Vol.1 パルスオキシメーターへの応用例

OLEDディスプレイ搭載の応用例

OLED(有機EL)ディスプレイは 斜めから見ても
くっきりとした表示が特長のデバイスです。
東北パイオニアのOLED搭載イメージをご提案いたします。

Vol.1

パルスオキシメーター

新型コロナウイルスの感染拡大とともに需要が増加したパルスオキシメーター。
どんな機器なのか?OLEDを搭載するメリットとは?分かりやすくお伝えします。

パルスオキシメーターとは

採血することなく“血中酸素飽和度”を測定し、
肺にある酸素を血液中にどれだけ取り込み、
体中に運べているかを確認する医療機器です。

慢性疾患を持つ方の日々の健康管理や、
医療/介護の現場で広く用いられています。

新型コロナウイルスに感染した方の重症度を
把握するためにも注目を集めているツールです。

OLEDなら広視野角をキープ

OLEDなら広視野角をキープ

現在、パルスオキシメーターには
さまざまなディスプレイが採用されています。

その中でも測定値を見やすく表示するには
OLEDディスプレイがおすすめです。

ディスプレイを斜めから見ても、
数値がくっきり見えるという特長があります。

数値が読み取りにくく、誤認識してしまう可能性も。

測定値をくっきり表示するならOLED

従来のディスプレイを見てみると、
点灯していないセグメントが見えてしまい
測定値が読み取りにくくなることがあります。

一方、OLEDは表示する文字だけを光らせるため
点灯しないセグメントは見えず、測定値だけが
はっきり見やすい表示になります。

パルスオキシメーターに
東北パイオニアのOLEDを搭載すると

従来のディスプレイ

OLEDディスプレイ

※ 東北パイオニア製品の表示イメージ

モヤモヤ

「斜めから測定値をみようすると、
 数字がぼやけて読み取りにくい。
 正面から見ないとダメなんだよね…」

解決

OLEDは斜めから見ても表示が
見やすいというのが特長です。
正面でなくても測定値がはっきり見えます。

モヤモヤ

「ディスプレイの表示しない部分も
 うっすら線が見えて数字が分かりにくい…」

解決

表示しない部分は光らず完全な黒に。
数字がくっきり読み取れます。

仕様の詳細はこちら

パルスオキシメーターにそのままお使いいただける標準品ラインナップをご提案いたします。

MXS4184  0.96inch / Blue 128×48 dot & Yellow 128×16 dot

詳細仕様はこちら (PDF 825 KB)

20年以上にわたる供給実績をもとに、高品質なOLEDディスプレイをご提供します。

東北パイオニアの歴史

有機EL(OLED)に関するお問い合わせ・
資料ダウンロード

有機EL(OLED)に関するご相談等は、以下のボタンよりお気軽にお問い合わせください。

各種資料は、以下のボタンよりダウンロードください。

※1997年東北パイオニアは世界初の有機EL(OLED)ディスプレイの量産に成功しました。
経済産業省産業技術環境局技術調査室発行 技術調査レポート (PDF)

PDFファイルをお読みになるには、最新版のAdobe Readerが必要です。下記のサイトより無料ダウンロードできます。