報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2003年 10月 8日
パイオニア株式会社

ハイクオリティAVマルチチャンネルアンプ「VSA−AX10Ai−N」を新発売

  • 世界初※1、「Windows Media® Audio 9 Professional」に対応
  • 三次元音場補正技術「Advanced MCACC」を搭載
VSA-AX10Ai-N

VSA-AX10Ai-N

商品名 型番 希望小売
価格(税別)
発売
予定
月産
予定数
AVマルチチャンネルアンプ VSA−AX10Ai−N 500,000円 11月下旬 1000台
※1 2003年10月8日現在、AVアンプとして。パイオニア調べ。

【企画意図】

 パイオニアはこの度、永年にわたり培ったオーディオ技術をマルチチャンネル環境に応用した、独自の高音質思想「アドバンスド・マルチチャンネル・ステレオフォニック思想」に基づき開発した、最高級モデル「VSA−AX10Ai−N」を発売いたします。
 本製品は最新のサラウンドモード「ドルビープロロジックIIx」や「THX ULTRA2」の対応に加え、ブロードバンド時代の最新高音質サラウンドフォーマット「Windows Media® Audio 9 Professional(WMA9 Pro)」※2対応のデコーダー(マイクロソフト社の技術協力により開発)を、AVアンプとして世界で初めて搭載しております。
 また、当社が業界に先駆けて実用化したマルチチャンネル自動音場補正技術「MCACC」※3をさらに進化させ、リスニングルームにおける実際の残響特性データの解析を基に、様々な音場環境に対し最適な補正を行う技術「Advanced MCACC」も搭載いたしました。
 さらに、様々なデジタル音声信号をオリジナルクオリティのまま伝送できるi.LINK※4デジタル伝送「アドバンスド・レゾリューション・デジタル・オーディオ・インターフェイス」※5や、パソコンからのマルチチャンネル・オーディオ・デジタル伝送を可能にする「USBマルチチャンネル入力端子」を搭載し、あらゆるメディアを最高級の音質でお楽しみいただけます。

※2 Windows Mediaはマイクロソフト株式会社の登録商標です。
※3 MCACC=Multi−Channel Acoustic Calibration System(自動音場補正システム)
当社が開発した「マルチチャンネル・アコースティック・キャリブレーション・システム」は、録音スタジオにおけるモニタリング手法と同一レベルの音場調整を行うことができる音場補正技術です。これにより、録音スタジオでしか体験できなかったリアルで均一な音場をご家庭内で再現することができます。MCACCは、2001年11月発売の「VSA−AX10」に、世界で初めて搭載した当社の独自技術です。
※4 i.LINKはソニー株式会社の登録商標です。
※5 「アドバンスド・レゾリューション・デジタル・オーディオ・インターフェイス」は、2002年11月発売の当社AVアンプ「VSA−AX10i−N」に世界で初めて搭載したマルチチャンネル・オーディオ・デジタル伝送の標準フォーマットです。当社が開発したこの伝送方式は、DVDオーディオやSACDに規定されている業界標準の著作権保護技術DTCP(Digital Transmission Content Protection)に対応しております。

【主な特長】

1 ) ブロードバンド時代の最新音声フォーマット「Windows Media Audio 9 Professional」に対応

 当社はマイクロソフト社の技術協力を得て、ブロードバンドに対応するハイクオリティメディアの代表フォーマット「Windows Media Audio 9 Professional(WMA9 Pro)」※6のデコーダーを開発し、「VSA−AX10Ai−N」にAVアンプとして世界で初めて搭載しました。
 「WMA9 Pro」は、マイクロソフト社が開発した最新のデジタル圧縮技術を用いて最大768Kbpsで高品位なマルチチャンネルオーディオを楽しむことができる最新の高音質フォーマットです。ブロードバンドを経由したストリーム配信、またはダウンロード再生用配信で、5.1ch(将来的には7.1chまで拡張予定)の高音質再生(24ビット/96KHz※7サンプリング)を実現※8します。
 「VSA−AX10Ai−N」は、「S/PDIF(IEC60958基準デジタルインターフェース)」※9を使用し、パソコンとデジタルケーブル(同軸、光ファイバー)で接続することで、従来ではパソコンでしか再生できなかった「WMA9 Pro」フォーマットの音楽ファイルを、さらなる高音質で再生※8します。
 また、最新の7.1chサラウンドモード「ドルビープロロジックIIx」や、従来比2倍の周波数帯域処理を可能にする「96kHz対応DTS NEO:6」にも対応。さらに、「DTS96/24」や、THX社の最高基準「THX ULTRA2」(96kHzまで対応)など、あらゆるサラウンドフォーマットに対応しています。

