VREC-DS800DC

前方と後方を同時録画。大画面で操作できるカーナビ連動2カメラモデル 前方と後方を同時録画。大画面で操作できるカーナビ連動2カメラモデル VREC-DH700
前方と後方を同時録画
大画面で操作できる
カーナビ連動2カメラモデル
VREC-DS800DC
ドライブレコーダーユニット
VREC-DS800DC
オープン価格
※オープン価格の商品は、希望小売価格を定めていません。
  • NIGHT SIGHT
  • androidauto
機能アイコン

楽ナビの画面で操作、
高画質なまま映像を確認

「ドライブレコーダーリンクHD」に対応した楽ナビとHDMI接続することで、
楽ナビの大画面で動画静止画撮影、再生、データ消去などのドライブレコーダー機能をスムーズに操作できます。
記録した映像は楽ナビの高精細なHDパネルでクリアに確認でき、録画中映像の「フロント→リア→フロント&リア(PinP)」切換えや、
録画映像再生時の「フロント→リア」切換えも画面右上の「カメラ切換」キーからワンタッチで行えます。
※録画映像再生時のフロント&リア(PinP)表示には非対応です。

  • フロントカメラ
  • リアカメラ(プライバシーガラスの車両にて撮影しています)
  • フロント & リア(PinP)

▲楽ナビ画面表示例

「ドライブレコーダーリンクHD」機能搭載モデル

【楽ナビ】

AVIC-RQ911/RL911/RW911/RZ911/RL711/RW711/RZ711/RL511/RW511/RZ511

※「AVIC-RL910/RW910/RZ910/RL710/RW710/RZ710」は、バージョンアップすることにより対応可能です。

「ドライブレコーダーリンクHD」に対応していないカーナビでも、AUX接続して連動する「ドライブレコーダーリンク」ではカーナビ画面で録画や再生、データ消去などのドライブレコーダー機能をスムーズに操作できます。録画中映像の「フロント→リア→フロント&リア(PinP)」切換えや、録画映像再生時の「フロント→リア」切換えも可能です。

※録画映像再生時のフロント & リア(PinP)表示には非対応です。

サイバーナビ再生イメージ

▲急いで映像を確認したい場合もすぐにモニターで再生可能
(サイバーナビ再生イメージ。モデルによって表示は異なります)

エンタテインメントを楽しみつつ、ドライブレコーダーも楽ナビに同時リンク

「ドライブレコーダーリンクHD」対応の楽ナビでスマートフォンやゲーム機、ポータブルBlu-rayプレーヤーなどをHDMI接続して楽しみたい場合は、ドライブレコーダーをAUX接続することで、両方の機能を使用することが可能です。

ドライブレコーダーリンクHD ドライブレコーダーリンクHD

危険なあおり運転も
見逃さない、
前方+後方の映像を記録

前後2つの広視野角カメラで、あらゆるシーンをしっかり記録します。
前方の走行映像はもちろん、後方からの危険なあおり運転や、
駐車中の前後の監視など死角となりやすいシーンも広範囲に記録できて安心です。
リアカメラはプライバシーガラスにも対応しています。

前方も後方も同時録画できるから安心

夜間走行や暗い駐車場でも
はっきり映し出す
安心の高感度・高画質録画

夜間、街灯の少ない道路やトンネルを走行している時や、建物の陰にある暗い駐車場でも、
ナンバープレートや周囲の状況を記録。夜間の撮影に適したにSTARVIS™技術搭載ソニー製CMOSセンサー採用により
従来のドライブレコーダーに比べて100分の1以下の光量でも撮影可能な「ナイトサイト」に対応しています。

高感度・高画質録画

※STARVISおよびSTARVISロゴは、ソニー株式会社の商標です。

前後フルHD画質で
ナンバープレートも
くっきり録画

前方・後方ともに、高感度を実現するCMOSセンサーの搭載に加え、高解像度約200万画素のフルHDカメラを採用することで、
昼間はもちろん、夜間や暗闇の中でもナンバープレートの文字まで録画できます。

