Any-on

ABOUT

「音」であらゆるモノに
命を吹き込む、
パイオニアが開発した
新たなサービス。

  • もしバス停が喋り出したら

  • もし看板が喋り出したら

  • もし建物が喋り出したら

すでにある、身の回りの様々なモノに「音」が宿ったら、
わたしたちの社会・街・暮らしは、どう変わるのだろう?

私たちパイオニアは、インターネットが社会を一変させたように、
SoT(Sound of Things)と言うコンセプトを掲げ、
「音」であらゆるものに命を吹き込み、世の中を変えていきます。

その第一弾として、壁や看板などあらゆる既存設備に取り付けるだけで、
どんな環境でも情報を聞き取ることができる「音」を発生させる
サービス「Any-on」を独自に開発しました。

「音」で、あらゆるモノが生まれ変わると、人生は豊かに生まれ変わる。

※名前の由来
Any = Anytime, anywhere(いつでもどこでも)
on = 音(おん)を付加する(on)

パイオニアが提唱するSoTとは?

Any-ON
基本構成

コア技術

音響信号処理

音を聞きやすくする

自動音質調整
設置環境によらず最適な音質バランスになるように自動調整を行います。
自動音量調整
周囲の騒音状況に応じて最適な音量になるように自動調整を行います。

アクチュエータ

用途に応じた、大小さまざまな振動ユニット。最薄:厚さ3mm。

マイク

リアルタイムに音響信号処理を実行するためにマイクにより周囲の音環境を把握。

  • 既存の設備に後付け可能
  • 耐水性・防塵性が高い
  • 外観を損なわない

用途に応じて付加する技術

  • ネットワーク /クラウド

    ネットワークを介して様々なサービスが提供可能。

  • AI対話

    双方向の対話機能が提供可能。

  • センサ連携

    各種センサと連携し、よりスマートな制御も可能。

導入メリット

  • 既存設備を利用し、屋内外問わず外観を損なうことなく音を発生させることが可能。
  • 貼り付ける材質や取付位置によらず、自動音質調整で最適な音再生が可能。
  • どんな音環境下においても自動音量調整で聴きとりやすい音再生が可能。
  • ネットワークやAIなどの技術を付加する事で様々な用途に応じたカスタマイズが可能。

IDEA

  • これからの季節に、アナタにオススメの商品は…

    「音」で、音声広告を実現する。

    もし、店舗内のショーケースが喋りだしたら。ポスターや看板だけでは振り向かなかった人々に魅力的に商品情報を届けてくれる。

  • 分別をありがとう!また缶に生まれ変わります。

    「音」で、ゴミ捨てが変わる。

    もし、街中のゴミ箱が喋りだしたら。音声によってゴミが適切に分別されれば今よりもっと地球に優しい社会がつくれる。

  • オススメのレストランは徒歩ですぐですよ。

    「音」で、観光案内が変わる。

    もし、今ある観光看板が喋り出したら。海外からの来訪者のためにすべての看板を多言語表記につくり変える必要がなくなる。

導入実績

常陸太田市
自動運転サービス実証実験

「運転手がいないとコミュニケーションが取れない」そんな乗客の不安をバス停との会話で解消するサービスとして、スマートバス停の音声案内サービスを開発しました。

リリースはこちら