PC用ドライブ

【BDR-S13J-X】更に進化した静音性、高信頼性、高い品質感を実現した、すべてのAVファンに捧げるプレミアムモデル。

充実の独自機能

BD-Rへの高速・高精度16倍速記録や、大容量BDXL(3層、4層)に対応

BDR-S13J-Xは、BD(1層メディア25GB、2層メディア50GB)に加え、BDXL™規格に対応したすべてのディスク(BD-R XL:3層メディア100GB、BD-R XL:4層メディア128GB、BD-RE XL:3層メディア100GB)※への記録と再生が可能です。さらに、BD-Rで16倍速、BD-R DLで14倍速、BD-R TL(3層)で 8倍速、BD-R QL(4層)で 6倍速で記録することができます。 また、16倍速の高速書き込みモードと通常使用モードを切り替え可能。ディスクコピーなど、静音よりも高速書き込みを重視する場合には、すべての設定を高速での確実な書き込みに最適化できる高速書き込みモードにすれば安心です。通常用途では、静音、安定性、記録品質をより重視した標準モードを選択可能になります。もちろんDVDやCDも高倍速。DVD-R:1層メディア4.7GBへは16倍速記録、音楽CDは最高48倍速で取り込むことができます。

  • サポートメディアの詳細については、こちらをご確認ください。
  • すべてのディスクで動作を保証するものではありません。
  • PureRead機能On時は読み取り精度を優先するため音楽CDおよびCD-ROMの最大再生速度は40倍速となります。
    PureRead機能は初期設定でOnとなっています。付属のパイオニアBDドライブユーティリティにより、本機能の設定が可能です。

対応外ディスクでも安定記録する「最適記録ストラテジー予測アルゴリズム」搭載

未サポートディスクでも記録ストラテジーを予測して記録

サポートされていない記録メディアであっても、ドライブが自動的に最適記録ストラテジーを予測して記録します。この「最適記録ストラテジー予測アルゴリズム」により、購入されたディスクが使えないなどのトラブルを防止。安心の安定記録を実現します。

*XLメディア(3層、4層)には対応していません。また、ディスクによっては記録品質が十分に得られないなどの可能性があります。

さらに使いやすくなったユーティリティで、快適なユーザビリティーを実現

用途に合わせてドライブの設定を行える「おまかせ設定」機能を搭載。
映画や音楽を楽しむ際に適した「視聴モード」、読み取り・書き込み速度を重視する「高速モード」、読み取り・書き込み品質を重視する「品質モード」、消費電力を抑える「エコモード」の選択および設定を行えます。
従来と同様に、ビデオ&オーディオモードをはじめ、AUDIO/VIDEOの記録再生に適したローディング動作や静音設定をはじめとする詳細な設定を個別に行うこともできます。また、ディスクマウント中のディスクの種類や状態を把握できる機能も搭載。
さらにBDR-S13J-Xでは、新たに操作終了からディスクが止まるまでの時間をお好みに合わせて変更できる「カスタムエコ機能」を搭載。「省電力」側に設定することで消費電力を抑えることができます。
これらの機能を搭載したドライブユーティリティにより、より安心に、より快適にドライブをお使いいただけます。

さらに使いやすくなったユーティリティで、快適なユーザビリティーを実現
さらに使いやすくなったユーティリティで、快適なユーザビリティーを実現
さらに使いやすくなったユーティリティで、快適なユーザビリティーを実現
さらに使いやすくなったユーティリティで、快適なユーザビリティーを実現
さらに使いやすくなったユーティリティで、快適なユーザビリティーを実現
さらに使いやすくなったユーティリティで、快適なユーザビリティーを実現

ローディング動作などを最適化する「視聴モード」を搭載

静かにゆっくり開く、高品位なトレイ動作

付属ソフト(無償ダウンロード提供)のパイオニアドライブユーティリティにより、映画ソフト(BD/DVD)や音楽CDの再生時に、トレイを静かに開かせたり、静音性を重視する設定などを最適化する「視聴モード」を搭載しました。

動作ピーク時の電力消費量を抑える、PEAK POWER REDUCERを搭載

スタートアップ動作時のPEAK POWER REDUCER 効果イメージ

省電力モード(PEAK POWER REDUCER)を搭載しており、動作ピーク時の電力消費量を抑えます。

卓越した記録精度

ライト&ベリファイモードのアルゴリズムを最適化

一般的にBDドライブには、書き込み完了後に、必要に応じてベリファイを行う方法と、書き込みとベリファイを交互に行うライト&ベリファイモードがあります。BDR-S13J-Xでは、ライト&ベリファイモードにも注目し、各種アルゴリズムの最適化をはじめ細部にわたる検討により高速化を実現しています。

