pioneer

Sound Tune

Android でのご利用方法

Sound Tune App

ご利用方法

ご覧になりたい項目を選択してください

画面構成
ライブラリ

画面下部のメニューから「Library」「Boost」「EQ」「Effect」「Proessor」をタップして様々な操作が行えます。

ライブラリ:スマホ内の楽曲を再生します。

Libraryボタン

再生するプレイリストを選択します。

プレイリスト選択

再生する楽曲、アルバム、アーティスト、プレイリストを選択します。

楽曲選択表示

再生中の曲が表示されます。

楽曲再生画面

再生中の楽曲を操作することが出来ます。

ライブラリ画面の設定ボタンから各種設定情報を確認できます。

Library画面:設定ボタン

カーオーディオ商品

Pioneerの公式サイトを表示します。

よくある質問

Sound Tuneのサポートサイトを表示します。

診断情報の送信

(現在は、動作しません)

使用許諾契約

エンドユーザライセンス契約を表示します。

使用上の注意

使用上の注意を表示します。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーを表示します。
Super "Todoroki"

Super "Todoroki" sound:楽曲の低音の迫力・アタック感を増強します。

※Super "Todoroki" soundはスマートフォンモード、カーステレオモード時のみ有効です。

Boostボタン

再生中の楽曲の低音の迫力・アタック感を増強します。

ブーストレベル選択

「OFF」「LOW」「HIGH」から自分好みの効果量を選択することが出来ます。
EQ

EQ:イコライザーを設定します。

EQボタン

イコライザーを設定します。

曲調選択エリア

「SUPER BASS」「POWERFUL」「NATURAL」「VOCAL」から自分好みのをイコライザー設定を選択します。

イコライザー選択エリア

「FLAT」「カスタムA」「カスタムB」から自分好みのイコライザーカーブを選択します。

編集ボタン

「カスタムA」「カスタムB」を選択中の場合、編集画面に遷移します。

カスタムEQ編集画面:カスタムイコライザーカーブを編集します。

カスタムエリア

イコライザーカーブを指でなぞり、自分の好きなようにカスタマイズができます。
↓
→

微調整ボタン

特定のポイントを選択し、微調整を行うことができます。
↓
→

ポイントの移動

特定のポイントも変更可能。
↓
→

カスタム表示の切り替え

対象楽曲の「カスタムA」と「カスタムB」を切り替えることが出来ます。
↓
←→

コピー

表示されているイコライザーカーブをコピーします。(画面はカスタムAをコピーしています。)
↓
→

ペースト

コピーしたイコライザーカーブをペーストします。(画面はカスタムBにペーストしています。)
↓
→

リセット

編集したイコライザーカーブをリセットします。(画面はカスタムBをリセットしています。)

編集表示エリア

編集するエリアを拡大・縮小すること出来ます。
↓
→

バンド編集

編集中のイコライザーのバンド数を表示します。
↓
→

バンド選択

編集中のイコライザーのバンド数を変更します。
Live Simulation

Live Simulation:楽曲の臨場感を変更する

※Live Simulationはスマートフォンモード、カーステレオモード時のみ有効です。

Effectボタン

再生中の楽曲にコンサート会場の臨場感を追加することが出来ます。

Live Simulation選択エリア

「ドーム」「野外フェス」「ライブハウス」「ミュージックバー」から自分好みの臨場感を選択します。

サウンドエフェクト

再生中の楽曲に拍手・歓声を追加します。
※サウンドエフェクトはスマートフォンモード時のみ有効です。
Processor (サウンドプロセッサと接続していない場合)

Processorボタン

DEQ-1000AおよびDEQ-1000A-MZと連動して音楽を楽しむことが出来ます。

オーディオ出力先設定

現在切り替え可能な出力先に変更します。

連動ボタン

サウンドプロセッサの設定が可能です。

音量ボタン

Sound Tuneで再生中の楽曲のボリュームを調整出来ます。

Sound Processor

DEQ-1000AおよびDEQ-1000A-MZの製品ページへ移動します。

サウンドプロセッサの設定

サウンドプロセッサの設定へ移動します。
Processor (サウンドプロセッサと接続している場合)

Processorボタン

DEQ-1000AおよびDEQ-1000A-MZと連動して音楽を楽しむことが出来ます。

モード選択

「カーステレオモード」「スルーモード」「スマートフォンモード」「ミックスモード」を選択することが出来ます。

カーステレオモード:カーステレオの楽曲にオーディオ機能を付加して再生することが可能です。
スルーモード:カーステレオの楽曲を再生することができます。
※Super"Todoroki" Sound・LiveSimulation・31BAND EQは使用できません。
画像と音声がずれる時などにお使いください。
スマートフォンモード:スマートフォンの楽曲を再生することができます。
ミックスモード:カーステレオのナビ音声などを出力したい時にお使いください。

