レコーダー・LDプレーヤー

DVR-RT900D 商品概要

DVR-RT900D

2006年11月発売生産終了
DVR-RT900D
No Image
No Image
No Image
No Image
No Image
No Image
No Image
No Image

[商品名]
ビデオ一体型 HDD&DVDレコーダー

オープン価格※

※オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。

[同梱物]
Gコード対応リモコン

商品掲載ページ

主な特長

■ VHSテープを簡単にDVDへダビング「おまかせ自動ダビング」機能
■ HDD、DVD、VHSの相互ダビングがかんたん、6WAYダビング機能搭載
■ HDD、DVDはもちろん、VHSの映像/音声もHDMIケーブル1本で出力する、かんたん接続
■ デジタルチューナー搭載モデル初(※1)、録画時間を増やせる「増設HDD」に対応(※2)
■ シンプルなボタン配列と“スマートジョグ”で使いやすさが向上した「スマートリモコン」を採用
■ 見たい番組がすぐに見つかる、フルHD解像度の「画面まるごと番組表」(※3)
■ プラズマテレビからリモート操作「レコーダーホットリンク」に対応
■ 環境への配慮

(※1)2006年9月14日現在、国内報道発表におけるデジタルチューナー搭載 HDD/DVDレコーダーとして。パイオニア調べ。
(※2)増設HDDは、パイオニア指定のHDD(HDD-S250.HDD-S400 2006年9月現在)をお使いください。増設HDDにはDRモード録画のみ可能となっております。
(※3)アナログ放送の電子番組表は、米Gemstar-TV Guide International, Inc.が開発した『Gガイド』を採用しています。
「G ガイド」とは、米 Gemstar-TV Guide International, Inc.が知的財産権を保有する電子番組表(EPG)技術「G-GUIDE」をベースに、(株)インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)が日本国内で運用する電子番組表(EPG)サービス。
米 Gemstar-TV Guide International, Inc.は日本国内における地上波アナログ放送型Gガイドデータ放送をIPG社に委託し、現在TBS((株)東京放送)系列を中心に全国30地区30放送局から行われております。
G ガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米 Gemstar-TV Guide International, Inc. の日本国内における登録商標です。

仕様

■ 記録可能メディア:
  ・DVD-R(Ver.2.0・Ver.2.1 CPRM対応)、
   DVD-RW(Ver.1.0・Ver.1.1、Ver.1.2 CPRM対応)、
   DVD-R DL(Ver.3.0 CPRM対応)
    録画モード 最大録画時間(1層/2層):
     XP:約 1 H/約 1.8 H、SP:約 2 H/約 3.5 H(※1)、LP:約 4 H/約 7.1 H、
     EP:約 6 H/約 10.7 H、SLP:約 8 H/約 14.3 H、SEP:約 10 H/約 17.9 H、
     MN:約 1 ~ 13.5 H/約 1.8 ~ 24 H
  ・HDD (400 GB)
   録画モード最大録画時間(※2):
     DR:46 H、XP+:58 H、XP:85 H、SP:170 H、LP:340 H、
     EP:510 H、SLP:680 H、SEP:850 H、MN:58 ~1137 H
■ 再生可能メディア:
  DVDビデオ、DVD-R DL、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM(※3)、DVD+R、DVD+RW (※4)、
  音楽用CD、CD-R、CD-RW(※5)
■ 記録/ 再生可能メディア:
  VHS、S-VHS(SQPB簡易再生)
    アナログ録画時間:SP(標準)、EP(3倍)
■ 受信チャンネル:
  地上アナログ:VHF:1~12 ch、UHF:13~62 ch、CATV(※6):C13~C63 ch
  地上デジタル:000~999 ch(CATVパススルー対応)
  BS/110度CSデジタル:000~999 ch
■ 入力端子:
  S映像:2系統(内前面1系統)(※7)(※8)
  コンポジット映像:2系統(内前面1系統)(※7)
  ステレオ音声:2系統(内前面1系統)(※7)
  DV(i.LINK):DV入力(i.LINK 4ピンS100) 1系統
■ 出力端子:
  HDM:1系統
  コンポーネント映像:D端子(D1/D2/D3/D4出力)1系統
  S映像:1系統
  コンポジット映像:1系統
  ステレオ音声:1系統
  光デジタル音声:1系統
■ 入出力端子
  電話回線接続端子:1系統
  LAN端子:1系統
■ 消費電力:61 W 待機時: 0.8 W(FL消灯時)
■ 外形寸法:430 mm x 99 mm x 352 mm
■ 本体質量:7.3 kg

(※1) 約215 分。
(※2) HDDの全記録領域を各モードにて録画した場合。また、DRモードの最大録画時間は、地上デジタル放送でのビットレートを17 Mbpsで計算しています。
(※3) DVD-RAM再生時はディスクをカートリッジから取り出してご使用ください。ディスクの特性・傷・汚れまたはピックアップレンズの汚れ・結露などにより再生できない場合があります。
(※4) DVD+R/+RWディスクはビデオフォーマットで記録され、かつファイナライズ済みのもののみ再生できます。ディスクの特性・傷・汚れまたはピックアップレンズの汚れ・結露などにより再生できない場合があります。
(※5) 音楽用のCDフォーマットで記録されたCD-R、CD-RWディスクの再生ができます。ディスクの特性・傷・汚れまたはピックアップレンズの汚れ・結露などにより再生できない場合があります。
(※6) CATVの受信にはCATV会社との契約が必要です。
(※7) オートスタート録画兼用1端子を含む。
(※8) HDD/DVD専用

