教育研修制度

学ぼうとする意欲があれば、自分を大きく成長させることができる機会は、多くあります。パイオニアは、さまざまな研修をラインアップし、あなたの成長を支援します。あなたとパイオニアが共に成長する。それがパイオニアの願いです。

技術研修

技術研修 技術研修

①基礎技術講座

入社1年目に行われるもので、製品設計に関する基礎的な技術知識や量産に関する基礎知識などを学びます。

②年度別講座

入社2〜3年目にかけて受講するもので、製品開発に関するものが主な内容です。

③基幹技術基礎講座

パイオニアが持つ基幹技術の基礎を分野別に学びます。

④業務プロセス講座

業務を進める上で必要となる知識(「特許」や「品質」など)を学びます。

⑤専門技術講座

研究開発途上の技術や新規製品搭載の先端技術を学びます。

階層別研修

階層別研修 階層別研修

●新入社員研修

入社後、まずは半月間の合同研修を行い、企業理念・ビジョン、全社戦略と各事業の戦略・概要・組織について、またビジネスパーソンの基礎(考え方やマナーなど)を学びます。その後、技術系配属者は、配属先の事業所にて、品質や環境に関する考え方も含めて「パイオニアのものづくり」の基本思想、実践的な知識やスキルを学習。パイオニア製品の知識を深め、またCADなどの開発ツールも習得していきます。

●2年目フォローアップ研修

入社3年目からは文字通り「一人前」として業務を任されるようになります。2年間のトレーニング期間終了を前に、これまでの自身の働き方を振り返り、よりポジティブに働けるようマインドセットするための研修です。

●3年目研修

ライフステージキャリア研修とセットで受講する入社3年目のための研修です。組織の中での自分の役割や、自身の成長や活躍に向けた課題を見つけ出し、これからのキャリア形成に活かすことを目的としています。

●メンター制度

女性新入社員を対象に、メンター制度を導入しています。設計など、女性の少ない職場もあるため、仕事や職場の悩みだけでなく、これからのキャリア形成やライフプランについても相談できる機会を用意しています。女性新入社員ひとりひとりに、部門を越えて先輩の女性社員をメンター(相談役)としてペアリングし、女性新入社員をサポートしていく制度です。スタート時にメンター(8年目以降の女性社員)、メンティ(女性新入社員)合同の研修を実施後、1年間の任期でペア毎に定期的に面談を行います。配属先以外での社内ネットワークを築くきっかけを作ることも、この制度のねらいです。

●ジュニアリーダーによるOJT

新入社員ひとりひとりに先輩社員(入社4〜7年)がマンツーマンで業務知識や仕事の進め方などについての指導にあたる制度を設けています。期間は1〜2年間(事業所、職種により異なります)。ジュニアリーダーは、業務についてのみではなく、社会人としての考え方や心構えなど全般にわたって指導・サポートします。新入社員にとって頼りになる存在です。

国際化研修

国際化研修 国際化研修

自己啓発

自己啓発 自己啓発

パイオニアでは、社員のニーズに合わせて沢山の研修プログラムをラインアップ。ビジネススキル・ヒューマンスキル・テクニカルスキルなど、学びたいという意欲があれば年次にこだわらず自主的に受講することが可能です。

受講方法は、社内研修・社外研修・e-learning・通信教育など様々。他企業の社員との交流ができるようなプログラムも用意しています。

【研修プログラムの一例】

●マーケティング ●プレゼンテーション ●コミュニケーション
●リーダーシップ ●プロジェクトマネジメント
●デザイン思考 ●経営数値 ●問題解決 ●社外公開講座 など