※一部の画面サイズの小さなスマートフォンをお使いの場合、画面デザインが異なります。

ソースレベルアジャスター

モードごとの音量補正値を設定することが出来ます。

表示切替

「ソースレベルアジャスター」「主音量」を切替えることが出来ます。

メニュー項目

「サウンドプロセッサの設定」「接続のリセット」「USBモードの切り替え」「プロセッサ接続時の音量制限」を選択することが出来ます。

「サウンドプロセッサの設定」を選択した場合、車種別チューニングに移動します。

「プロセッサ接続時の音量制限」

製品との再接続時に意図しない大音量を防ぐための機能です。
有効にする(初期設定):製品との再接続時に大音量の場合、音量の制限を行います。
無効にする:音量の制限を行いません。
※無効にした場合、意図しない大音量となる場合がありますのでご注意ください。
DEQ-1000A

車の情報登録

「メーカー名」「車種名」「製造年」「ハンドル位置」を設定し、「登録」を押して車の情報を登録します。

設定データ:登録した車種の設定データが確認できます。

Pioneer Audio Processorデータ

現在DEQ-1000AもしくはDEQ-1000A-MZに設定されているデータです。
DEQ-1000A/DEQ-1000A-MZと接続している状態で、こちらのデータを編集すると、自動的に反映されます。

その他のデータ

DEQ-1000A/DEQ-1000A-MZと接続している状態で、こちらのデータを編集しても、自動的に反映されません。
編集結果を反映するときは右下のボタンを押してください。

登録した車種の設定データの登録・確認ができます。

※各項目については、「設定データ登録・その他」を参照ください。
DEQ-1000A-MZ

車種選択

リストから車種を選択することが出来ます。
該当車種が無い場合は、その他の車種から登録が出来ます。

製造年ボタン

該当の車の製造年を登録します。

登録ボタン

全ての項目が記載されると選択することが出来ます。

スピーカ一覧

利用するスピーカを選択することが出来ます。

純正スピーカー用:スピーカーシステムを変更していない場合のセッティングです。
カロッツェリアスピーカー用:スピーカーシステムをカロッツェリアスピーカーに変更した場合のセッティングです。
スルーデータ:DEQ-1000A-MZで調整をしていない音が再生されます。
純正スピーカー用・カロッツェリアスピーカー用のセッティングとのON/OFF切り替え試聴が可能です。

フェーダー/バランス

フェーダーとバランスを調整することが出来ます。
※編集方法については、「サウンドプロセッサ:フェーダ/バランス」を参照。

高度な設定

車内の設定をすることが出来ます。
※編集方法については、「サウンドプロセッサ:高度な設定」を参照。

同期ボタン

プロセッサと同期することが出来ます。

登録車種リスト

MAZDA車は赤い帯で表示されます。
ソースキャリブレーション(DEQ-1000Aのみ)

DEQ-1000Aを接続しているカーステレオの出力を調整します。

プロセッサEQ

カスタム

カスタムAまたはカスタムBを選択することが出来ます。

編集

カスタムAまたはカスタムBを編集することが出来ます。
※編集方法については、「カスタムEQ編集画面」を参照してください。
フェーダー/バランス

ポイントの移動

ポイントを指でなぞることにより、移動することが出来ます。

ポイントの移動

ポイントを指でなぞることにより、移動することが出来ます。

設定編集

「CENTER」「FRONT」「LEFT」「RIGHT」「REAR」を選択し、任意にポイントを設定することが出来ます。

設定編集

「CENTER」「FRONT」「LEFT」「RIGHT」「REAR」を選択し、任意にポイントを設定することが出来ます。
高度な設定

※DEQ-1000A-MZは、SWchのみ高度な設定の調整が可能です

オーバービュー

設定情報が表示されます。

編集ボタン

「スピーカー出力レベル」「タイムアライメント」「カットオフフィルタ」「スピーカーレイアウト」を編集することが出来ます。

編集モード

スピーカの位置をタップして編集することが出来ます。

編集モード

スピーカの位置をタップして編集することが出来ます。

スピーカー出力レベル

スピーカ出力レベル画面でスピーカを選択すると接続しているスピーカーの出力レベルを独立して編集することが出来ます。

スピーカー出力レベル

スピーカ出力レベル画面でスピーカを選択すると接続しているスピーカーの出力レベルを独立して編集することが出来ます。

編集画面のスピーカの位置を選択することで、該当のスピーカ出力レベルを編集することが出来ます。

編集画面のスピーカの位置を選択することで、該当のスピーカ出力レベルを編集することが出来ます。

編集したスピーカ出力レベルをコピー&ペーストで別のスピーカに設定することが出来ます。

編集したスピーカ出力レベルをコピー&ペーストで別のスピーカに設定することが出来ます。

タイムアライメント

「プリセット」ではプリセットのタイムアライメント設定を選択します。
「プリセット」では詳細設定画面でリスニングポジションの選択が可能です。
「手動」ではスピーカ毎にタイムアライメントの設定を行うことが出来ます。

タイムアライメント

「プリセット」ではプリセットのタイムアライメント設定を選択します。
「プリセット」では詳細設定画面でリスニングポジションの選択が可能です。
「手動」ではスピーカ毎にタイムアライメントの設定を行うことが出来ます。

