pioneer

PureRead

音楽CDのデータを忠実に読み取る「PureRead」 音楽CDのデータを忠実に読み取る「PureRead」

PureRead(ピュアリード)とは

CDオーディオディスクの再生時において、ディスク上のキズ・指紋・ディスク不良(歪みや反り、厚さが均一でない、偏芯)などによりCD固有のエラー訂正システム(CIRC)でも補正しきれない読み取りエラーが発生した場合、読み取りエラーの部分を前後のデータから生成しデータの補間が行われていました。本機能を使用することで、ディスク状況を自動判断、最適な読み取り方法を調整し、リトライ(再読み取り)を行います。多くの人の手に触れるレンタルCD、中古CD、誤って傷を付けてしまったCDなどに特に有効な機能です。BDXL対応ピックアップ搭載によるCD読み取り性能の向上も相まって、高精度なCD読み取りを可能にしています。
PureReadには、標準の「マスターモード」と、より完全に原音で取り込む「パーフェクトモード」があり、付属の「パイオニアBDドライブユーティリティ」(Windows用)「パイオニアBDドライブユーティリティライト」(Mac用)を使用し任意に設定が可能です。(OFFすることも可能)

  • PureRead機能は、CDに正しく記録されている音楽データが、指紋や傷、ディスクのそり、偏芯などにより、音楽データが正確に読めなかった場合に発生するデータの補間を防ぐため、様々な読み取り方法で、正確に音楽データを読み取る機能です。著作権を保護する目的などで作られたCDオーディオ規格とは異なるディスク(CCCDなど)では、正しく動作しません。
  • 新しいCDオーディオディスクで傷やよごれのない場合など、補間が発生しないディスクでは、PureRead機能は働きません。
  • パーフェクトモードでは、補正しきれず読み取りエラーが発生した場合、読み取りを停止します。
  • PureRead機能は、同梱ソフトでご使用ください。(B’s Recorder GOLD9、Windows Media Player 9 、10および11での動作の確認は行っておりますが、弊社でのサポートの対象外となりますのでお気をつけください。)

PureReadとは

バージョン アルゴリズム モード設定保存機能
PureRead Ver1 なし
PureRead+ Ver1 あり
PureRead 2 Ver2 なし
PureRead 2+ Ver2 あり
PureRead 3+ Ver3 あり
PureRead 4+ Ver4 あり

再生時でもオーディオCDの読み取り精度を高める「RealTime PureRead」機能

リアルタイムでデータ補間の発生頻度を抑え、オーディオCD本来の音質で再生する「RealTime PureRead」。
「PureRead 4+」で導入したアルゴリズムはこの「RealTime PureRead」でも採用しており、リアルタイムでオーディオCDを聴く場合もデータ補間の発生頻度を抑え、本来の音質で再生します。

PureRead 4+搭載モデル

外付けモデル

高い信頼性と安定性を追求したハイスペックモデル ・USB3.1 Gen1/3.0/2.0 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-X12J-UHD

ポータブルモデル

映像と音を極めたプレミアムポータブルモデル ・USB Type-C コネクタ搭載 ・M-DISC対応 ・Windows用スロットローディングドライブ BD/DVD/CDライター BDR-XS07B-UHD
Macユーザーに捧げるプレミアムポータブルモデル ・USB Type-C コネクタ搭載 ・M-DISC対応 ・Toast 17 Titanium BD Plug-In BD/DVD/CDライター BDR-XS07JM
音楽取り込みに最適軽量コンパクト・スロットローディングドライブ ・USB Type-C コネクタ搭載 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-XS07JL
マットブラックボディーのクラムシェル型ハイエンドモデル ・M-DISC対応 ・USB Type-C コネクタ搭載 BD/DVD/CDライター BDR-XD08MB-S

内臓モデル

優れた静音性、高信頼性、高い品質感を実現した、すべてのAVファンに捧げるプレミアムモデル。 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-S12J-X
基本性能を磨き上げ、高信頼性と安定性を追求したモデル。 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-S12J-BK

