身体で聴こう音楽会

2012年

12月 第209回定期コンサートレポート

今年で「身体で聴こう音楽会」は20年目を迎えました。
毎年恒例のパイオニア社員がお送りする12月のコンサートは、「美しい日本の四季」を
テーマとして春夏秋冬よりそれぞれ様々なジャンルの曲を選んでお届けしました。
今までの感謝の気持ちとともに、お客様と一緒に今年一年を楽しく懐かしく振り返りました。

会場:めぐろパーシモンホール 小ホール

第一部 <美しい日本の四季>

出演 :
パイオニア手話コーラスグループ
 
ハートフル・メッセンジャーズ

1. 赤いスイートピー (松田聖子)
2. なごり雪 (イルカ)
3. 春よ、来い (松任谷由実)

4. 風が吹いている(いきものがかり)
5. Moment (SMAP
6. 真夏の果実(サザンオールスターズ)

7. 里の秋
8. まっかな秋
9. 紅葉(もみじ)

10. 冬がはじまるよ (槇原敬之
11. 雪国 (吉幾三
12. いい日旅立ち (山口百恵)

第二部 <クリスマスソング>

出演 :
パイオニア合唱団
 
ハートフル・メッセンジャーズ
  1. もろびと こぞりて
  2. きよし この夜
  3. ジングル ベル
  4. バッハ
  5. ハレルヤ
  6. サンタが町へやってくる
  7. 赤鼻のトナカイ

アンコール

サンタが町へやってくる

10月 第208回定期コンサートレポート

今月は、9回目の出演となるNPO法人キャトル・リーフの皆さんによる
オリジナルミュージカルをお届けしました。

オリジナル8作目にあたる本作は、おなじみの「桃太郎」の昔話をモチーフにした
明るく楽しい作品で、手作りの衣装、華やかなダンスシーンを楽しみながらも
「それぞれの違いを認めあい、尊重しあいながら生きていこう」というテーマが
しっかりと伝わってきました。

第二部では、会場の皆さんと全員でテーマソング「心に咲く花」を手話で一緒に歌い、
温かい気持が心にいっぱい頂けた素晴らしい音楽会となりました。

第一部 オリジナルミュージカル「桃四郎の鬼退治」

オリジナルミュージカル「桃四郎の鬼退治」

あらすじ
むかしむかしの物語。
桃四郎は横暴な地主に命じられ、仲間の猿吉、戌彦とともに、山に住む鬼を退治に出かけます。
しかし、いざ鬼たちと対面してみると、鬼はとても優しく心のきれいな存在でした。
桃四郎は、外見だけで鬼を恐ろしいものだと思い込んでいたことを反省します。
そして桃四郎と仲間たちは、地主をこらしめ、鬼たちの暮らしを邪魔させないよう、鬼たちとあることを思いつきます・・・。

第二部

♪手話で一緒に歌いましょう♪
「心に咲く花」

9月 第207回定期コンサートレポート

今月は、フルート、ソプラノ、 ピアノによるコンサートをお送りいたしました。
フルートとピアノの素晴らしい演奏に、透き通るようなソプラノの声に
一曲一曲魅了された方も多かったようです。
またトルコ行進曲では、一緒に手拍子をしたり、日本の四季メドレーで
一緒に歌ったりと、会場が一体となった心暖まるコンサートとなりました。

出演 :
ピュア・ローゼ
 
フルート    新原輝美(にいはら てるみ)
 
ソプラノ   新井里江子(あらい りえこ)
 
ピアノ     小野潤子(おの じゅんこ)
会場:
中目黒GTプラザホール

第一部

踊り明かそう レーヴェ
虹の彼方に アーレン
リベルタンゴ ピアソラ (Fl & Pf)
チェロ組曲第一番プレリュード バッハ (Fl.solo)
トルコ行進曲
モーツァルト(Pf.solo)
歌の翼に シュテックメスト
チリビリビン イタリア民謡