編集した値をコピー&ペーストで別のスピーカに設定することが出来ます。

編集した値をコピー&ペーストで別のスピーカに設定することが出来ます。

フィルター:スタンダード

「フロント」「リア」「サブウーファー」(ネットワークモードの場合は「High」「Mid」「サブウーファ」)のカットオフ周波数、スロープの設定をすることが出来ます。

サブウーファーでは「ノーマル」「リバース」を選択することが出来ます。

フィルター:スタンダード

「フロント」「リア」「サブウーファー」(ネットワークモードの場合は「High」「Mid」「サブウーファ」)のカットオフ周波数、スロープの設定をすることが出来ます。

フィルター:スタンダード

「フロント」「リア」「サブウーファー」(ネットワークモードの場合は「High」「Mid」「サブウーファ」)のカットオフ周波数、スロープの設定をすることが出来ます。
フィルター設定は、端末を横画面にして使用することが出来ます。ポイントを指でなぞることで設定することが出来ます。
↓
→

フィルター:ネットワーク

「フロント」「リア」「サブウーファー」(ネットワークモードの場合は「High」「Mid」「サブウーファー」)のカットオフ周波数、スロープの設定をすることが出来ます。

フィルター:ネットワーク

「フロント」「リア」「サブウーファー」(ネットワークモードの場合は「High」「Mid」「サブウーファー」)のカットオフ周波数、スロープの設定をすることが出来ます。
フィルター設定は、端末を横画面にして使用することが出来ます。ポイントを指でなぞることで設定することが出来ます。
↓
→

スピーカレイアウト

スピーカのレイアウトを設定することができます。

スピーカレイアウト

スピーカのレイアウトを設定することができます。
設定データの作成

新規登録ボタン

設定データ画面から新規のデータを作成します。

新規登録ボタン

設定データ画面から新規のデータを作成します。

スピーカモード(DEQ-1000A-MZでは設定できません)

「スタンダード」「ネットワーク」から選択します。
※スピーカーモードを変更した際は、DEQ-1000A本体のスピーカーモードSWを切り替える必要があります。
詳しくはDEQ-1000Aの取り扱い説明書をご覧ください。

スピーカモード(DEQ-1000A-MZでは設定できません)

「スタンダード」「ネットワーク」から選択します。
※スピーカーモードを変更した際は、DEQ-1000A本体のスピーカーモードSWを切り替える必要があります。
詳しくはDEQ-1000Aの取り扱い説明書をご覧ください。

スピーカレイアウト

スピーカのレイアウトを設定することができます。

スピーカレイアウト

ご使用のスピーカーレイアウトを選択してください。

スタンダードモードの場合

フロント
フロント
フロント+リア
フロント+リア
フロント+リア+サブウーファー
フロント+リア+サブウーファー
フロント+サブウーファー(リアサブウーファー接続)
※リアスピーカーリード線をサブウーファーに接続してください。詳しい接続方法はDEQ-1000Aの取り扱い説明書をご覧ください。
フロント+サブウーファー (リアサブウーファー接続)
※リアスピーカーリード線をサブウーファーに接続してください。詳しい接続方法はDEQ-1000Aの取り扱い説明書をご覧ください。
フロント+サブウーファー (サブウーファー外部アンプ接続)
※サブウーファー用外部アンプ(別売)を使用し、RCAケーブルで接続ください。詳しい接続方法はDEQ-1000Aの取り扱い説明書をご覧ください。
フロント+サブウーファー (サブウーファー外部アンプ接続)
※サブウーファー用外部アンプ(別売)を使用し、RCAケーブルで接続ください。詳しい接続方法はDEQ-1000Aの取り扱い説明書をご覧ください。

ネットワークモードの場合

ハイレンジ+ミッドレンジ
ハイレンジ+ミッドレンジ
ハイレンジ+ミッドレンジ+サブウーファー
ハイレンジ+ミッドレンジ+サブウーファー
登録車種リスト

登録車種リストボタン

登録車種リストに移動します。

フィルタボタン

「メーカー」「車種」「製造年」「ハンドル」のいずれかを選択し該当のリストを表示することが出来ます。

登録リスト一覧

②に該当する車種の一覧が表示されます。

新規車種登録ボタン

車種を新規に登録することが出来ます。

完了ボタン

選択した車種の設定データを表示します。

編集ボタン

車種リストの編集をすることが出来ます。

選択ボタン

編集したい車種を選択することが出来ます。

全選択ボタン

全ての車種を選択することが出来ます。

削除ボタン

選択されている車種を削除することが出来ます。
設定データのexport

登録車種リスト画面から、作成した設定データの他スマートフォンへの共有ができます。

exportボタン

車種リストをexportします

exportボタン

車種リストをexportします

ツール選択

exportするツールを選択します。

ツール選択

exportするツールを選択します。
設定データのimport

他スマートフォンからのexportデータの反映ができます。

ファイル選択

importするファイルを選択します。

ファイル選択

importするファイルを選択します。

Sound Tuneを選択

Sound Tuneを選択します。

Sound Tuneを選択

Sound Tuneを選択します。

Sound Tuneに表示

車種リストに追加されます。

Sound Tuneに表示

車種リストに追加されます。

Copyright © 2022 Pioneer Corporation.
All Rights Reserved.