報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2013年 6月 13日
パイオニア株式会社

すべての2 chデジタルコンテンツ※1を192 kHz/32 bit・176.4 kHz/32 bitにアップスケールして再生可能
ESSテクノロジー社製SABRE 32 bit Ultra DAC搭載モデルなど
Class D“ダイレクト エナジーHDアンプ”搭載のAVアンプ2機種を発売

 パイオニアは、マルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現するデジタルアンプ“ダイレクト エナジーHDアンプ”と充実したネットワーク機能を搭載し、最新の4K映像、ハイレゾリューション音源の再生に対応したAVアンプ「SC-LX57」「SC-2023」を発売します。

【SC-LX57】 【SC-2023】
【SC-LX57】 【SC-2023】
商品名 型番 希望小売価格(税込) 発売時期
AVアンプ SC-LX57 187,000円 7月下旬
SC-2023 120,000円

 両モデルは、マルチチャンネル再生時でも同時ハイパワー出力が可能なデジタルアンプ“ダイレクト エナジーHDアンプ”を搭載しており、迫力のあるサラウンド再生を実現します。厳選したオーディオ用パーツの採用と、最適な回路構成により高音質化を実現し、WAVやFLACのほか、Appleロスレス、AIFFなどのハイレゾリューション音源やDSDファイルの高音質再生が可能です。4K映像信号のパススルーとSD/HDからのアップスケーリングに対応したほか、Android OS搭載のスマートフォンやタブレットからの3D/FULL-HD動画再生を可能にする最新のMHL 2.0対応端子の搭載や、iPhone 5をサポートするなど、さまざまな端末に対応しています。
 「SC-LX57」は、新機能「オーディオスケーラー」により、CDや96kHzのハイレゾリューション音源など、すべての2chデジタルコンテンツ※1を192kHz/32bit・176.4kHz/32bitにアップスケールして再生できるほか、ESSテクノロジー社製 SABRE 32bit Ultra DACの搭載により、豊かな低音再生を実現しています。

 6月13日(木)より、パイオニア プラザ銀座http://pioneer-ginza.jp/ 別ウィンドウで表示します)に、「SC-LX57」「SC-2023」を先行展示いたします。

【主な特長】

◆ デジタルアンプの音質を強化するとともに、同価格帯のクラスで最大級の同時ハイパワー出力を実現
(SC-LX57:9ch-720W 、SC-2023:7ch-630W)

◆ ESSテクノロジー社製 SABRE 32bit Ultra DACを全チャンネル(9.2ch)に採用し、クリアな中高域と豊かな低域再生を実現(SC-LX57)

◆ すべての2chデジタルコンテンツをハイレゾリューション音源クオリティー(192kHz/32bit・176.4kHz/32bit)にアップスケールして再生できる「オーディオスケーラー」機能を搭載(SC-LX57)

◆ 多様な機器との接続に対応
iPad/iPhone/iPod touch/iPod nano接続、MHL 2.0 端子、HDMI端子(SC-LX57:9入力/3出力、SC-2023:8入力/2出力)のほか、AirPlayや無線接続※2にも対応

◆ 4K Ultra HDのパススルーとSD/HDからの4Kアップスケーリングに対応

◆ 新インターフェースを採用したコントロールアプリケーション“iControlAV2013”で快適な操作が可能

◆ ピークボリュームをリアルタイムに分析・調整し、再生時の消費電力を抑える「ECOモード」を搭載

1 ) Class D“ダイレクト エナジーHDアンプ”の搭載により、高音質・高出力を実現

  • “ダイレクト エナジーHDアンプ”の搭載により、マルチチャンネル同時駆動時にハイパワー出力を実現(SC-LX57:9ch-720W、SC-2023:7ch-630W) 。
  • リード線などを排除したダイレクト構造のパワー素子“Direct Power FET”やシンプルな回路構成などにより、ノイズを抑えた信号伝達と高効率駆動による省電力を実現するとともに、音のばらつきや信号劣化の要因を排除。
  • アンプ部の入口から出口までの信号伝達回路構成を最適化するとともに、厳選したオーディオ用パーツを使用することでノイズを抑え、繊細な音までも再現。
  • “ダイレクト エナジーHDアンプ”の高効率駆動により、スピーカーのインピーダンスに幅広く対応(4Ω~16Ω)。また、特別な設定や切り替えをすることなく、さまざまなスピーカーとの接続が可能。

