ソース・キャリブレーション 利用手順

ソース・キャリブレーション 簡易手順

ソース・キャリブレーション 簡易手順 ソース・キャリブレーション 簡易手順

事前準備 (テスト信号のダウンロード)

事前にソース・キャリブレーションで利用するデータを記憶媒体に準備する。

  • (1)利用しているカーオーディオで楽曲再生に対応した記憶媒体を確認する (USB/SDカードなど)。
  • (2)パソコンなどでWEBサイトの「テスト信号」ダウンロードページへアクセスしてテスト信号をダウンロードし、記録媒体へ保存してください。

ソース・キャリブレーションの画面メッセージ

1.アプリとDEQ-1000A本体を接続する。

1.アプリとDEQ-1000A本体を接続する。

DEQ-1000Aとアプリの接続

Andorid iOS
OTG接続確認 Lightningケーブルの接続確認

2.SoundTuneアプリを起動、画面下部のMENUの【Processor】をタップ。

2.SoundTuneアプリを起動、画面下部のMENUの【Processor】をタップ。

3.【メニュー】⇒【サウンドプロセッサの設定】をタップ。

3.【メニュー】⇒【サウンドプロセッサの設定】をタップ。 3.【メニュー】⇒【サウンドプロセッサの設定】をタップ。

車種設定がされていない場合

※ 車種の設定がされていない場合は、車種設定画面が表示されます。

車種設定がされていない場合 車種設定がされていない場合

ソース・キャリブレーション 実行手順

手元にテスト信号を保存した記憶媒体を用意する。

1.【ソースキャリブレーション】をタップ。

1.【ソースキャリブレーション】をタップ。 1.【ソースキャリブレーション】をタップ。

2.画面のメッセージに従って処理を進めます。

2.画面のメッセージに従って処理を進めます。 2.画面のメッセージに従って処理を進めます。

3.テスト信号を準備できている場合は【わかりました】をタップします。
テスト信号が無い場合はWEBサイトからダウンロードします。

【WEBサイトを見る】WEBページに飛ぶ。 【WEBサイトを見る】WEBページに飛ぶ。
※USBケーブルが接続されていない場合は 左の画面が表示されます。USBケーブルを接続した後に【←】を押し、1の手順からスタートしてください。 ※USBケーブルが接続されていない場合は 左の画面が表示されます。USBケーブルを接続した後に【←】を押し、1の手順からスタートしてください。

4.※すでにソース・キャリブレーションを実施した場合に限り、下の画面が表示されます。
データを上書きする場合は【OK】、キャンセルの場合は【キャンセル】を押します。

※すでにソース・キャリブレーションを実施した場合に限り、下の画面が表示されます。データを上書きする場合は【OK】、キャンセルの場合は【キャンセル】を押します。 ※すでにソース・キャリブレーションを実施した場合に限り、下の画面が表示されます。データを上書きする場合は【OK】、キャンセルの場合は【キャンセル】を押します。

5.事前に準備したテスト信号の再生準備を行います。
(再生手順の詳細はカーオーディオシステムの取扱説明書にてご確認ください。)

カーオーディオのテスト信号再生準備ができたら【はい】をタップしてください。 カーオーディオのテスト信号再生準備ができたら【はい】をタップしてください。

6.テスト信号再生を開始するために 【次へ】をタップしてください。

カーオーディオでテスト信号の再生を開始します。 カーオーディオでテスト信号の再生を開始します。

7.ソースキャリブレーションの測定が始まったら完了するまでお待ちください。
測定をキャンセルする場合は【キャンセル】をタップします。

7.ソースキャリブレーションの測定が始まったら完了するまでお待ちください。測定をキャンセルする場合は【キャンセル】をタップします。 7.ソースキャリブレーションの測定が始まったら完了するまでお待ちください。測定をキャンセルする場合は【キャンセル】をタップします。

8.測定が完了したら【次へ】をタップします。

8.測定が完了したら【次へ】をタップします。 8.測定が完了したら【次へ】をタップします。

9.カーオーディオ上でテスト信号の再生を停止したら【最終処理】をタップしてください。

カーオーディオでテスト信号の再生を停止します。 カーオーディオでテスト信号の再生を停止します。

10.【完了】をタップします。

10.【完了】をタップします。 10.【完了】をタップします。
閉じる

Copyright © 2021 Pioneer Corporation.
All Rights Reserved.