報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2019年 4月 25日
パイオニア株式会社

~4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”の再生※1や“M-DISC”への記録・再生に対応~内蔵型BD/DVD/CDライター「BDR-212JBK」を新発売

商品名 型番 カラー 希望小売価格 発売時期
BD/DVD/CDライター BDR-212JBK ブラック オープン価格 5月中旬
* 製造元:パイオニア株式会社  販売元:株式会社エスティトレード

パイオニアは、“Ultra HD Blu-ray”の再生※1とアーカイブ用光学メディア“M-DISC”への記録・再生に対応した内蔵型BD/DVD/CDライター「BDR-212JBK」を発売します。

本機は、高精細な4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”の再生、BDディスク、BDXL™ディスク※2への記録・再生に加え、データの長期保存が可能なアーカイブ用光学メディア“M-DISC”への記録・再生も可能です※3。また、オーディオCDのデータを忠実に読み取る独自技術「PUREREAD3+(原音再生)」※4や省電力モード「PEAK POWER REDUCER」など、独自の機能も搭載しています。

主な特長

(1) 高精細な4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”再生に対応※1

フルハイビジョンよりも高精細な4K解像度(水平3840×垂直2160)で、色調も豊かな“Ultra HD Blu-ray”の再生に対応しており、PCで臨場感のある映像を楽しめます。

(2) オーディオCDの読み取り精度を高める「PUREREAD 3+(原音再生)」※4を搭載

ディスク表面の汚れや傷でオーディオCDのデータが読み取れないときに、独自のアルゴリズムで再度読み取りを行います。音質変化の原因となるデータの欠落・補間の発生を抑えることで、オーディオCD本来の音質で再生できます。

(3) BD-Rディスク(1層:25 GB)への高精度な16倍速記録を実現

BD-Rディスク(1層:25 GB)への高精度な16倍速記録を実現しています。また、BDディスク(1層:25 GB/2層:50 GB)のほか、すべてのBDXL™ディスク※2(BD-R XL:3層100 GB/4層128 GB※5、BD-RE XL:3層100 GB)への記録と再生が可能です※3

(4) データの長期保存が可能な“M-DISC”に対応

米国Millenniata社が開発したアーカイブ用の光学メディア“M-DISC”(DVD、BD:1層25 GB/2層50 GB/3層100 GB)の記録・再生に対応しています※3

(5) チリやホコリによる読み取り性能劣化を低減

従来からの防塵・防音パットを採用した高い防塵・防音性能に加え、ドライブのソフトウェアを見直すことで、チリやホコリ、タバコの煙などによるディスクの読み取り性能劣化を抑えました。当社塵埃サイクル試験※6において従来機種(「BDR-209JBK」)比約2倍の再生回数を実現しています。

(6) その他の特長

  • “ディスク共振スタビライザー”の採用により、書き込み時の記録精度を向上
  • キズ・指紋・汚れの付いたBD/DVDや、書き込み品質の低いBD/DVDでも再生できる「PowerRead™」機能※7を搭載
  • 省電力モード(PEAK POWER REDUCER)を搭載。動作ピーク時の電力消費量を抑えることで、電力供給低下時にも安定動作を維持
  • 不要な振動を抑える高剛性のハニカム構造の筐体を採用
  • ドライブのさまざまな設定を行える「パイオニアBDドライブユーティリティ」※8に対応
  • 高音質な環境音を集めたオリジナル音源集「Sound Material」を同梱
  • ディスクの振動を抑える高速回転対応クランパーを採用
※1 Ultra HD Blu-rayの再生には、HDMI2.0a、HDCP2.2、HDR(推奨)規格 に対応した機器が別途必要です。
※2 ブルーレイディスクアソシエーションにより決定された、大容量ブルーレイディスクに関する規格。
※3 対応メディアの詳細については、パイオニアホームページに掲載しているメディアリストを参照ください。
※4 すべてのディスクの読み込みを保証するものではありません。またすべてのPC環境での読み込みを保証するものではありません。
※5 2018年11月に発売されたSONY製BDXL™ディスク(BD-R XL4層128 GB)にも対応しています。
※6 塵埃試験機にて、使用粉体10種、塵埃濃度:6000cpm、1サイクル:塵埃内でBD連続再生1時間を1サイクルとして測定。ご使用の環境や使い方によっては、実際の使用時間が試験結果と異なる場合もあります。
※7 BD-MV、BD-AV、DVD-VIDEO、DVD-VR形式で記録・録画されたBD/DVDに効果を発揮しますが、すべてのBD/DVDに対して再生を保証するものではありません。また、BD/DVDの状態によって、画像ではブロックノイズ、音声では音飛びが発生することがあります。PowerRead™の機能は、対応したBD/DVDプレーヤーソフトが必要です。
※8 当社サイトからダウンロードできます。
パソコン用ドライブソフトウエア/ファームウェアダウンロード