スタートアップ時間を短縮

ディスクを入れてからスタートするまでのスタートアップ時間を、ディスクをチェックするルーチンを最適化することで短縮。さらにピックアップの軽量化やアルゴリズムの見直しによるシークタイムの向上や、各ディスクを短時間で認識できるよう、細部にわたる検討を行い性能を高めました。

「高速読みだしモード」によりデータ検索と読みだし時間を短縮

一定の時間が経つと、静音性を優先させ、速度を落とすようになっている静音に配慮した各種モードに加え、BDR-S13J-Xには「高速読み出しモード」を搭載。「高速読み出しモード」では、一旦ディスク回転が高くなると読み出しが終了したあとも、しばらく高速で回転し続けることにより、次の読み出し命令が来た時にすぐに高速読み出しを行えるようになります。

「高速回転対応クランパー」を搭載

BDR-S13J-Xでは、ディスク振動を抑えディスク回転を安定化することで、ディスク記録精度と静音効果が向上しています。

  • 高速回転対応クランパーの採用
  1. ディスク振動を抑えディスク回転を安定化
  2. ディスク記録精度も向上
  3. 高速回転時の静音化効果も向上

クランパー上部カバー/高速対応クランパー

  • ハイスピード記録モードと記録精度優先モード(標準モード)を選択可能。パイオニアドライブユーティリティにより、二つのモードを切り替えて使用することができます。
  1. 速度を優先する、ディスク複製等の状況と、静音性、記録精度を重視する通常使用時にそれぞれ最適な特性で動作させることが可能です。
  2. 通常時は回転音が静かで映画や音楽に集中でき高速記録時は、速度優先に自動的に切り替わります。

BD-Rメディアごとに最適な記録精度を実現する「BD-R最適倍速記録機能」

メディアへの書き込み品質のクオリティの精度をより高めるため、メディアのさまざまなパラメータを考慮し、各種BD-Rメディアに最適な記録倍速を自動で選択して書き込みを行う「BD-R最適倍速記録機能」(品質優先の記録速度自動選択機能)を搭載。速度だけでなく、「記録精度」を最も重視したい場合におすすめの機能です。

BD-Rメディアの記録後の外観も重視する「BD-R記録面重視モード」

従来の記録面/記録面重視モード

高精度な記録性能を維持したままで、記録後のメディアの見た目上のムラをさらに少なくする「記録面重視モード」を搭載。配布用途などでも安心してご使用いただけます。

DVD-R CLV固定機能

DVD-R記録時に、記録方式をCLVに固定します。記録精度を維持しつつ、ディスクの見た目上のムラを目立ちにくくすることが可能です。不特定多数のDVD機器での再生が想定される配布用途などに有効です。

自社開発、設計、製造による高性能ピックアップ搭載

パイオニア独自開発の高性能ピックアップを搭載し、記録精度をよりいっそう高めています。

高速記録時でも高い記録精度「ディスク共振スタビライザー」

書き込みや読み込みの速度が速くなるほど、高速回転によってディスクの外周にたわみが生じ、エラーが発生します。このたわみによるエラーに対応したのが、「ディスク共振スタビライザー」。共振によりディスクがたわもうとする位置に突起をつけることで、ディスク回転時に発生する風の流れる隙間を狭くし、その風がディスクのたわみを押さえつけることでエラーを軽減します。「ディスク共振スタビライザー」により、ドライブ動作中に発生する3つの共振パターンのすべてにおいて安定した書き込みと読み込みを高精度で実現しています。BDR-S13J-Xでは、BD-Rの最大16倍速記録時でも高い記録精度を保っています。

  • BD-Rの16倍速書き込みは、SONY製、RITEK製、MKM製6倍速BD-Rディスクで記録可能です。その他主な6倍速BD-Rディスクに対しては、 最大12倍速で書き込みができます。BD-R DLの14倍速書き込みは、Panasonic製6倍速BD-Rディスク(二層)で記録可能です。今後、追加されるディスクについては、最新のメディアリ ストをご覧ください。

ディスク共振スタビライザーが無い場合/ディスク共振スタビライザー

進化した防塵・静音性能

こだわりの静音・防塵性

高性能の天板構造により、防塵・静音性能を高めています。

  • 徹底的にドライブ内に塵や埃を入れないアドバンス防塵設計
  • 高性能のハニカムケースを採用
    振動の発生を防ぎ、密閉性も向上させる事で、高速回転時の不要な共振の発生を抑え、安定した書き込みにつながるとともに、静音性、防塵性も向上させました。

