報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2019年 1月 17日
パイオニア株式会社

ブリヂストンスポーツのゴルフボール開発に音響技術で協力~打音を解析し、軟らかさと弾き感を両立した心地良い打感を追求~

パイオニアは、ブリヂストンスポーツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:望月 基、以下、「ブリヂストンスポーツ」)と、ゴルフボールの打感・打音に関する共同研究を進めています。
これは、同社のゴルフボール研究開発において、ゴルファーが重視する「打感」の良し悪しには耳から入る「打音」が大きく影響していることに着目し、当社の研究開発部門が音響技術でサポートすることで、理想的な打感(打音)を実現させることを目的としています。

このたび当社は、長年培ってきた音響技術を用いて、2017年3月にブリヂストンスポーツより発売されたゴルフボール「PHYZ(ファイズ)」に続き、本年3月8日に発売予定の同新製品の開発をサポートしました。新「PHYZ」では、軟らかさと弾き感を両立した、心地よい打感(打音)を追求しています。

ブリヂストンスポーツ 新製品「PHYZ」について

詳細はこちらのサイトをご参照下さい。

PHYZ | BRIDGESTONE GOLF

当社の音響技術と新製品「PHYZ」の打感・打音について

当社の音響技術者がゴルファーの放つ実打音のわずかな差異に着眼し、音響解析によって“軟らかさと弾き感を両立した心地よい「打感」”と“「打音」の印象・音響特性”との関係を定性的かつ定量的に分析。

<パイオニアの研究開発について>

詳細はこちらのページをご参照下さい。

パイオニアの研究開発

報道資料

キーワードで探す

年月で探す