Pioneer

carrozzeria

TS-T736II適合車種一覧

※2021年10月現在の情報です。

メーカー 車種 年式 注意事項
トヨタ C-HR H28/12~現在 ※1※2※3
FJクルーザー H22/12~H30/1 ※4
RAV4 H31/4 ~ 現在 ※12
SAI H21/12~H30/2  
86 H27/4~現在 ※5
アルファード H27/1~現在 ※11
H20/5~H27/1  
ヴェルファイア H27/1~現在 ※11
H20/5~H27/1  
カムリ H29/7 ~ R1/9  
H23/9~H26/9  
H18/1~H23/9  
H13/9~H18/1 ※4
カローラ R1/9 ~ R3/7 ※6
カローラ スポーツ H30/6 ~ R1/9 ※6
カローラ ツーリング R1/9 ~ R3/7 ※6
クラウン ロイヤル・アスリート H24/12~H30/6 ※4
ハリアー H25/12~R2/6  
H15/2~H24/7 ※7
プリウス H27/12~現在 ※3※12
H21/5~H27/12 ※3
プリウスPHV H29/2~現在 ※3※12
H24/1~H29/2 ※3
プリウスα H23/5~現在 ※3
マークX H21/10~R1/12  
マークX ジオ H19/9~H25/10 ※4
ランドクルーザープラド H21/9~現在 ※8
三菱 エクリプス クロス H30/3~R2/12  
マツダ CX-5 H24/2~H27/1 ※9
アクセラ 4セダン/5ドア(スポーツ) H25/11~R1/5 ※9
アテンザ セダン/ワゴン H24/11~H27/1 ※9
スバル BRZ H27/4~H31/4 ※5
WRX STI H26/8〜R1/12  
WRX S4 H26/8〜現在  
XV(インプレッサ XV) H29/5~現在  
H24/10~H29/5  
インプレッサ G4/スポーツ H28/10~現在  
H23/12~H28/10  
フォレスター H30/7~現在  
H24/11~H30/7  
レヴォーグ H26/6~R2/10  
レガシィ B4/アウトバック H26/10~H29/10 ※10
H21/5~H26/10 ※1
レガシィ ツーリングワゴン H21/5~H26/10 ※1
  • ※車種、グレード、また特別仕様やオプションなどにより上級オーディオシステムが装着されている場合、およびディーラーオプションでセパレートタイプのスピーカーが装着されている場合などは、取付情報を確認する必要がありますので、販売店などにご相談ください。
  • ※同梱の「変換コネクター(白色カプラー)」を使える車種でも、「極性変換コード」を使用する場合がございます。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ※ハイブリッド仕様の設定がある車種で特に注記の無い車種はハイブリッドを含みます。
  • ※1 車両側取付部にスピードナットが装着されていない場合は、別途スピードナット(左右で計4個)が必要です。
  • ※2 グリルカバー裏側の円形リブと爪フックがトゥイーターに当たってグリルカバーがはめ込めないため、円形リブと爪フックの切取加工(約13 mm)が必要です。
  • ※3 ダッシュ部の純正グリルを取外すにはAピラートリムを取外す必要がありますが、Aピラートリムはエアバッグ作動時の飛散防止のため特殊なクリップを使用して装着されています。そのため、トゥイーター装着後にはAピラートリムを元通りに戻すことが必要となります。この際、取外し、取付けには専門知識が必要ですので、カーディーラーなどでの作業が必要となります。
  • ※4 スピーカーに付属のトゥイーター用変換コネクターの形状が合わないため、付属の延長コードなどで配線を行うか、別途配線加工が必要です。
  • ※5 KJ-Y86JT(J)希望小売価格 4,180円(税抜価格 3,800円)に同梱のブラケットの使用が必要です(なお、同梱のアンプジャンパーコネクターは使用しません)。8スピーカー付車の場合を除きます。2スピーカー付車の場合は、別途スピードナット(左右で計4個)が必要で、配線はトゥイーター延長コードを利用してフロントスピーカー線から分岐します。
  • ※6 左側(助手席側)に取付ける際、グリルカバー裏側の爪フックがトゥイーターに当たってグリルカバーがはめ込めない場合は、当たる部分の切取加工が必要です。
  • ※7 ハイブリッド車を除きます。
  • ※8 KJ-Y86JT(J)希望小売価格 4,180円(税抜価格 3,800円)に同梱のブラケットの使用が必要です。(なお、同梱のアンプジャンパーコネクターは使用しません。)
    ……取付けにあたっては、KJ-Y86JT(J)のトゥイーター用ブラケットを取付説明書の3ページにある図とは裏表を逆にして使用します。また、純正トゥイーター部に設置する際は、トゥイーターに組付けたブラケットが手前側(座席側)となり、ブラケットに開いている三角マークの先端が各ドア側(車室外方向)となる向きで取付けます。
  • ※9 マスキングカバーがある場合は取外してからトゥイーターを固定します。
  • ※10 純正トゥイーター用グリルを取外す際には、Aピラートリムに擦れて傷が付きやすいので注意が必要です。
  • ※11 8スピーカー付車の場合に取付が可能です。
  • ※12 ディスプレイオーディオ付車を除きます。
閉じる

Copyright © 2021 Pioneer Corporation.
All Rights Reserved.