carrozzeria

小林可夢偉×カロッツェリア テール・トゥー・ノーズ

【次回予告】メイン特集

Racing DriverRacing Rider

小林可夢偉 × 長島哲太 スペシャル対談

  • TAIL TO NOSE 2020 START! carrozzeria Team KCMG
  • メイン特集 小林可夢偉選手カーナンバー「7」の秘密 特集 松田次生監督のチーム体制解説
  • 可夢偉選手に聞きたいこと大募集
  • 次回予告 小林可夢偉 × 長島哲太 スペシャル対談

    Introduction

    カロッツェリアは、2020年シーズンも
    レーシングチーム『KCMG』をサポート。

    2020年は、松田次生監督のもと2台体制となり、小林可夢偉選手、国本雄資選手を迎えて新体制となった「carrozzeria Team KCMG」としてチーム一丸となり、全日本スーパーフォーミュラ選手権での優勝を目指します。

    About

    カロッツェリアは、2020年シーズンも
    可夢偉選手に接近(テール・トゥ・ノーズ)!

    ここではレース結果やチーム関連の情報はもちろん、ファンの皆様がもっと知りたい情報やカーライフをより魅力的にする情報を発信していきます。今シーズンもお見逃しないよう、ぜひ皆様もテール・トゥ・ノーズしてください。

    What’s carrozzeria?

    carrozzeria

    クルマを知り尽くした発想とテクノロジーをベースにして、カーライフをより豊かにする先進的な提案を続けているパイオニアのカーエレクトロニクス専門ブランド。

    Schedule / Backnumber

    3月7日~8日
    モースポフェス2020
    SUZUKA(開催中止)
    Coming Soon
    第1戦 開催延期
    SUZUKA(三重県)
    Coming Soon
    第2戦 開催延期
    FUJI(静岡県)
    Coming Soon
    第3戦 開催延期
    AUTOPOLIS(大分県)
    Coming Soon
    第4戦 6月20日〜21日 SUGO(宮城県)
    Coming Soon
    第5戦 8月29日〜30日 MOTEGI(栃木県)
    Coming Soon
    第6戦 9月26日〜27日 OKAYAMA(岡山県)
    Coming Soon
    第7戦 11月14日〜15日 SUZUKA(三重県)

    メイン特集「小林可夢偉 カーナンバー”7”の秘密」

    「この番号でチャンピオンを獲ったことがないから、今年は絶対獲りたい」という想いがあります。

    カーナンバー”18”から”7”に

    carrozzeria Team KCMGに所属し3年目を迎える今シーズン、チームの体制変化とともに小林可夢偉は、 カーナンバーを”18”から”7”に変更した。カーナンバー”7”は可夢偉にとってここ数年WECで馴染みの番号だが、国内で使用するのは遡ること17年前、若手育成ドライバーとして4輪のシリーズに初めてフル参戦した2003年のフォーミュラトヨタ以来となる。2003年のフォーミュラトヨタと言えば、7号車の小林可夢偉と8号車の中嶋一貴が最終戦までタイトル争いを演じた日本モータースポーツ関係者の間では語り草となっているシーズンである。この最終戦、タイトルに手をかけていた可夢偉はエンジントラブルでリタイアとなりタイトルを逃した悔しい思い出がある。

    www.kamui-kobayashi.com
    (C)TOYOTA

    ザウバーF1時代のカーナンバー

    この2003年のシーズン後、可夢偉は単身でモータースポーツの本場 欧州へ。可夢偉のキャリアは、この地で腕を磨き、現在まで切り開いてきたのだろう。これまでのキャリアで様々なカーナンバーを使ってきた可夢偉だが、当時こだわっていたカーナンバーがあると聞いた。それがザウバーF1時代のカーナンバーだ。ザウバーに在籍した2010年から2012年の3年間、チームを牽引し、チームのランキングを上げたことで可夢偉のカーナンバーが”23”→”16”→ ”14”と若くなっていった。「当時のF1は、前年度のチームの選手権順でカーナンバーが割り当てられたから、それが自分が頑張った結果で番号が若くなっていったのは嬉しかった」と可夢偉は振り返った。

    www.kamui-kobayashi.com
    www.kamui-kobayashi.com
    www.kamui-kobayashi.com
    (C)TOYOTA
    www.kamui-kobayashi.com

    ドライバーキャリアの原点となる”7”号車に

    カーナンバー”7”は可夢偉が初めて4輪でフル参戦した番号でもあり、ドライバーキャリアの原動力となったナンバーでもある。このナンバーを2020年に自ら選んだのは「この番号で絶対にチャンピオンになる」という強い思いだと語った。それは、carrozzeria Team KCMGを牽引する可夢偉の今シーズンに懸ける思いが表れるカーナンバーの選択に違いない。

    特集「松田次生監督のチーム体制解説」

    2020年シーズン、
    新たな carrozzeria Team KCMG の可能性を感じて

    今シーズンからcarrozzeria Team KCMGは2台体制になり、可能性が大きく広がっていると感じています。
    2名のドライバーは、お互いを良きライバルとして切磋琢磨をし、エンジニアは、分析できるデータが豊富になり、監督としても様々なセットにチャレンジ出来るようになります。

    ドライバー陣のラインナップも、

    デイトナ24時間で2連覇し、速さ、安定感がある小林可夢偉選手に、スーパーフォーミュラ チャンピオン経験のある国本雄資選手が加わる事で、チーム全体が底上げされると感じています。

    (C)Brian Cleary/BCpix.com

    僕自身も、監督2年目という事になり、

    去年を振り返りつつも、常に向上心を持ち、今年は更に責任を持って行っていきたいと思っております。そして今年はしっかりと、チーム、ドライバー、スタッフ全員で、チャンピオンの目標を達成出来るように監督としてより良い環境作りが出来るように、頑張ります。

    photo

      突撃取材

      interview

      NEW ドライバー・監督インタビュー映像を公開しました!

      SNS:Facebook

      レースや可夢偉選手の最新情報を随時発信します。

      carrozzeria Team KCMGの歩み

      過去シーズンの可夢偉選手のレースを振り返ろう。

      可夢偉のフダン

      (1)小林可夢偉選手に聞きたいこと (2)テール・トゥ・ノーズで特集して欲しいこと
      ペンネーム

      メッセージ
      ※お送りいただいたメッセージの中からセレクトし、小林可夢偉選手に回答してもらいます。
      次回号の予告