ブルーレイドライブ

【BDR-X13JBK】パイオニア独自技術により信頼性とBD-R 16倍速記録を両立したスタンダードモデル

BDR-X13JBKの主な仕様

サポートメディアの詳細については、こちらをご確認ください。

記録ディスク
BD BD-R、BD-R DL、BD-R TL、BD-R QL、BD-RE、BD-RE DL、BD-RE TL、BD-R LTH、M-DISC(BD)SL、M-DISC(BD)DL、M-DISC(BD)TL
DVD DVD-R※1、DVD-R DL、DVD-RW、DVD+R、DVD+R DL、DVD+RW、HighSpeed DVD+RW、DVD-RAM※2、M-DISC(DVD)
CD CD-R、UltraSpeed+CD-RW、UltraSpeed CD-RW、HighSpeed CD-RW、CD-RW
再生ディスク(対応フォーマット)
BD BD-ROM、BD-ROM DL、BD-R、BD-R DL、BD-R TL、BD-R QL、BD-RE、BD-RE DL、BD-RE TL、BD-R LTH、M-DISC(BD)SL、M-DISC(BD)DL、M-DISC(BD)TL
DVD DVD-ROM、DVD-ROM DL、DVD-Video、DVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD+R、DVD+R DL、DVD+RW、DVD-RAM※2、M-DISC(DVD)
CD CD-ROM、CD-ROM XA、Photo CD、Video CD、CD-DA※3、CD-Extra、CD-Text、CD-R、CD-RW
インターフェース
USB 3.2 Gen1/2.0
書き込み速度※4
BD -R 16X※5、12X、10X、8X、6X、4X、2X
-R DL 14X、12X、10X、8X、6X、4X、2X
-R(LTH) 8X、6X、4X、2X
-R TL 8X、6X、4X、2X
-R QL 6X、4X、2X
-RE / DL / TL 2X
M-DISC(BD)SL 6X、4X、2X
M-DISC(BD)DL 8X、6X、4X、2X
M-DISC(BD)TL 6X、4X、2X
DVD -R 16X、12X、8X、6X、4X、2X、1X
-R DL 8X、6X、4X、2X
-RW 6X、4X、2X、1X
+R 16X、12X、8X、6X、4X、2.4X
+R DL 8X、6X、4X、2.4X
+RW 8X、6X、4X、3.3X、2.4X
-RAM 5X、3X、2X
M-DISC(DVD) 6X、4X、2X
CD -R 48X、40X、32X、24X、16X、10X、4X
-RW 24X、16X、10X、4X
読み出し速度
BD-ROM(1層ディスク) 12X
BD-ROM(2層ディスク) 8X
DVD-ROM(1層ディスク) 16X
DVD-ROM(2層ディスク) 12X
CD-ROM 48X※6
バッファーメモリサイズ
4 Mbyte
設置姿勢
横置き・縦置き※7
寸法/質量
約160 mm(W)×50 mm(H)×220 mm(D)突起部を除く、本体のみ / 約1.1 kg 本体部のみ
電源
ACアダプター(AC100 V 50 / 60 Hz)※8
  • ※1 DVD-R Version 2.0 for General への書き込みに対応しております。DVD-R For Authoring 3.95 GB、4.7 GBへの記録はできません。
  • ※2 カートリッジなしDVD-RAM Version2.0/2.1/2.2のみ対応。
    バンドルディスクの仕様によりDVD-RAMの読み込みが出来ない場合があります。
  • ※3 ニューマキシは再生できません。
  • ※4 高倍速書き込みを行うには、高倍速記録書き込み対応のメディアをご使用ください。
  • ※5 本機専用高速化フィルタードライバーのインストールが必要です。「高速化フィルタードライバー」無効時には最大16×にならない場合があります。Macをご使用の方は、インストールの必要はございません。
  • ※6 ピュアリード機能On時は読み取り精度を優先するためCDオーディオおよびCD-ROMの最大再生速度は40xとなります。ピュアリード機能は初期設定でOnとなっています。付属のパイオニアBDドライブユーティリティにより、本機能の設定が可能です。
  • ※7 縦置き使用時には、8cmディスクは使用できません(8cmディスクアダプターは使用できません)。
  • ※8 USB コネクターからの電力供給(バスパワー)では動作しません。

■Windows環境

Blu-rayディスク記録・再生時の動作環境

  • 対応OS:Windows11™、Windows 10™、Windows 8.1™ 各日本語版
    ●CPU:Core™Duo T2700/Core™2Duo E6300以上推奨
    ●メインメモリ:1 GB以上推奨
    ●ハードディスク空き容量:[記録時]25 GB以上の空き容量(50 GB以上の空き容量)[再生時]120 MB
    ●グラフィック:BD-Video映像のデジタル出力時にはHDCP対応のグラフィック機能とモニターが必要です。
  • ※推奨動作環境
  • *動作環境は必ずしも動作を保証するものではありません。

DVD/CDディスク記録・再生時の動作環境

  • 対応OS:Windows11™、Windows 10™、Windows 8.1™ 各日本語版※1
    ●CPU:Pentium III 800 MHz以上を推奨(Pentium 4 2.2 GHz以上※2
    ●メモリ:128 MB以上(256 MB以上※2
    ●ハードディスク空き容量:2 GB以上の空き容量(7 GB以上の空き容量※2
    ●モニタ解像度:1024×768、32 bit以上の表示
    ●サウンドカード:16 bit以上
    ●その他:DirectX9
    ●ビデオ入力機器(ビデオデッキ、カムコーダ)及びキャプチャーカードを別途ご用意ください。
    ●インターネット接続環境(CPRM録画されたディスクをはじめて再生する場合)。
  • ※1 Windows 8.1/10/11環境にインストールするには、コンピュータの管理者権限でログオン(インストール)する必要があります。
  • ※2 推奨動作環境
  • *付属ソフトにつきましては 動作確認はされておりますが、各ソフトのサポート状況に準じます。(詳しくは ソフトメーカーにお問い合わせください。)
  • *動作環境は必ずしも動作を保証するものではありません。

■Mac環境

対応OS:OS X 10.11(El Capitan)、macOS Sierra 10.12、macOS High Sierra 10.13、macOS Mojave 10.14、macOS Catalina 10.15、macOS Big Sur 11.0、macOS Monterey 12.0
※macOS Catalina 10.15以降のドライブユーティリティは「ドライブユーティリティLite」となります。
macOS Mojave 環境でのドライブの使用方法について

  • ※動作環境に関しては変更の可能性がございます。ご留意ください。
  • *Mac用アプリケーションソフトは付属していません。お使いの用途ごとにアプリケーションソフトをご用意ください。

DVDリージョン設定について

BDR-X13JBKのリージョンコードは“2”に初期設定されています。
リージョンコードの変更は最大4回まで可能です。
4回目の変更で最終のリージョンコードとして固定されますので変更を行う際は十分に注意してください。尚、リージョンの変更(設定)の方法や変更可能な回数はDVD 再生ソフトやOS により異なります。

本機の接続、操作、技術相談に関するお問い合わせは

パイオニアテクニカルサポート(PC 周辺機器)

TEL:0120-941-810(フリーダイヤル)
受付時間:10:00~18:00(ただし、土曜日、日曜日、祝日、弊社休業日は除く)

URL:https://jpn.pioneer/ja/support/purpose/contact/pcperipherals/pc/