関連コンテンツ

該当するコンテンツがありません。

商品掲載ページ

主な特長

■ VHSテープを簡単にDVDへダビング「おまかせ自動ダビング」機能
■ HDD、DVD、VHSの相互ダビングがかんたん、6WAYダビング機能搭載
■ HDD、DVDはもちろん、VHSの映像/音声もHDMIケーブル1本で出力する、かんたん接続
■ デジタルチューナー搭載モデル初(※1)、録画時間を増やせる「増設HDD」に対応(※2)
■ シンプルなボタン配列と“スマートジョグ”で使いやすさが向上した「スマートリモコン」を採用
■ 見たい番組がすぐに見つかる、フルHD解像度の「画面まるごと番組表」(※3)
■ プラズマテレビからリモート操作「レコーダーホットリンク」に対応
■ 環境への配慮

(※1)2006年9月14日現在、国内報道発表におけるデジタルチューナー搭載 HDD/DVDレコーダーとして。パイオニア調べ。
(※2)増設HDDは、パイオニア指定のHDD(HDD-S250.HDD-S400 2006年9月現在)をお使いください。増設HDDにはDRモード録画のみ可能となっております。
(※3)アナログ放送の電子番組表は、米Gemstar-TV Guide International, Inc.が開発した『Gガイド』を採用しています。
「G ガイド」とは、米 Gemstar-TV Guide International, Inc.が知的財産権を保有する電子番組表(EPG)技術「G-GUIDE」をベースに、(株)インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)が日本国内で運用する電子番組表(EPG)サービス。
米 Gemstar-TV Guide International, Inc.は日本国内における地上波アナログ放送型Gガイドデータ放送をIPG社に委託し、現在TBS((株)東京放送)系列を中心に全国30地区30放送局から行われております。
G ガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米 Gemstar-TV Guide International, Inc. の日本国内における登録商標です。

仕様

■ 記録可能メディア:
  ・DVD-R(Ver.2.0・Ver.2.1 CPRM対応)、
   DVD-RW(Ver.1.0・Ver.1.1、Ver.1.2 CPRM対応)、
   DVD-R DL(Ver.3.0 CPRM対応)
    録画モード 最大録画時間(1層/2層):
     XP:約 1 H/約 1.8 H、SP:約 2 H/約 3.5 H(※1)、LP:約 4 H/約 7.1 H、
     EP:約 6 H/約 10.7 H、SLP:約 8 H/約 14.3 H、SEP:約 10 H/約 17.9 H、
     MN:約 1 ~ 13.5 H/約 1.8 ~ 24 H
  ・HDD (400 GB)
   録画モード最大録画時間(※2):
     DR:46 H、XP+:58 H、XP:85 H、SP:170 H、LP:340 H、
     EP:510 H、SLP:680 H、SEP:850 H、MN:58 ~1137 H
■ 再生可能メディア:
  DVDビデオ、DVD-R DL、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM(※3)、DVD+R、DVD+RW (※4)、
  音楽用CD、CD-R、CD-RW(※5)
■ 記録/ 再生可能メディア:
  VHS、S-VHS(SQPB簡易再生)
    アナログ録画時間:SP(標準)、EP(3倍)
■ 受信チャンネル:
  地上アナログ:VHF:1~12 ch、UHF:13~62 ch、CATV(※6):C13~C63 ch
  地上デジタル:000~999 ch(CATVパススルー対応)
  BS/110度CSデジタル:000~999 ch
■ 入力端子:
  S映像:2系統(内前面1系統)(※7)(※8)
  コンポジット映像:2系統(内前面1系統)(※7)
  ステレオ音声:2系統(内前面1系統)(※7)
  DV(i.LINK):DV入力(i.LINK 4ピンS100) 1系統
■ 出力端子:
  HDM:1系統
  コンポーネント映像:D端子(D1/D2/D3/D4出力)1系統
  S映像:1系統
  コンポジット映像:1系統
  ステレオ音声:1系統
  光デジタル音声:1系統
■ 入出力端子
  電話回線接続端子:1系統
  LAN端子:1系統
■ 消費電力:61 W 待機時: 0.8 W(FL消灯時)
■ 外形寸法:430 mm x 99 mm x 352 mm
■ 本体質量:7.3 kg

(※1) 約215 分。
(※2) HDDの全記録領域を各モードにて録画した場合。また、DRモードの最大録画時間は、地上デジタル放送でのビットレートを17 Mbpsで計算しています。
(※3) DVD-RAM再生時はディスクをカートリッジから取り出してご使用ください。ディスクの特性・傷・汚れまたはピックアップレンズの汚れ・結露などにより再生できない場合があります。
(※4) DVD+R/+RWディスクはビデオフォーマットで記録され、かつファイナライズ済みのもののみ再生できます。ディスクの特性・傷・汚れまたはピックアップレンズの汚れ・結露などにより再生できない場合があります。
(※5) 音楽用のCDフォーマットで記録されたCD-R、CD-RWディスクの再生ができます。ディスクの特性・傷・汚れまたはピックアップレンズの汚れ・結露などにより再生できない場合があります。
(※6) CATVの受信にはCATV会社との契約が必要です。
(※7) オートスタート録画兼用1端子を含む。
(※8) HDD/DVD専用

関連コンテンツ

該当するコンテンツがありません。

DVR-RT900Dに関する情報は、下記ページでも確認できます。