pioneer

DM for Archive

DM for Archive ISO/IEC 18630、JIS X6257に準拠した100年以上の長期保存を実現 DM for Archive ISO/IEC 18630、JIS X6257に準拠した100年以上の長期保存を実現

DM(Defect Management) for Archiveとは

DM(Defect Management) for Archiveとは

代替記録 (イメージ)

DM for Archiveとは、ブルーレイに標準搭載された代替処理機能(DM) をISO/IEC 18630、JIS X6257に準拠するレベルに引き上げることで、対応ディスクにおいて100年以上のデータ長期保存を可能にした仕組みのことです。DM for Archive記録時は“記録”と“記録品質確認”を一連の動作で実行します。この記録品質確認で、ISO/IEC 18630、JIS X6257の品質基準を満たさないと判断した場合、予め確保しておいた代替エリアに代替記録されます。この代替記録により、ISO/IEC 18630、JIS X6257に準拠する記録を確実なものとしています。

DM for Archiveに対応したドライブでDM for Archive記録可能なライティングアプリを使用し、DM for Archive対応ディスクに記録することで、ISO/IEC 18630、JIS X6257規格に準拠した高品質記録が容易に実現できます。
DM for Archiveに対応したドライブとディスクには下記のようなロゴマークが表示されます。

※ISO/IEC 16963準拠の寿命推定試験において、100年以上の推定寿命が確認されております。DM for ArchiveによるISO/IEC 18630、JIS X6257規格準拠

DM for ArchiveによるISO/IEC 18630、JIS X6257規格準拠

DM for Archiveロゴ

DM for Archiveロゴ

  • ※ISO/IEC 16963準拠の寿命推定試験において、100年以上の推定寿命が確認されております。

DM for Archiveの活用事例

DM for Archiveに対応したドライブとディスク、ライティングアプリにより、長期保存に必要な高品質記録が可能なため、法定文書をはじめとする大切なデータの保存に最適です。

法定保存文書例:
会計帳簿、取引証憑、決算書類、源泉徴収関連書類、株主総会等会議議事録、税務関連書類、人事関連書類など

その他の保存データ例:
家族や趣味などの大切な写真・動画、イラストや映像・音楽などの作品データ、2D/3D図面データ、プログラムデータなど

法定文書の保存に最適 100年以上の長期保存※が可能なISO/IEC 18630、JIS X6257準拠モデル

ISO/IEC 18630、JIS X6257(長期データ保存用光ディスクの品質判別方法及び長期保存システムの運用方法)とは

ISO/IEC 18630、JIS X6257とは、光ディスク媒体および光ディスクドライブを適切に使用して長期間デジタルデータを保存するための光ディスクの品質判別方法およびデータの長期保存システムの運用方法が規定されているJIS規格です。

データ保存システムユーザーは、この規格によって情報保存用の追記型(レコーダブル)光ディスクを使用する保存システムを構築できます。
初期品質検査を基準にして十分な寿命をもつことが期待できる光ディスクを選択できます。また、定期品質検査によって継続的に光ディスクの劣化の程度(データ復元の可能性)を監視できます。

製造者は、データ保存用の追記型光ディスクを使用するデータ保存システムを構築するための、光ディスクとドライブを供給できます。

JIS X6257(長期データ保存用光ディスクの品質判別方法及び長期保存システムの運用方法)の詳細はこちら

JIIMA アーカイブ用光ディスク製品認証制度とは

アーカイブ用光ディスク製品認証制度は、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が、アーカイブ用光ディスク製品の品質の高さを認証する制度です。この認証を取得した製品を使うことで高品質な光ディスクによる長期保存が期待できます。

光ディスクは、一般的に他の電子記録媒体に比べて長期間に渡る記録保存が可能な媒体特性も持っています。しかしアーカイブ用途(電子データを30年以上保存する)に用いる場合は、より信頼性の高いディスクに対し、信頼できる方法で記録する必要があります。
JIIMAでは、光ディスクとドライブの組み合わせを検証し、十分な品質を確保できる組み合わせについて認証しています。

認証を受けたディスクとドライブの組み合わせで、ディスクに記録したときの品質は、JIS X6257 の規定で定める「良好な状態」を満足します。また、ディスクはISO/IEC 16963 準拠の寿命試験で推定寿命が100 年以上あることとしています。
アーカイブ用光ディスク製品として認証した製品には、下記のようなロゴの表示を認めています。

JIIMAアーカイブ用光ディスク製品認証制度の詳細はこちら

JIIMAアーカイブ用光ディスク製品認証ロゴ

JIIMAアーカイブ用光ディスク製品認証ロゴ

※JIIMA認証ロゴは公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会によりライセンスされています。

DM for Archive対応BDドライブラインアップ

外付けモデル

法定文書の保存に最適。100年以上の長期保存が可能なISO/IEC 18630、JIS X6257準拠モデル アーカイブ用ライター BDR-WX01DM

DM for Archive対応ディスクラインアップ

パイオニア製

100年以上の長期保存が可能なISO/IEC 18630、JIS X6257準拠ブルーレイディスク DM for Archive対応BD-R 25GB IPS-BD11Jシリーズ 1回記録 / 1-6倍速 / 地上デジタル180分

Copyright © 2024 Pioneer Corporation.
All Rights Reserved.