PureRead 3+搭載モデル

外付けモデル

高信頼性とBD-R16倍速記録を両立したスタンダードモデル ・USB3.1 Gen1/3.0/2.0 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-X12JBK

ポータブルモデル

使いやすさを感じられるドライブ ・USB Type-C コネクタ搭載 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-XD08BK/SV/GL ※Mac用アプリケーションソフトは同梱していません。
使いやすいエントリーモデル ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-XD08LE

内臓モデル

手軽にUltra HD Blu-rayの高精細映像を楽しめるモデル。 BD/DVD/CDライター BDR-211JBK

RealTime PureRead搭載モデル

外付けモデル

高い信頼性と安定性を追求したハイスペックモデル ・USB3.1 Gen1/3.0/2.0 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-X12J-UHD

ポータブルモデル

映像と音を極めたプレミアムポータブルモデル ・USB Type-C コネクタ搭載 ・M-DISC対応 ・Windows用スロットローディングドライブ BD/DVD/CDライター BDR-XS07B-UHD
Macユーザーに捧げるプレミアムポータブルモデル ・USB Type-C コネクタ搭載 ・M-DISC対応 ・Toast 17 Titanium BD Plug-In BD/DVD/CDライター BDR-XS07JM
音楽取り込みに最適軽量コンパクト・スロットローディングドライブ ・USB Type-C コネクタ搭載 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-XS07JL

内臓モデル

優れた静音性、高信頼性、高い品質感を実現した、すべてのAVファンに捧げるプレミアムモデル。 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-S12J-X
基本性能を磨き上げ、高信頼性と安定性を追求したモデル。 ・M-DISC対応 BD/DVD/CDライター BDR-S12J-BK

原音へのこだわりから生まれたPureRead

あまり一般には知られていないのですが音楽CDは、CD-ROMに比べ、エラー訂正能力がかなり低く、傷・指紋・そり・偏芯等があると読み取りエラーが簡単に発生してしまいます。実際にはCDプレーヤーなどでは、前後のデータによる補完が自動的に行われているので気がつかない事も多いのですが、補完しきれないと、ノイズとして耳に届きます。また補完した部分は音の広がり感が変わると言う人も多いようです。
音楽CDのベースに関わる問題ですから、現状の音楽CDのままでこの問題を解決することはできません。つまりディスクの状況に応じた適切なリードを常に行わないと、本来音楽CDに入っている音が正しく再生できません。
私は、ピアノ演奏や作曲の道に進もうと真剣に考えていた時期もあり、今でも趣味として音楽活動を続けています。そのため音楽CDを正しく読み出したい、音楽CDに入っている音をすべて聞きたいという面については自分で言うのもなんですが、かなりのこだわりがありました。(笑)そこで考えたのが、音楽CDの読み取り時にエラーが発生しても、勝手にデータ補完をしないで正しく読み出すことでした。
まず、数種類のアルゴリズムをつくり、周囲にいる企画、営業のメンバーに試しに聴いてもらいました。今になって思うと、それがPureReadのプロトタイプとなりました。実際にPureReadのプロトタイプを聞いたメンバーが、製品に入れるべきと言い出してくれ、体力的にかなりつらいものがあったのですが、一気に開発を加速してなんとか製品へのインプリ期限ギリギリに間に合わせました。その後も継続して開発を続けており、性能を向上させ、最新のBDドライブに搭載しています。
今後、次々と川崎新小倉で生みだされる新技術、これからの「川崎新小倉」発のモデルにご期待ください。

PureRead 4+の進化した内容についてさらに知りたい方はPureRead 4+の開発ストーリー「PureRead機能のさらなる高性能化に挑戦」をご覧ください。PureReadについてさらに知りたい方は、PureReadの開発ストーリー「PureRead機能の進化と今後の可能性 I」 「PureRead機能の進化と今後の可能性 II」をご覧ください。

ファームウェア担当 大下

ファームウェア担当 大下

Copyright © 2022 Pioneer Corporation.
All Rights Reserved.