IR情報

質疑応答要旨

English

スポンサーとの正式契約が当初予定の10月末に締結に至らなかった理由は?
今後の方向性も含めて詳細を丁寧に議論していることから、想定よりも時間がかかっているが、正式契約の締結に向けて引き続き検討・協議を進めている。
OEMの抜本的見直し施策の検討はどうなっているのか?
様々な検討・協議を行う中で、OEM事業だけではなく全社的な経営改善施策の実行が必要と判断している。今後、財務基盤の早期立て直し、全社的な事業・体制の見直し、ガバナンスの強化に注力していく。
通期の業績予想において、売上を300億円下方修正したのに対し、営業損益予想を据え置いた背景は?
売上減による売上総利益の減少はあるが、減価償却費の減少や研究開発費を含む経費節減を見込むことから、営業損益予想を据え置く。
通期の減価償却費予想を見直した背景は?
投資時期の見直しに加え、OEM事業の一部で販売期間に合わせた償却期間の見直しを行ったことから、前回予想より40億円減少している。
カーエレクトロニクス市販事業の状況は?
主に新興国市場において、現地通貨安や市況の影響により、上期の売上が想定を下回っており、中南米・アセアンを中心に通期の売上計画を見直した。
その他事業の2Qの営業利益が、前年同期比で大きく増加している理由は?その効果は下期以降も継続するか?
2Qの営業利益にはFA機器が大きく貢献しているが、これは事業譲渡により下期には減少要素となる。

前のページに戻る