2 ) 豊かな低音と繊細な音を再生する高音質設計

  • ハイエンドオーディオ機器に搭載されているESSテクノロジー社製のSABRE 32bit Ultra DACを全チャンネル(9.2ch)に採用し、豊かな低音再生を実現。(SC-LX57)
  • 「アドバンスド クリーングランド思想」による設計で、すべての回路のグランド(基準)を1点アースとして安定動作させ、接続機器からのノイズを低減することで、映像・音声信号の忠実な出力を実現。
  • 筐体内のメインシャーシ部とパワーアンプ専用シャーシ部に、絶縁二重構造の“インシュレーテッド・デュアルシャーシ”を採用して、回路間の相互干渉を排除するとともに、デジタル回路、アナログ回路、パワー部の電源を完全に分離することで音質を向上。

3 ) 高音質再生を実現するさまざまな機能を搭載

  • 「オーディオスケーラー」機能(SC-LX57)
    「Hi-bit 32 Audio Processing」、「Up-Sampling」、「Digital Filter」の3機能を組み合わせることで、CDやファイルミュージックなどのすべての2chデジタルコンテンツ※1を、ハイレゾリューション音源のクオリティー(192kHz/32bit・176.4kHz /32bit)にアップスケールして再生可能。
  • 多彩なハイレゾリューション音源の再生をサポート
    DSDファイル5.6/2.8MHzの再生や、DSPを通さずに音源のクオリティーをそのまま再生する「DSDダイレクト再生」に対応(SC-2023は2.8MHzまで。ダイレクト再生には非対応)。また、WAV、FLAC、AIFF 192kHz/24bit、Appleロスレスなどのハイレゾリューション音源の再生や、曲間の無音部分(ギャップ)をスキップして再生するギャップレス再生にも対応。
  • 「オートフェイズコントロールプラス」
    マルチチャンネルコンテンツ再生時に、ソースに由来する低音(LFE成分)のズレを全自動でリアルタイムに補正することで、豊かでキレのある低音と中高域をクリアに再生し、チャンネル間の自然な音のつながりを実現。専用アプリケーション“iControlAV2013”を使って、低音の微調整も可能。
  • 「フルバンドフェイズコントロール」(SC-LX57)
    スピーカーシステム内で発生する低音と高音の時間的なズレや、チャンネル間で異なる位相特性を、AVアンプ側で測定し、接続しているスピーカーすべての位相をそろえることで、明確な音像定位と優れた音場の広がりを実現。
  • 「Hi-bit Audio Processing」
    「SC-LX57」は、音声信号の解像度を32bitまで拡張処理する「Hi-bit 32 Audio Processing」により、CDをはじめ、Appleロスレス、AIFF、FLAC、WAVなどのファイル音源やBDなどのロスレスコンテンツ(32bit/96kHzまでの音源に対応)の音質を向上。
    「SC-2023」は、音声信号の解像度を24bitまで拡張処理する「Hi-bit 24 Audio Processing」により、CDや圧縮されたファイルミュージック音源(24bit/48kHzまでの音源に対応)の音質を向上。
  • DTS社のマトリクスサラウンド技術「DTS Neo:X」
    2ch、5.1ch、7.1chで収録されたソースをスピーカーシステムに合わせて9.1ch(SC-2023は7.1ch)に拡張して再生することができる、DTS社のマトリクスサラウンド技術「DTS Neo:X」(SC-2023は「DTS Neo:X 7.1」)に対応。

4 ) 高画質再生を実現するさまざまな機能を搭載

  • 入力された4K映像信号を、さまざまな回路を通さずにダイレクトに伝送する「4Kパススルー」機能と、SD/HD映像を4Kクオリティーまで持ち上げる「4Kアップスケーリング」機能の搭載により、高精細な映像再生を実現。
  • フィルムの質感を忠実に再現する「P.C.24p (Precise Conversion for 24p)」機能を搭載し、市販のDVDのほか、録画したディスクも1080/24p出力が可能。
  • 4K映像やハイビジョン映像のノイズを軽減する「トリプルHDノイズリダクション」機能を搭載。
  • 接続するディスプレイの特性やディスプレイとの視聴距離に合わせて、色調やコントラスト、ディテール感などを自動的に調整する「アドバンスド ビデオアジャスト」機能を搭載。
  • 転送レートの低い動画を再生する際に発生する色ムラ、ブロックノイズ、歪みを低減する「ストリームスムーサー」機能を搭載。
  • 高画質な4K映像をゾーンルームでも楽しめる「HDゾーン(HDMIゾーン出力)」機能を搭載。