※6 「WMA9 Pro」は現在、IEC61937 (S/PDIF)の標準規格としてIEC/TC100に仕様の提出が行われています。
※7 VSA−AX10Ai−Nでは、96kHz信号は48kHzにダウンコンバートされます。
※8 再生には専用のドライバーが必要です。PCからのS/PDIFを経由する、WMA9 Proストリーム出力対応のドライバーは、現在マイクロソフト社が開発中であり、近日中に配布時期をアナウンスする予定です。
※9 「S/PDIF」はデジタル オーディオ機器間で信号を送受信するためのインターフェイスです。デジタル圧縮フォーマットのまま伝送し、AVアンプ側でデコードできるため、高音質が得られます。

2 ) 進化したマルチチャンネル音場補正システム「Advanced MCACC」搭載

 正確なマルチチャンネル再生には、各スピーカーの特性が同一であることが不可欠です。当社が開発した音場補正システム「MCACC」は、視聴位置にセットした付属の専用マイクを用いテストトーンを測定することにより、各スピーカーの音圧レベルや距離、周波数特性を自動補正します。
 さらに進化した音場補正システム「Advanced MCACC」は周波数特性の補正を行う際に、従来の二次元(周波数と音量レベル)の方式に、新たに時間という調整軸を加えた三次元方式での補正を可能にしました(特許申請中)。
 これにより、視聴環境による残響音に左右されない、直接音を中心とした音場補正を可能にしました。しかも、付属の「リファレンス・キャリブレーション・ディスク」に記録されたオリジナルテストトーンにより、スピーカーの設置位置を含む厳密な音場調整を可能にしています。

3 ) i.LINKデジタル伝送「アドバンスド・レゾリューション・デジタル・オーディオ・インターフェイス」搭載

 DVDオーディオやSACDなど様々なデジタル音声を、オリジナルのクオリティのまま伝送できる、i.LINKデジタル伝送「アドバンスド・レゾリューション・デジタル・オーディオ・インターフェイス」を搭載。対応するDVDプレーヤーと接続することで、高音質マルチチャンネル再生が可能です。

4 ) すべての面を見直し、ハイクオリティな音質を実現

  1. アナログアンプ部分の細部にまで改善を施し、さらなる高音質化を実現
    • 銅メッキ三次元スペースフレーム構造に、ハイグレード・オーディオパーツブランドTAOCとの共同開発による新設計ハイカーボン鋳鉄製「ステイブル・キャスト・アイアン・ベース」を強固に固定。これにより高級ピュアオーディオアンプに匹敵する豊潤な低音再生が可能になりました。
    • 全7chに採用した当社独自の「A.D.E.MOS FET」の能力を存分に生かす「A/Dアイソレーテッドアンプ」&「シングルプッシュプルデザイン」。
    • 電気特性のみならず、磁界特性も含めて真に対称な「シンメトリカル・パワートレイン・デザイン」。
    • 大型チムニー型低共振ヒートシンクにより、音質に悪影響を及ぼす冷却ファンを使用しない自然空冷を実現。また、今回新たに熱伝導性に優れたセラミックプレートを採用し、さらに熱放射を高めています。
    • 世界屈指の録音スタジオ「エアースタジオ」の一流エンジニアと共同で音質チューニング。
  2. 「SHARC Melody Ultra」や6層基板等の最新テクノロジーの採用で、デジタル処理プロセスを一新
    • アナログ・デバイセズ社製「SHARC Melody Ultra」や、モトローラDSPの倍精度演算により、従来比約2倍の処理能力を実現した「True 32 bit Tri Digital Signal Processing TypeII」搭載。
    • 大規模なデジタル回路に対し6層基板等を用い、信号経路の最適化と短縮化を実現。不要輻射を減らし、デジタル段の音質を向上させた「ウルトラ・デジタル・コア・エンジン」搭載。
    • バーブラウン社製D/AコンバーターPCM1704を選別して使用。
    • 全chに192kHz/24bit対応のA/Dコンバーターを採用し、アナログソースをデジタル変換する際の音質を向上。しかも、2ch入力時には片側4ch分を並列に使用し、変換誤差を極小化する「フレキシブルA/Dシステム」により、2ch入力時の音質を向上。