第二部

乾杯の歌 ヴェルディ
私のお父さん プッチーニ
小さな黒ん坊 ドビュッシー(Fl & Pf)
日本の曲四季メドレー
Igot Rhythm ガーシュイン(Pf.solo)
アヴェマリア バッハ/グノー
星に願いを ハーライン

アンコール

故郷

7月 第206回定期コンサートレポート

身体で聴こう音楽会20周年記念コンサートの第二弾は、BIG BAND JAZZコンサートをお送りいたしました。
約20曲もの懐かしいメロディに、青春時代に戻り思い出に浸っていた方も多かったようです。
第二部ではキャロル山崎さんの優しさに満ちた歌声に、会場の皆様もすっかり酔いしれてしまいました。
総勢18名による演奏は大変迫力があり、20周年記念に相応しい豪華なコンサートとなりました。

第一部

  1. Don't Be That Way
  2. Moonlight Serenade
  3. American Patrol
  4. 小さな花
  5. I'm Getting Sentimental Over You
  6. ベサメムーチョ
  7. TILL(愛の誓い)
  8. 浪路はるかに
  9. 懐かしの外国TV映画大作戦

第二部

  1. Let's Dance
  2. Memories Of You
  3. Goody Goody
  4. Misty
  5. I'm Beginning To See The Light
  6. 或る恋の物語
  7. Lover Come Back To Me
  8. Left Alone
  9. Sing Sing Sing

アンコール

That's A Plenty

6月 第205回定期コンサートレポート

今月は、身体で聴こう音楽会20周年記念の第一弾として、フラメンコをお届けいたしました。
4年前にもご出演いただき好評だった、梶山彩沙さん、正木清香さん、そして徳田志穂さんの踊りと、力強い歌、パーカッション、ギターで、とてもエネルギッシュなステージとなりました。
第二部では、一緒に踊ったり、手拍子をしたり、掛け声をかけたり、会場の皆様と全員でフラメンコを体験しました。
実際に初めて見るという方も多く、間近で迫力あるフラメンコを身体全体で楽しんでいただきました。
会場全体が熱気に包まれた、20周年記念に相応しいコンサートとなりました。

出演 :
鞍掛和子(歌) ルベン エスカローナ(ギター) 容昌(パーカッション)
 
梶山彩沙正木清香、 徳田志穂(踊り)
会場:
中目黒GTプラザホール

第一部

セヴィジャーナス
ソレア ポル ブレリア
グアヒーラ
アレグリアス

第二部

ブレリア
セヴィジャーナス体験
フィン デ フィエスタ
ポル ブレリア

5月 第204回定期コンサートレポート

今月は、フラワーメイツの皆さんによる手話コーラスをお届けしました。
13回目の出演となる今回は、名前や乗り物がテーマの曲をたくさん披露していただきました。
旅に出かけたくなりました、というお客様もいらっしゃったようです。
「線路はつづくよどこまでも」をお客様と一緒に手話で歌い会場が一体となりました。
新緑の季節にふさわしい、笑顔溢れる爽やかなコンサートになりました。

出演 :
フラワーメイツ
会場:
川崎市国際交流センター

第一部

ビューティフル・ネーム
ペッパー警部
銭形平次
今さらジロー
圭子の夢は夜ひらく
あずさ2号
山口さんちのツトム君
五番街のマリーへ
ナオミの夢
いとしのエリー

第二部

高原列車は行く
線路はつづくよどこまでも
終着駅
東京のバスガール
浪漫飛行
気球に乗ってどこまでも
宙船
宇宙戦艦ヤマト
ゴンドラの唄

アンコール

ラストダンスは私に
オリジナルスマイル

4月 第203回定期コンサートレポート

今月は、パイオニアの創業者松本望の自宅である松本記念音楽迎賓館にて、 日本フィルハーモニー交響楽団の方々による、オーボエとオルガンの演奏をお聴きいただきました。
この音楽会でいつも使われているボディソニック(体感音響システム)も、ここで、研究、開発されました。
身体で聴こう音楽会の"ふるさと"でもある松本記念音楽迎賓館で、こうやって音楽会を開催出来る事は 関係者にとってもお客様にとっても、大変嬉しいことです。
暖かな光の差し込む松本記念音楽迎賓館に、オーボエとオルガンのやわらかな音色が響き渡り お客様と一緒に優雅なひと時を過ごすことができました。