5 ) 充実したネットワーク機能と多彩なスマートフォン連携

  • AirPlayに対応し、iPad/iPhone/iPod touchやMac/PC内のiTunesライブラリ※3の音楽コンテンツをネットワーク経由で再生可能。
  • iPhone 5/iPad miniからのLightningコネクタ経由のデジタル伝送に対応し、高音質再生が可能。iPadとの接続や充電にも対応。
  • Android端末内の3D動画、フルHD動画、最大7.1ch マルチチャンネル音源を、本機と接続したテレビの大画面で楽しめる、最新のMHL 2.0に対応した入力端子を前面パネルに装備。
  • DLNA1.5に準拠し、PCやNAS(DLNA対応サーバー)の音楽ファイルを有線・無線LAN※4のネットワーク経由で再生可能。Windows 8に対応しており、Windows 8のモダンUIアプリケーションから「リモート再生(Play To)」や、インターネットラジオのポータルサイト“vTuner”を使って、世界中の放送局へのアクセスが可能※5

6 ) オリジナルアプリケーションにより快適操作を実現

  • 専用アプリケーション“iControlAV2013”をインストールしたiPad/iPhone/iPod touchから本機の操作が可能※6。端末内の音楽コンテンツをワイヤレス再生できる「プッシュプレーヤー」機能に加え、AVアンプの再生状態をリストとビジュアルで確認できる「ステータスビュア」と、エコモードやスタンバイモードなど省電力設定を簡単に行える「ECOマネージャー」を搭載。(Android OS版もご用意しています。)
  • Mac/PC、iPadを使って、AVアンプの接続設定や操作を分かりやすくサポートする“AVナビゲーター2013”に対応。
  • 複数台のiPad/iPhone/iPod touch内の楽曲情報を共有して再生できる専用アプリケーション“Air Jam”に対応※7。(Android OS版もご用意しています。)

7 ) 環境に配慮した仕様

  • コンテンツ再生時のピークボリュームを分析・調整して消費電力を抑える「ECOモード」を搭載。
  • スタンバイ時の消費電力を抑え、クラス最高水準の0.1Wを実現。
  • 本体の電源を入れなくても、HDMI入力を切り替えられる「HDMIスタンバイスイッチング」機能を搭載。
  • 「オートパワーオフ」機能を搭載。

8 ) その他の特長

  • テレビの画面で操作状況を確認できる「シンプルオーバ-レイ」機能を搭載。
  • テレビ放送の圧縮音源を高音質化する「オートサウンドレトリバー for TV」機能を搭載。
  • 3D映像伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)機能など、最新のHDMI®規格対応端子を搭載。
  • バイアンプ接続に対応。(SC-LX57:フロント、センター、サラウンド/SC-2023:フロント)
  • 「バーチャルサラウンドバック」、「バーチャルハイト」、「バーチャルワイド」を同時に動作させることで、5.2chスピーカーシステムを最大11.2chの仮想音場として再生できる「バーチャルスピーカーズ」機能を搭載。
  • 「ドルビーTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」に対応した高性能デコーダーを搭載。
  • THX社の最新サラウンド方式「THX Select2 Plus」に準拠。(SC-LX57)
  • 他の部屋で映像や音楽が楽しめる「サブゾーンルーム」機能を搭載。
※1 6月13日時点、パイオニア調べ。
※2 Bluetooth®接続するには、別売のBluetoothアダプター「AS-BT200」(オープン価格)が必要です。ワイヤレスLAN接続するにはWireless LAN コンバーター「AS-WL-300」(オープン価格)が必要です。
※3 iTunes 10.1以降のバージョンであることが必要です。またAirPlayは、iOS 4.3.3以降のiPhone、iPad、iPod touch、OS X Mountain Lion搭載のMac、およびiTunes 10.2.2以降を搭載したMacまたはPCからの音声ストリーミングに対応しています。対応機種や対応OSなどの詳細情報はパイオニアホームページ(http://pioneer.jp)をご確認ください。
※4 無線LANによるネットワーク環境が整っていることが必要です。AVアンプ本体の接続には、別売の無線LANコンバーター「AS-WL300」(オープン価格)をお使いください。
※5 インターネットサービスを提供しているプロバイダーとの契約が必要です。
※6 Wi-Fi規格に対応した無線LANのネットワーク環境が整っていることが必要です。
※7 別売のBluetoothアダプター「AS-BT200」(オープン価格)が必要です。
* 「Made for iPod」、「Made for iPhone」および「Made for iPad」とは、それぞれiPod、iPhoneあるいはiPad専用に接続するよう設計 され、Apple社が定める性能基準を満たしているとデベロッパーによって認定された電子アクセサリーであることを示します。Apple社は、本製品の機能および安全および規格への適合について一切の責任を負いません。このアクセサリーをiPod、iPhoneあるいはiPadと使用することにより、無線の性能に影響を及ぼす可能性がありますのでご注意ください。
* Apple、AirPlay、iPad、iPod、iPod touch、iTunesおよびMacは米国および他の国々で登録された Apple Inc.の商標です。AirPlayロゴは、Apple Inc.の商標です。
* HDMIは、HDMI Licensing, LLCの米国その他の国々における商標または登録商標です。
* MHLおよびMobile High-Definition Linkという用語は、MHL, LLCの米国および他の国々における商標または登録商標です。
* DLNAは、Digital Living Network Allianceの商標です。
* Windowsは、Microsoftグループ企業の商標または登録商標です。
* Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パイオニア株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。
* SABRE DAC は、ESS Technology社の登録商標です。
* THX、THX Ultra2 Plus及びTHX Select2 Plusは、THX社の登録商標または商標です。
* ドルビーはドルビーラボラトリーズの登録商標です。
* DTS、DTS-HD、記号、およびDTSまたはDTS-HDと記号の組み合わせはDTS社の登録商標です。 © DTS社 不許複製。
* AndroidはGoogle Inc. の登録商標です。
* iOSは、USその他の国でシスコが商標登録を有する商標です。
* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。