5 ) 最適な視聴環境を実現する様々な機能

  • パソコンのオーディオ信号をハイクオリティで楽しめる「USBマルチチャンネル入力端子」搭載
  • 日本語対応フォントの搭載でストレスなく使える新開発LCDタッチパネルリモコン
  • デジタル処理の影響で発生する映像と音声のわずかなズレを補正する「サウンドディレイ」機能
  • 5.1chのスピーカーシステムで6.1chソースを楽しめる「バーチャルサラウンドバックモード」
  • 「スピーカーA+Bモード」「フロントバイアンプ・モード」に加え、サラウンドスピーカーを同時に2系統使用できる「バイ・サラウンドモード」など、様々なスピーカー配置に対応する進化した「バーサタイル・スピーカー・コンフィギュレーション」機能
  • LD(レーザーディスク)の高音質デジタル音声をダイレクトに接続できる「RF入力」
  • 720P対応コンポーネント&D4入出力端子や、光&AV入力(前面)などの多彩な入出力端子

【VSA−AX10Ai−Nの主な仕様】

【オーディオ特性】
実用最大出力(JEITA、6Ω、サラウンド時) 200W/ch
(フロント2ch、センター1ch、サラウンド2ch、サラウンドバック2ch)
周波数特性 5Hz~100kHz(+0dB、−3dB)
全高調歪率(2ch) 0.09%(20Hz~20kHz、150W、6Ω)
ライン入力S/N比(IHF−A) 105dB
【入出力端子】
[音声入出力] デジタル入力 同軸3系統、光4系統(PCM/Dolby Digital/DTS/MPEG−2 AAC/WMA9 Pro兼用)
Dolby Digital 入力 RF 1系統
i.LINK端子 入出力兼用2系統
USBオーディオ入力 1系統(マルチチャンネル<最大7.1ch>対応)
デジタル出力 光2系統
オーディオ入力 5系統(PHONO、CD、TUNER、CD−R/TAPE1/MD、TAPE2 MONITOR)
マルチチャンネル入力 7.1ch入力1系統
ビデオ入力 7系統(DVD/LD、TV/DVD、SAT、DVR/VCR1、VCR2、VCR3、VIDEO)
オーディオ出力 2系統(CD−R/TAPE1/MD、TAPE2 MONITOR)
ビデオ出力 5系統 (DVR/VCR1、VCR2、VCR3、MONITOR1、MONITOR2)
パワーアンプイン フロント1系統(L/R)
プリアウト出力 フロント1系統(L/R)、センター1系統、サラウンドリア1系統(LS/RS)、サブウーファー2系統(MONO)、サラウンドバック1系統(SBL/SBR)
スピーカー出力 [A]フロント1系統(L/R)、センター1系統、サラウンド1系統(LS/RS)、サラウンドバック1系統(SBL/SBR)
[B]1系統(設定変更可能)
[画像入出力] コンポジットビデオ入力 7系統(DVD/LD、TV/DVD、SAT、DVR/VCR1、VCR2、VCR3、VIDEO)
Sビデオ入力(S2対応) 7系統 (同上)
コンポーネントビデオ入力 3系統 (入力設定変更可能)
D4ビデオ入力 2系統 (入力設定変更可能)
ビデオ出力(S2対応) 4系統 (DVR/VCR1、VCR2、VCR3、MONITOR OUT)
Sビデオ出力(S2対応) 5系統 (DVR/VCR1、VCR2、VCR3、MONITOR OUT2系統)
コンポーネントビデオ出力 1系統(MONITOR OUT)
D4ビデオ出力 1系統(MONITOR OUT)
【その他】
SR入出力 各1系統
ACアウトレット 1系統(連動 最大100W)
外形寸法 440(W)×210(H)×476(D)
質量 34.0kg
消費電力 580W
待機電力 0.65W

報道資料

キーワードで探す

年月で探す