出演 :
日本フィルハーモニー交響楽団メンバー
 
松岡裕雅(オーボエ) 長井浩美(オルガン)
会場:
松本記念音楽迎賓館

第一部

J.S.バッハ/グノー:アヴェ・マリア
(オーボエ&オルガン)

アルビノーニ:アダージョ
(オーボエ&オルガン)

J.S.バッハ:「トッカータとフーガ ニ短調」より
(オルガンのみ)

J.S.バッハ:ペダル・エクサシウム
(オルガンのみ)

マルチェロ:オーボエ協奏曲より「アダージョ」
(オーボエ&オルガン)

ラインベルガー:アンダンテ・パストラーレ
(オーボエ&オルガン)

アンコール

J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ

オプショナル

館内ツアー

3月 第202回定期コンサートレポート

今月は、フラダンスと手話ダンスをお送りいたしました。
出演は、「マープ アナ・フラ・スタジオ」主宰、「日本手話ダンスクラブ」 「手話ダンスアカデミー」主宰の西沢佑さんと、お仲間の方々でした。
様々な華やかな衣装と素敵な踊りに、また「古典フラ」と「現代フラ」の説明や、なぜ「手話ダンス」を創作されたか?などのお話に、皆さんとても感激されていました。
日本の手話と違ったフラの表現やハワイの文化などを教えていただきながら、 会場の皆さんも一緒に舞台で踊りました。 たくさんの方がハワイの雰囲気に癒され、素敵な笑顔と踊りに元気をいただいたようです。

第一部 <フラダンスの世界>

出演 : 西沢 佑 & ナー・プア・リイ

  1. カーヴィカ
    「古典フラ」と「現代フラ」について
  2. アイ・アム・ハワイ
  3. カイマナ・ヒラ
  4. エ・ピリ・マイ
  5. ザ・フキラウ・ソング
  6. ハナレイ・ムーン

第二部 <手話ダンスの世界>

出演:西沢 佑 & フラワーズ

  1. 見上げてごらん夜の星を
  2. しあわせ号出航
  3. 涙そうそう
  4. 補助犬トリオ
  5. ともだち
  6. フラワー

アンコール

地球はまわる

1月 第201回定期コンサートレポート

今年第一回目の音楽会はプラノやフルートなど美しい旋律と朗読を、 ピアノと映像とともにお楽しみいただきました。
キレイなソプラノにフルートの柔らかい音色、優しい朗読、楽しいピアノ演奏など 様々なプログラムにお客様も大変喜ばれていたようです。
大変寒い日でしたが、心もカラダも温まる音楽会となりました。

第一部 <美しい旋律の調べ>

出演 : 平山智香子(ソプラノ)

  1. 虹の彼方に
  2. 冬の星座
  3. 焚き火
  4. ペイチカ
  5. 一晩中踊りたい
  6. 虹の彼方に

出演:根岸美江(フルート)

  1. 春の海 /宮城道雄
  2. NHK大河ドラマ 江のテーマ/吉俣良
  3. ピース君、世界を廻る/中川いづみ
    ガムラン~スペイン~インド~中東(エジプト)~ アンデス~スコットランド~ スイス(アルペン)~中国~日本~ヒロシマ

第二部 <言葉と音楽の調べ>

出演:飯島晶子(朗読)

「紙のピアノの物語」
(フジコ・へミング絵・松永順平作)

出演:伊東光介(ピアノソロ)

  1. アヴェ・マリア/バッハ=グノー
  2. 「動物組曲」/伊東光介
    (ネコ、イヌ、トラ、ウマ、リス、キリン、ゾウ)
  3. スカボロフェアー/イギリス民謡
  4. 星に願いを/映画『ピノキオ』より

アンコール

即興演奏/伊東光介