PC・スマホ用周辺機器

Pioneer Wireless Connect の macOS Catalina対応について

2020年 1月 21日更新
2019年 12月 25日更新
2019年 11月 21日

macOS Catalina(最新OS)環境におきまして、以下の症状が確認されております。

  1. 本アプリケーション上でUSB機器の切断を行うと、「不正な取り外しがされました」の表示が出る。
  2. 本アプリケーションの「設定」画面を開き、「OK」「キャンセル」どちらをクリックしてもアプリが不正終了する。(ただし、設定変更を行った内容は反映されます。)
  3. 下記の「対象機器」にUSB接続した光ディスクドライブとMacをワイヤレス接続し、光ディスクドライブで 音楽CDを再生させると楽曲が途切れることがある。(ただしMacへの音楽CD取り込みは正常に行えます。)

現在、対応につき検討を行っております。対応内容が確定しましたら、本ページにてお知らせさせていただきます。

2020年1月21日更新
Mac用アプリケーション「Pioneer Wireless Connect」Ver.2.0.5にて上記1. 2. について対応しました。

上記3. につきましては、OS仕様変更による影響が大きく、対応が難しいことがわかりました。
お客様のご期待に添えず大変申し訳ございませんが、macOS Catalinaでは上記3. の内容を対応不可とさせていただきます。

macOS Catalinaで本アプリケーションをお使いの場合には、上記の内容をご確認の上、Ver.2.0.5以降にアップデートしていただくようお願いいたします。

対象機器
APS-WF02Jシリーズ(ワイヤレスユニット)、APS-WF01J-2, APS-WF01J(ワイヤレスドック)、BDR-WFS05J(ワイヤレスドライブ)