REMIX-STATION 500 / RMX-500 Plug-in

デザインポイント

REMIX-STATION 500

Iconic Design

機能にあわせてキー形状をそれぞれ明快に変え、
2つの円を基調に操作系をレイアウト。
パフォーマンスを最大限に引き出すための「直感的な操作性」と、
見せる喜びを満足させる「キャラクター性」を両立させた。

Pressure Controller

回転動作だけでなく、押し込む力の強さでエフェクト効果に変化を
つけることができる新インタフェース「Pressure Controller」を
象徴的にレイアウト。
DJパフォーマンスから楽曲制作まで、
直感的な操作で多彩な楽曲アレンジが可能となった。

Illumination

操作にあわせて変化するイルミネーションで、
パフォーマンスを印象的に演出。
照明の暗い空間でも独自の存在感を放ち、
操作することを視覚的に楽しむことができる。

RMX-500 Plug-in

演奏する喜びを、見せるプラグイン

“REMIX-STATION 500”と同じ操作感覚で楽曲制作ができる、VST/AU/RTASプラグイン。
“Iconic Design”コンセプトはそのままに、PC向けGUIとしての使いやすさを追求。
楽曲制作を意識した、確かな画面レイアウトとビジュアルフィードバックを実現した。

直感的に使えるインターフェース

“REMIX-STATION 500”の象徴的なレイアウトや使い勝手を継承しながら、
PC操作に最適なGUI表現に落とし込むことで、
ユーザが迷うことなく使えるインターフェースを実現。
また、エフェクトの長さや間隔を直接切り替えることができる
CUSTOMIZE表示など、ハードウェア単体では実現できなかった直感的な
操作を可能にした。

印象的なエフェクト表現で
楽曲制作を演出

Advanced Knobのフィジカルな操作感をGUI上でも表現するために、
回転と押し込み量をオーバーレイ表示と、
なめらかなグラデーションで演出した。

※当社はAlphaTheta株式会社の一部商品のデザインを行っています。