高解像度約200万画素のフルHDカメラ
高解像度約200万画素のフルHDカメラ

前方も後方も
急な明るさの変化に対応する
画像補正

前後のカメラともに急な明るさの変化により、映像が黒くつぶれたり、白くとんだりしやすい場面でも、
明暗のダイナミックレンジを拡げて映像を補正する「WDR(ワイドダイナミックレンジ)」機能を搭載。
逆光時や夜間、トンネルに出入りした瞬間のように明るさが急変する場所などでも、鮮明な映像で録画します。

WDR「OFF」の場合

▲WDR「OFF」の場合

WDR「ON」の場合

▲WDR「ON」の場合

フロントカメラと本体、
2つのGセンサーで
衝撃を検知

フロントカメラとドライブレコーダー本体にそれぞれGセンサーを搭載。
走行中はフロントカメラ、駐車監視中は本体のGセンサーと状況に合わせて使い分けることにより、
衝撃をより確実に検知し、事故や車上荒らしなど万が一の出来事もしっかり記録します。

走行中はフロントカメラのGセンサーで検知/駐車監視中は本体のGセンサーで検知
  • Gセンサーの使い分けについてもっと詳しく
    開く

    Gセンサーを使い分ける理由

    走行中に事故が発生した場合、クルマは衝突安全上、クラッシャブルゾーンで衝撃を吸収する構造になっているため、本体のGセンサーでは衝撃を検知できないケースも。そのため、走行中はフロントカメラのGセンサーでしっかりと衝撃を検知します。
    駐車中は、クルマに後席ドアなどから侵入されると、振動がフロントガラスに伝わりにくい場合があります。そのため駐車監視中はドアの振動や車内侵入時の振動が伝わりやすい内装設置の本体Gセンサーでしっかりと衝撃を検知します。

    走行中はフロントカメラのGセンサーで検知!
    駐車監視中は本体のGセンサーで検知!

前後2つのカメラで
24時間365日常に
クルマを監視

前後2つの広視野角カメラで事故や車上荒らしなどから24時間常にクルマを監視。
駐車中に振動を検知すると自動で映像を録画する「駐車監視機能(セキュリティモード)」に対応しています。
駐車中に動作した場合、次回乗車時に画面上で通知するため、記録されている動画を見落とすことなく確認できます。

駐車監視機能(セキュリティモード)

※「駐車監視機能(セキュリティモード)」は衝撃を検知してドライブレコーダー本体を起動し動作する機能のため、
機械式の立体駐車場や振動の多い場所で使用するとバッテリーの減りが早まる可能性があります。そのような場所に駐車する際には設定をオフにしてご使用ください。

カメラは防水・防塵設計で
車外取付けも可能

  • オープンカー、商用車、ピックアップトラックなどのリアカメラとして取付け可能 オープンカー、商用車、ピックアップトラックなどのリアカメラとして取付け可能
  • 合計13mのケーブルでどんなクルマにも! 合計13mのケーブルでどんなクルマにも!

防水・防塵設計のカメラを採用しているため、車外取付けも可能。リアガラスのないオープンカーや、リアガラスをカバーで覆っている商用車でも、前後2方向を録画できます。また、前後合わせて13mのケーブルを採用しているため、付属品のみで大型のミニバンやSUV、商用車といった全長の長いクルマにも取付けが可能です。

基本性能

ドライブレコーダーの映像を
カーナビのモニターに出力

カーナビと接続してドライブレコーダーの映像を大画面で確認できるHDMIケーブル/4極ミニジャックケーブルを同梱。

ドライブ中の様々な状況に
対応する多彩な録画モード

エンジンをかけたときから、
自動で録画をスタート【連続録画】

エンジンON/OFFに連動し、自動で録画がスタート。
SDカードの容量がいっぱいになると古いファイルに自動で上書きし、新たな映像を記録し続けます。

衝撃を検知した前後の映像を
自動で保存【イベント録画】

衝撃を検知すると映像を自動で記録するイベント録画。衝撃を検知した時点から20秒間の動画と直前までに撮影された連続録画の動画が記録されます。もしもの瞬間も、しっかり記録されるので安心です。

