carrozzeria | カーAV/ハイエンド・オーディオ | RS1000シリーズ

TS-W1000RS

17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-Z1000RS6.6cmミッドレンジ TS-S1000RS25cmサブウーファー TS-W1000RS

  • 商品紹介
  • 設計思想
  • 高精密度技術
  • システム例/仕様

【TS-W1000RS】鋭く速く、重低音が湧き立つ。

超低域再生と瞬時な反応を実現する、一体型三層構造クロスカーボン振動板。

振幅の大きな低域再生に応えるため、振動板には、高ヤング率を誇り、素材物性に優れたクロスカーボンを採用。さらにクロスカーボンと混抄コーン、クロス繊維を貼り合わせ、センターキャップとの一体型三層構造とすることで、高ヤング率と適度な内部損失を獲得し、高剛性とトランジェントの向上を実現。また、振動板の形状を最適化することで低共振化を図り、さらにコルゲーションエッジの採用などによるフラットな特性とあわせて、原音に限りなく忠実な超低域再生を実現しています。

さらなる無共振化を追求した亜鉛ダイキャストフレーム

フレームやバックカバーなどの筐体部とダンパーを支えるダンパーホルダーには、高剛性、低共振の亜鉛素材を採用し、徹底した耐共振性を獲得。さらに、解析に基づき6本のV字型のリブで構成した低共振化構造フレームやバックカバーの非面接触型ポイント支持構造とあわせて、徹底した無共振化を実現しています。

振動板のリニアな駆動を実現する、高性能磁気回路

磁気回路はネオジウムマグネットの内磁型により、強力な磁束を獲得するとともに、高精度切削パーツを採用することでトランジェントの向上を実現。また大口径φ100mmのポールに10mmのショートプレートとOFC平角線を使用した30.7mmのロングボイスコイルやOFCショートリングの採用などにより振動板を高効率に駆動。極めて正確な超低域再生を可能としています。
レザートーン塗装

デザイン性にもこだわった、レザートーン塗装採用の亜鉛ダイキャスト製パーツ

亜鉛ダイキャストを使用した外装部品には、リファレンスモデルにふさわしい高級感溢れるレザートーン塗装を施し、外観にもこだわった設計をしています。

取付けの自由度を高める小容積設計

推奨エンクロージャー容積を17リットルとした、小容積設計(使用範囲14リットル~28リットル)により自由度の高い設置が可能です。

伝達ロスを低減する金メッキ真鍮製削り出しブロック端子

入力信号の伝達ロスを低減するため、端子部分には導通性に優れた金メッキを施し、太線ケーブルの接続に応える真鍮製削り出しブロック端子を装備しました。

ページTOPへ