採用情報

カーエレクトロニクス事業

新しいクルマ体験を創造し、
世界中の人々に届けていく。

安心・安全、快適な車室空間を創出する
『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーへ

昨今、自動車のIT化が進み、通信ネットワークを介してさまざまな情報サービスが提供されるとともに、世界各国で自動運転の実用化に向けた取り組みが進められるなど、カーエレクトロニクス事業を取り巻く市場環境は大きく変化しています。また、新興国の経済成長にともなってグローバルで市場が拡大しています。
そのなかで、世界のカーエレクトロニクス業界をリードするパイオニアは、数々の世界初・業界初の製品を生み出してきた高い技術力と付加価値提案力を強みとして、クルマ同士がクラウドを介して繋がるコネクテッド化や、来るべき自動運転社会に向けて新しい価値を提案するとともに、カーメーカー向けビジネス(OEM事業)においても、自動車業界になくてはならない『キーサプライヤー』の地位を確固たるものにしていきます。そして車室空間で「快適」「感動」「安心・安全」を創出する「総合インフォテインメント」のリーディングカンパニーを目指しています。
パイオニアのテクノロジーによって、運転の不安が解消され、車内でのストレスも大幅に減少する。そして、これまで車内で経験したことのないようなエンターテインメントを楽しめる。パイオニアはそんな新しいクルマ体験を創り出し、時代を切り拓いていきます。

「コネクテッド化」「新興国への挑戦」そして「自動運転」を
テーマに、開拓すべきフィールドはまだまだ広がっている

「目指す姿」を実現するために、スマホ、クラウド連携を強化した製品提案など「コネクテッド化」への取り組みを進めています。従来の車載機器だけでなく、国内において、株式会社NTTドコモとの自動車IoT(Internet of Things)分野での協業や、東京海上日動火災保険株式会社との自動車保険向けサービスの取り組みを積極的に進めるとともに、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」など、クラウドを活用した新領域でのビジネスを拡大しています。
また、成長戦略のひとつである「新興国市場への挑戦」もパイオニアにとって重要なテーマです。各マーケットに深く根ざしていくために、現地のニーズに合わせたカーAV製品の開発を推進。同時に、その製品を市場に普及させるために現地ディーラーをはじめとする販売チャネルの新規開拓にも注力しています。
そして、新たなテーマとして掲げているのが「自動運転」。光ディスクで培った光学技術や、カーナビゲーションシステムで培った高精度な自車位置推定技術およびプローブ情報、地図技術などを活かし、自動運転に必須とされる「3D-LiDAR(ライダー)センサー」と自動運転用地図の開発を進め、“自動運転の実現になくてはならない”会社を目指しています。また、地図および位置情報サービスのグローバルプロバイダーであるオランダの HERE Technologiesとのアライアンスを活用し、3D-LiDARセンサーと自動運転用地図を組み合わせ、地図を効率的に整備・更新・運用する、“データエコシステム”の構築も進めています。さらに、自動運転時代には自動車とドライバーの高度なコミュニケーションが不可欠になるため、ドライバーの眠気を早期に検知して改善する「ドライバーモニタリングシステム」や、レーザー・ヘッドアップディスプレイ(HUD)などのさまざまなHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)デバイスの研究開発を加速するなど、パイオニアのカーエレクトロニクス事業は、未来に向けて大きな可能性を秘めています。

マイページ マイページ