イベント録画ファイルとして保存

連続録画ファイルの開始20秒以内に衝撃を検知した場合は、ひとつ前のファイルと衝撃検知後20秒の2つのファイルをイベント録画ファイルとして保存します。

2つのイベント録画ファイルとして保存

連続録画ファイルの終了19秒以内に衝撃を検知した場合は、衝撃検知後20秒間が延長されたファイルをイベント録画ファイルとして保存します。録画延長期間中に衝撃が続いた場合は、最大20秒のファイルを2回まで追加します。

イベント録画ファイルとして保存

気になるその時を録画
【手動イベント録画】

気になったその瞬間、RECボタン又は接続先の画面に表示される「REC」をタッチすることで、
[イベント録画]と同様の仕組みでイベント録画ファイルを保存します。

信号機の画像乱れを解消し
滑らかに再生

LED信号機の点滅周期にドライブレコーダーの画像が影響されずに、滑らかな動画再生を実現するために、フレームレートは27.5fpsを採用。
信号機の状況もしっかり記録するので安心です。

※タイミングによって点滅して録画されてしまう場合もございます。

フレームレート30fpsまたは25fpsの場合→フレームレート27.5fpsの場合

※画像はイメージです。

  • LED信号機についてもっと詳しく
    開く

    ご存知ですか?

    タイミングによっては LED信号が消灯したように記録されてしまう場合があります。 LED信号機は1秒間に60回または 50回の点滅(西60Hz/東50Hz※2倍の回数の点滅もあります)をしています。ドライブレコーダーのフレームレートが30fpsまたは25fpsの場合LED信号機の点滅と同調し、信号の光が撮影できない場合があります。

    LED信号の波長→フレームレート30fpsまたは25fpsの場合

車内の音声もしっかり記録

ドライブ中の音声も本体内蔵のマイクで記録。音声があれば、万が一の場合に、より詳しい情報を得ることも可能です。(ON/OFF切換え可能)

地デジの映りへの影響が少ない

カーナビなどのテレビへの電波干渉を抑える地デジ電波干渉対策を行っています。

地デジ ノイズ対策

取付後すぐに映像が記録できる
32GB microSDカード付属

※同梱のmicroSDカードの寿命は保証対象外となります。

microSD 32GB同梱

フロントガラスへの
映り込みを軽減する
偏光フィルターに対応

場所や天候の影響によるダッシュボードなどのフロントガラスへの写り込みを軽減し、しっかり映像を記録できます。

※フロントカメラのみ対応。

後から前後の映像を確認できる
パソコン用ビューアーソフト
「Driving Viewer」に対応

ドライブレコーダーで録画した前後のカメラの走行映像などをパソコンで再生して視聴したり、地図ソフトと連携させて表示することが可能です。走行状態をより詳細に確認できます。

※Windows 8.1/10に対応。Mac OSには非対応となります。
※地図ソフトは「MapFan Web」を使用しています。

専用パソコン ビューアー対応
「Driving Viewer」に対応

事故録画など必要な録画記録が上書きされない様に、必ず電源をOFFしてからmicroSDカードを取りだし保管してください。

本機はすべての状況において映像の記録を保証するものではありません。本機への電源供給が止まった場合(車のエンジンをオフ、電源ケーブルを外す)、撮影できません。本機の故障や本機を使用することで生じた損害、および記録された映像やデータの破損による損害については弊社は一切責任を負いません。本機は事故の証拠として、効力を保証するものではありません。

本機で記録した映像は、その使用目的や使用方法によっては、被写体のプライバシーなどの権利を侵害する場合がありますのでご注意ください。また、本機をイタズラなどの目的では使用しないでください。これらの場合については弊社は一切責任を負いません。

走行中の運転者は、ドライブレコーダー本体、スマートフォンでの操作やドライブレコーダー、スマートフォンの画面を注視しないでください。前方不注意となり事故の原因となりますので、必ず安全な場所に車を停車させてから行ってください。

商品写真および取付例はすべて撮影用のイメージです。一部画面写真や映像は、色および仕様等が実際と異なる場合があります。

HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。

ドライブレコーダーユニット

SDメモリーカード