バンドルソフト一覧

PowerDVD 14 (CyberLink社製)

映画、アニメ、音楽などのUltra HD Blu-ray、Blu-ray、DVD-Videoをパソコン上で再生できます。CPRM、AVCRECに対応したほか、Blu-ray 3Dの再生や、2D映像を3Dに変換して再生することもできます。

PowerDirector 15 (CyberLink社製)

64-bitネイティブサポートでHD動画を快適に編集できます。ビデオカメラだけでなく、デジカメ・スマホの写真・動画にも対応しており、編集後にDVD、Blu-ray、ファイルへ出力できます。

PowerProducer 5.5 (CyberLink社製)

BD-MV、AVCHDに対応。高解像度ビデオからのディスク作成や、BD/DVDのビデオを編集することができます。BDXL™に対応しており、さまざまなコンテンツを1枚の対応ディスクに書き込めます。

Power2Go 8 (CyberLink社製)

BDXL™に対応。BD、DVD、データCD、音楽CDの作成に加え、音楽CDの取り込みや暗号保護など、さまざまなディスク書き込み用途に対応します。

InstantBurn 5 (CyberLink社製)

パソコン上のファイルをドラッグ&ドロップ操作でディスクに書き込めます。ファイルごとに追加や削除できるので、手軽にファイルの記録が行えます。

PowerBackup 2.5 (CyberLink社製)

データのバックアップや修復を、見やすい画面で操作できます。

MediaShow 6 (CyberLink社製)

パソコンに取り込んだ画像・映像の一覧表示や特殊効果をつけた編集を行えます。BGM付きのスライドショーを作れるほか、お手持ちのビデオをスマートフォンやWeb動画のファイル形式へ簡単に変換できます。

LabelPrint 2.5 (CyberLink社製)

ディスクのラベルデザインを簡単に行えます。

PhotoDirector 8 LE (CyberLink社製)

RAW現像のほか、ホワイトバランス、彩度、明度、色相など、さまざまな調整ツールを搭載しています。写真の管理から編集、印刷、SNSへのアップロードなど幅広い用途に活用できます。

MediaEspresso (30日体験版) (CyberLink社製)

動画、写真、音楽ファイルを他の形式に変換できます。多彩なスマートフォン、タブレット向けプロファイルで、最適な形式に変換することができます。

AudioDirector 7 LE (CyberLink社製)

簡単にすばやく音声編集やノイズ除去、音声の修復を行え、ビデオ作品のオーディオ品質をさらに高めることができます。

ColorDirector 5 LE (CyberLink社製)

動画の色を補正するソフト。動画全体の色はもちろん、任意の部分だけを選択して調整することができます。

主な仕様

記録ディスク BD BD-R、BD-R DL、BD-R TL、BD-R QL、BD-RE、BD-RE DL、BD-RE TL、BD-R LTH、M-DISC(BD)SL、M-DISC(BD)DL、M-DISC(BD)TL
DVD DVD-R※9、DVD-R DL、DVD-RW、DVD+R、DVD+R DL、DVD+RW、
HS DVD+RW、DVD-RAM※10 、M-DISC(DVD)
CD CD-R、US+CD-RW、US CD-RW、HS CD-RW、CD-RW
再生ディスク BD Ultra HD Blu-ray (BD-ROM DL、BD-ROM TL)※1、BD-ROM、BD-ROM DL、BD-R、BD-R DL、BD-R TL、BD-R QL、BD-RE、BD-RE DL、BD-RE TL、BD-R LTH、M-DISC(BD)SL、M-DISC(BD)DL、M-DISC(BD)TL
DVD DVD-ROM、DVD-ROM DL、DVD-Video、DVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD+R、DVD+R DL、DVD+RW、DVD-RAM※10、M-DISC(DVD)
CD CD-ROM、CD-ROM XA、Photo CD、Video CD、CD-DA、CD-Extra、CD-Text、CD-R、CD-RW
 インターフェース Serial ATA Revision 3.0
書き込み速度  BD -R 2x、4x、6x、8x、10x、12x、16x
-R DL 2x、4x、6x、8x、10x、12x、14x
-R TL 2x、4x、6x、8x
-R QL 2x、4x、6x
-R (LTH) 2x、4x、6x、8x
-RE/DL/TL 2x
M-DISC(BD)SL 2x、4x
M-DISC(BD)DL 2x、4x、6x、8x
M-DISC(BD)TL 2x、4x、6x
 DVD -R 1x、2x、4x、6x、8x、12x、16x
 -R DL 2x、4x、6x、8x
-RW 1x、2x、4x、6x
+R 2.4x、4x、6x、8x、12x、16x
+R DL 2.4x、4x、6x、8x
+RW 2.4x、3.3x、4x、6x、8x
-RAM 2x、3x、5x
M-DISC(DVD) 2x、4x
CD -R 4x、10x、16x、24x、32x、40x
-RW 4x、10x、16x、24x
読み出し速度 BD-ROM (1層) 12x Max
BD-ROM (2層) 8x Max
BD-ROM (3層) 4x Max
DVD-ROM (1層) 16x Max
DVD-ROM (2層) 12x Max
CD-ROM 40x Max
バッファーメモリサイズ 4 MB
設置姿勢 横置き・縦置き※11
外形寸法 148 mm × 42.3 mm × 180 mm (W × H × D)
質量 740 g
※9 DVD-R Version 2.0 For Generalへの書き込みに対応しています。DVD-R For Authoring 3.95 GB、4.7 GBへの記録はできません。
※10 カートリッジなしDVD-RAM Version 2.0/2.1/2.2のみ対応。RAM2規格ディスクへの記録はできません。
※11 縦置き使用時には、8cmディスクは使用できません。(8cmディスクアダプターは使用できません)

