 6月 29日

車の燃費/電費を推定・予測する技術で
カーボンニュートラルの実現に貢献~独自のプラットフォーム「Piomatix for Green」で、モビリティ分野における
CO2排出削減を支援~

パイオニア株式会社は、独自の燃費/電費推定技術を活用し、モビリティ分野におけるカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みを開始します。

当社は、全国約70万kmの道路を対象に、当社製カーナビゲーション搭載車両から収集する速度や移動距離などのプローブデータ、それを基に生成された渋滞履歴情報を保有しており、その情報を分析して開発したガソリン車の燃費、EV車(Electric Vehicle:電気自動車)の電費を推定する特許技術を保有しています。

今回の取り組みでは、既に実用化しているこの技術と、当社独自のモビリティAIプラットフォーム「Piomatix(パイオマティクス)」を組み合わせ、車の移動に伴うCO2排出の削減をサポートする独自のプラットフォーム“Piomatix for Green”を構築し、モビリティ分野へサービスやソリューションを提供していきます。

“Piomatix for Green”の活用により、ガソリン車・EV車を問わずさまざまなメーカー・車種の燃費や電費、CO2排出量を高精度に推定するサービスやソリューションの開発、提供が可能になります。カーナビゲーションと連携すれば、エコルート提案や走行可能距離の可視化、給油・充電ステーションへの立ち寄り提案など、環境に配慮した移動が可能になるほか、特にEV車両においては車両情報と連携することで、電欠不安を解消し、エコで安心な移動を実現します。

2050年カーボンニュートラルに向けた省エネ対策が本格化する中、国内外のCO2排出で大きな割合を占める「運輸」部門においても、“Piomatix for Green”で開発した高精度な「CO2可視化ソリューション」や、EV・シェアリングモビリティの利用を促進する「レコメンドエンジン」を活用し、自動車やトラックの移動に伴うCO2の可視化や排出削減に貢献する取り組みを支援していきます。

※ 過去の社内評価において、実測値から±5%の誤差に収まる精度での電費/燃費推定を実現しています。

【Piomatix for Green活用例】

カーボンニュートラルを実現する“Piomatix for Green”

複数のAIテクノロジーと音声インターフェースにより新たなドライブ体験を創出するパイオニアのモビリティAIプラットフォーム「Piomatix」と、燃費/電費推定技術、ルート探索技術を組み合わせ、環境課題解決に繋がるソリューションを提供する独自のプラットフォーム。さまざまなニーズや用途に合わせて、CO2排出削減に貢献するサービスやソリューションを構築し、提供します。

<燃費/電費推定技術>
車両から得た速度情報などのほか、車重、サイズなどのデータから総合的に走行抵抗を計算し、さまざまな車種の燃費/電費を推定する当社独自の技術。

当社は、経済産業省が公表した「GX(グリーントランスフォーメーション)リーグ基本構想」に賛同しており、今後もモビリティ領域における事業を中心に、さまざまな取り組みを通じて持続可能な地球環境、カーボンニュートラルの実現に貢献してまいります。

他の報道資料を探す

キーワードで探す

年月で探す