【主な仕様】

型 番 SC-LX57 SC-2023
■オーディオ特性
定格出力
(マルチチャンネル同時駆動時)
Total 720 W
(1 kHz、THD 1 %、8 Ω、9 ch)
Total 630 W
(1 kHz、THD 1 %、8 Ω、7 ch)
定格出力
(1 kHz、THD 1 %、4 Ω、2 ch)/
(1 kHz、THD 1 %、6 Ω、2 ch)
フロント:210 W+210 W/170 W+170 W
センター:210 W/170 W
サラウンド:210 W+210 W/170 W+170 W
サラウンドバック:
210 W+210 W/170 W+170 W
フロントハイト/フロントワイド:
210 W+210 W/170 W+170 W
フロント:210 W+210 W/170 W+170 W
センター:210 W/170 W
サラウンド:210 W+210 W/170 W+170 W
サラウンドバック:
210 W+210 W/170 W+170 W
実用最大出力
(JEITA、4 Ω、1 ch駆動時)
310 W/ch
ライン入力S/N比 101 dB
対応スピーカー 4 Ω~16 Ω (設定切替:不要)
■HDMI入力/出力端子 9 入力(リア:8、フロント:1)/
3 出力(同時出力可)
8 入力(リア:7、フロント:1)/
2 出力
■MHL入力端子 1系統(フロントHDMI入力5 兼用) 1系統(フロントHDMI入力5 兼用)
■音声入力端子
デジタル 光 2系統、 同軸 2系統
アナログ(オーディオ) 1系統
アナログ(AV) 4系統
■映像入力端子
コンポジット  4系統
コンポーネント  2系統
■音声出力端子
プリアウト 9.1 ch (端子数 11.2 ch) 7.1 ch (端子数 9.2 ch、
フロントハイト⇔フロントワイド選択)
デジタル 光 1系統 -
アナログ(AV) 1 系統
マルチゾーン用 2系統(Zone 2用:1 / Zone 3用:1)
マルチゾーン用
サブウーファー出力
Zone 2用: 1系統
■映像出力端子
コンポジット 1 系統(モニター出力)
コンポーネント 1 系統(モニター出力)
マルチゾーン用 Zone 2用:コンポジット 1系統
HDZONE用:HDMI out 1系統
■その他端子
USB入力端子 フロント 1 系統(iPod/iPhone/iPad Digital入力対応)
(+iPod/iPhone/iPad専用コンポジット動画入力端子)
リア 1 系統(ワイヤレスコンバーター「AS-WL300」電源供給専用)
IR入出力 2入力/ 1出力 1入力/ 1出力
12 Vトリガー出力  2系統 (計MAX150 mA)
RS-232C端子  1系統
ADAPTER PORT
(Bluetooth®対応)
 1入力
LAN端子
(10BASE-T/100BASE-TX)
 1系統
■その他
外形寸法 (W)×(H)×(D) 435 mm × 185 mm × 441 mm
本体重量  15.3 kg 14.7 kg
消費電力  330 W 290 W
待機時消費電力 0.1 W (HDMI®によるコントロール:OFF時)

報道資料

キーワードで探す

年月で探す