リージョン設定

本機はDVDのリージョンプレイバックコントロール機能を備えています。リージョンコードの変更は初回設定を含めて最大5回まで可能です。5回目の変更で最終の地域コードとして固定されますので、変更を行う際は十分に注意して下さい。なお、リージョンの変更(設定)の方法や変更可能な回数はDVD再生ソフトやOSにより異なります。

動作環境

Ultra HD Blu-ray再生時
対応OS Windows 10™ 日本語版
CPU Intel 第7世代デスクトップ向けCore i7/i5プロセッサー(KabyLake-S) 以上
Intel 第7世代ノートブック向け Core i7/i5プロセッサー(KabyLake-H) 以上
※Uプロセッサー非対応
GPU Intel HD Graphics 630 第7世代プロセッサー以上の内蔵GPU
メモリ 6 GB 以上
外部ディスプレイ 4K解像度(3840 × 2160以上)HDMI2.0a(要HDCP2.2)対応ディスプレイ
HDR対応(HDRコンテンツ再生時、非対応時にはHDR>SDR変換で再生)
マザーボード Intel SGX 対応intel 200シリーズ マザーボード
HDCP2.2/HDMI2.0a出力対応Intel 内蔵GPU出力対応マザーボード (HDMI出力用)
Ultra HD Blu-rayの再生には、HDMI2.0a、HDCP2.2、HDR(推奨)規格に対応した機器が別途必要です。Ultra HD Blu-ray再生環境の確認には、当社ホームページに掲載している自動判別ツールをご使用ください。
BD記録・再生時
対応OS Windows 10™、Windows 8.1™、Windows 8™、Windows 7™ 各日本語版
CPU Core™Duo T2700/Core™2Duo E6300以上
メモリ 1 GB 以上
ハードディスク空き容量 記録時:25 GB ( 50 GB以上※12) 、再生時:120 MB
グラフィック BD-Video映像のデジタル出力時にはHDCP対応のグラフィック機能とディスプレイが必要。
3D映像再生には、Windows 10™、Windows 8.1™、 Windows 8™、Windows 7™、3D表示に対応した周辺機器が必要となります。再生環境詳細につきましてはサイバーリンク社ホームページを参照ください。
サイバーリンク社ホームページ
DVD/CD記録・再生時
対応OS Windows 10™、Windows 8.1™、Windows 8™、Windows 7™ 各日本語版
CPU Pentium III 800 MHz 以上 (Pentium 4、2.2 GHz 以上※12
メモリ 128 MB 以上 (256 MB 以上※12
ハードディスク空き容量 2 GB (7 GB 以上※12
サウンドカード 16 ビット以上
モニター解像度 1024×768、32 ビット以上の表示
ビデオ入力機器(ビデオデッキやカムコーダなど)およびキャプチャーカードは、別途ご用意ください。
CPRM録画されたディスクを初めて再生する場合は、インターネットに接続してください。
※12 推奨動作環境。
* 動作環境は必ずしも動作を保証するものではありません。
* 本機は民生用機器であり、業務用扱いは保証対象外となります。
* 録画・録音したメディアは、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できません。
* Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
* PowerRead™は、株式会社バッファローの商標です。
* その他に記載されている会社および商品名などは、各社の商標または登録商標です。

商品情報

商品情報へ

報道資料

キーワードで探す

年月で探す