音響対策パッド/不要な振動、空気の流入を防ぐ、BDR-S13J-X防塵.静音パッド

筐体内部を改善。防塵・静音性を高め、高速回転による内部温度の上昇をも制御

トレイ内部の風邪の流路

パイオニアのオーディオコンポーネント製品で実績のある独自のハニカム構造や、BDR-S03Jから採用しているBD対応の静音トレイを搭載。ディスクの回転で起きる風の流れを制御することで騒音の発生を抑えています。BDR-S13J-Xの電気系基板により、基板面積をBDR-S03Jに比べ約1/3に縮小し、筐体の内部空間を拡大。これにより内部で起こる風の循環をより効率的にし、ディスクの高速回転や長時間回転中に発生するピックアップ部やディスク表面の局部的な温度上昇を制御します。さらに、防塵・防音パッドの位置の調整やフロントベゼルのさらなる密閉化など細部にわたり静音化を追求。徹底した静音設計により、動作音(騒音)の低減を実現。長期に渡って安心してご使用いただけます。

ドライブ光学系の汚れによる影響を加速試験にて測定。(当社測定基準による)

ベルト形状を改良し、より安定したトレイローディング動作を実現

トレイローディング部に使用しているベルトの形状を改良し、チリやホコリなどによるトレイローディング動作への影響を低減しました。これによりチリやホコリなどに対する耐性が、当社試験において従来機種の約1.8倍となりました。

トレイローディング動作サイクル試験(塵埃試験機を使用)

ホコリやチリに対する耐性を強化し、長寿命化を実現

従来からの高い防塵性能に加えて、ドライブソフトウェアを改良し、チリやホコリ、タバコの煙などによるディスクの読み取り性能の悪化を低減しました。これにより従来機種の約2倍の長寿命を実現しました。

塵埃サイクル試験(塵埃試験機を使用)

シーンに合わせた書き込みが可能な「アドバンスド静音ファームウェア」

音楽再生中と音楽データコピー中のディスク回転速度のイメージ

標準搭載されたファームウェアが、自動的にディスクの回転速度を用途に応じて制御します。例えば、映像や音声の再生時にはディスクを低速で回転し静音を保ち、データをハードディスクに保存するときは、ディスクを高速回転することで、高いパフォーマンスをあげることができます。

いい映像といい音を快適に楽しむためのつくり込みの強化

  • ビデオ&オーディオモードの搭載
  • ディスク再生時の青色LEDを消灯させ、視聴に集中しやすいモードを追加。

この他、充実の独自性能はBDR-S07Jから受け継ぎ、さらに、安全性のさらなる向上を図っています。

ディスクトラブル時でも、お客様の被害が最小限となるよう、細部にわたり配慮した安全設計で、16倍速動作を実現しています。

安全性をより高める設計 万が一ディスク割れが発生した場合の安全性を高めます。

より安定した動作、より安定したシステム構築に貢献

不意に発生する厳しい動作環境でもドライブを安定動作

規格を守っていない品質の悪いディスク、傷・汚れのついたディスクを使用するときや、電源供給が不安定なときでも可能な限りの性能を発揮し、ディスクの書き込みや読み込みを安定動作で行います。

機能比較表

BDR-S13J-X BDR-S13JBK BDR-213JBK
Ultra HD Blu-ray対応
再生ソフトなし
M-DISC対応
CD-DA(CDオーディオ)ディスク品質チェック機能 × ×
PureRead 4+
PureRead 3+
「カスタムエコ機能」
ディスク情報表示
「おまかせ設定」
「防塵・静音フロントベゼル」 ×
「アドバンスハニカム放熱静音ケース」 ×
「高品位ローディングメカニズム及び防振塗装」 × ×
「外装特殊防振放熱塗装」 × ×
「低ノイズ電解コンデンサ」 × ×
「低抵抗フラットケーブル」 × ×
「防振クッション・防振ゴム」 × ×
「国内メーカー製ローディングモーター」 × ×
「銅メッキネジ」 × ×
ドライブユーティリティ
「静音・防塵メカニズム」
PEAK POWER REDUCER
BDXL対応
BD最適倍速記録機能 ×
最適記録ストラテジー予測アルゴリズム
記録面重視モード ×
CLV記録モード ×