pioneer

お客様の使い方にあわせ、時代にあった新しいBDドライブの開発【Ⅰ】 新時代のBDドライブを目指して。

新たなBDドライブの開発に着手

その時代時代でできることはすべて盛りこもうと開発を続けているパイオニアのBDドライブ。その中でも特に、完成の域に達したともいわれるPC内蔵型ハーフハイトドライブを、これまでもお客様から声を伺って改良、熟成を続けてまいりました。そんな中、最近のアンケートや各種調査結果より、お客様の使用シーンの大きな変化に気づきました。そこで、現在までの機能・性能に加え、新たに加わったお客様の使用シーンの変化にも対応した新しいドライブの開発を行いました。

新たなBDドライブの開発に着手

お客様の使用シーンの変化

以前に比べて、光ディスクドライブを映像や音楽の再生や、映像などの書き込み用に使用いただいているお客様に加えて、長期保存的な用途での御利用や、他のドライブやプレーヤーでは読みにくくなっている古いディスクをパイオニアのドライブで再生させ、新たにBD-Rディスクにまとめて保存するなどのコレクション的な用途、また以前とは違いプリンタブルタイプのディスクのご利用が多いこと、PCに詳しくないお客様によるハイエンド機種のご購入も増えていることもわかりました。

開発目標として考えたこと。

1. 従来の各種(マニアックとも言える)機能は維持し、基本性能はさらに向上させる。
2. 反りやすいプリンタブルメディア**での性能をさらに向上させる。
3. PCに詳しくないお客様にも、より簡単ドライブの各種機能をご利用いただきやすくする。

**プリンタブルメディアは、片面に、インクジェットプリンターで印刷可能な特殊な塗装がされているディスク。熱が加わると、特殊な塗料とディスク素材の膨張率違いにより、外周に向かい反りやすくなる。プリンタブルのBD-R、DVD-R、CD-R共通の特性。

Copyright © 2022 Pioneer Corporation.
All Rights Reserved.