Stellanova Limited 国内限定生産 APS-DA201J-LM/APS-WF202J-LMStellanova Limited 国内限定生産 APS-DA201J-LM/APS-WF202J-LM

パイオニアのBlu-ray driveが 選ばれる理由

光学ドライブといえばパイオニアと言われるくらい、パイオニアのBDドライブはプロユース含め多くのユーザーに選ばれています。それはパイオニアが光学ドライブの開発において長らく蓄積してきた知見や技術が活かされた独自の機能を数多く備えていることや、光学ドライブを設計する上での最重要部品の1つ、光ピックアップを自社で設計するだけでなく、光学ドライブを自社で開発・製造している数少ないメーカーであることなど、複数の理由があります。幅広いユーザーにパイオニアのBDドライブが選ばれている理由を紹介します。

Reason 1 - HISTORY Reason 1 - HISTORY

Reason 1

40年以上蓄積させた
光ディスクドライブの
技術・性能・品質

パイオニアの光ディクスドライブの歴史はレーザーディスクの開発からスタートしました。その後、CD、DVD、ブルーレイとすべての光ディスクドライブ の開発・生産を続けてきました。その長年に渡り蓄積されてきた光ディスクドライブ技術・ノウハウによって、今のパイオニアのブルーレイドライブの性能・品質を実現しています。

もっと見る閉じる

パイオニア
光ディスクドライブの歴史

  • 1980 - LD

    アメリカ・ラスベガスの「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」に、家庭用
    光学式ビデオディスクプレーヤーを初めて展示。同年6月にLaserDisc「VP-1000」を米国で発売。

  • 1982 - CD

    レーザーディスクで培った光ピックアップ技術を展開し、CDプレーヤー「P-D1」を市場に投入。

  • 1995 - DVD

    次世代光ディスク規格争いの後、パイオニアはDVDコンソーシアム(後のDVDフォーラム)に参加し
    DVD-Rの規格を作成開始。

  • 2002 - BD

    「Blu-ray Disc Founders」(後のBDA)の創設メンバーとなり、規格策定に参画。

  • 2005 - BD

    それまで培った技術を活かしてブルーレイディスクライターの開発に着手し、
    パソコン用内蔵型BD/DVDライター「BDR-101A」を発表。

  • 2006 - BD

    2006年 業務用BDライター「BDR-PR1」を発売。

  • 2017 - BD

    高精細な4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”再生に世界で初めて対応したBDドライブ「BDR-S11シリーズ」を発売。

Reason 2 - QUALITY Reason 2 - QUALITY

Reason 2

開発から生産まで
全て自社開発による
徹底された品質管理

パイオニアは光ピックアップから、ディスク搬送メカ、それらのコントロール電気回路、筐体に至るまですべて自社で開発・生産しています。レーザーディスク時代からの光ディスク技術のノウハウが凝縮されたドライブにより、安定した書き込み、読み込みが可能です。

Reason 3 - RELIABILITY Reason 3 - RELIABILITY

Reason 3

医療機関、官公庁、図書館、
放送局、企業、教育機関等で
データ保存の用途で採用

パイオニアのBDドライブは高い記録品質が評価され、図書館・博物館などの歴史的文章の保存に、医療機関では検査・治験データの保存に、教育機関では論文・研究データの保存に、放送局ではマスターデータの保存に活用されています。更に官公庁では、機密書類・統計データ等の保存に採用されています。

Reason 4 - TECHNOLOGY Reason 4 - TECHNOLOGY

Reason 4

独自技術 「PureRead」で
キズついた中古CD等も
原音のように再生が可能に

従来のドライブでは、音楽CDの「キズ」・「指紋」等により、読み取りエラーが発生した場合、エラー部分を補間してなんとか音を再生していました。パイオニアのBDドライブは、「音楽CDのデータを忠実に読み込む独自技術」である「PureRead」が搭載されています。この技術によりある程度「キズ」がついてもディスク状況を自動判断、最適な読み取り方法を調整し、極力原音に近づけた音楽CDの取り込みが可能です。

Reason 5 - MECHANISM Reason 5 - MECHANISM

Reason 5

独自メカニズムで
業界随一の
記録、読み取りの安定性

USB外付けスリムタイプで主流となっているトレイ方式とは違い、独自メカニズムによるスロットローディングは、ギミックのスマートさと合わせ、使いやすさを体感できます。また、高倍速対応の据え置き型タイプでは、ディスクが高速に回転する際の空気の流れも計算したディスク共振スタビライザーを搭載。より安定な記録を実現します。このほかにも数々の工夫を盛り込み、業界随一の安定記録と読み取りを可能にします。

Reason 6 - MECHANISM Reason 6 - MECHANISM

Reason 7 - SUSTAINABILITY Reason 7 - SUSTAINABILITY

Reason 7

環境負荷の少ない
持続可能なデータ保存

光ディスクは200年以上の長期保存が可能なものもあり、データを保持するための装置の廃棄を削減できます。そして光ディスクそのものも100%リサイクルできるため、まさにサステナブルなデータ保存が可能なメディアと言えます。また、光ディスクドライブはデータ使用時以外は電力を消費しないので、環境にやさしいと言われています。パイオニアはさらにカスタムエコなどの独自機能により徹底的に消費電力を低減しているほか、電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する欧州の「RoHS指令(10物質)」への対応など、各国のさまざまな環境規制に配慮して設計、生産しています。

もっと見る閉じる

Reason 8 - REVIEW Reason 8 - REVIEW

Reason 8

日本のユーザーが
認めた記録精度と安定性

パイオニアの光ディスクドライブのレビューは、ほとんどが高評価をいただいています。長年、光ディスクに携わってきたパイオニアの光ディスクドライブならではの評価をご覧ください。