報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2018年 7月 4日
パイオニア株式会社

「第8回 オフィスサービスEXPO」に出展~シンプルな運用で事故リスクを低減できる通信ドライブレコーダーを展示~

パイオニアは、7月11日(水)から13日(金)まで、東京ビッグサイトで行われるオフィス向けサービスの専門展「第8回 オフィスサービスEXPO」に出展します。

当社ブースでは、通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」などを展示し、多くの企業が抱える「事故削減」や「緊急事態への対応」、「業務の効率化」といった課題へのソリューションを、デモンストレーションを交えて紹介します。


【TMX-DM02-VA】

第8回 オフィスサービスEXPO (「総務・人事・経理ワールド2018」内)

業務効率化・コスト削減・福利厚生をはじめとするオフィス向けサービスが一堂に出品される、総務・人事担当者向けの商談専門展。

日時 2018年7月11日(水)~13日(金) 午前10時~午後6時
場所 東京ビッグサイト (パイオニアブース:「オフィスサービスEXPO」東6-63)
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
公式ホームページ 「オフィスサービスEXPO」オフィシャルサイト

出展内容

(1) 通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」

本機は、当社のクラウド型運行管理サービス“ビークルアシスト”と連携しており、事故や危険運転の際に自動で動画をサーバーへアップロードするとともに、管理者へ通知メールを送信するため、管理者は車両の状況をリアルタイムかつ具体的に把握できます。また、急ブレーキが多発する「ヒヤリハット地点」データを格納した地図データを収録しており、ヒヤリハット地点に近づくと音声と画面表示でドライバーに警告します。急加減速や急ハンドルなどの危険挙動時にも警告するため、管理者はドライバーに警告を出さないよう意識させるとともに、通知メールが届いた際に指導を行うといったシンプルな運用で、安全運転対策を継続的に行えます。
さらに、日報の自動作成や動態管理など、業務を効率化する“ビークルアシスト”のさまざまな機能も利用できます。

「TMX-DM02-VA」ホームページ


※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

<“ビークルアシスト”について>

当社製の車載端末(カーナビゲーションやドライブレコーダーなど)から通信回線を使って送信される精度の高い車両位置情報や走行データを基に、リアルタイムな車両位置の把握や、訪問コース・業務内容の指示も行える運行支援・運行管理サービス。手軽に導入できる「パッケージサービス」に加え、既にお客様が保有されている業務管理などのクラウドサービスと連携できる「Web APIサービス」を提供しています。

※ API(Application Programming Interface)は、コンピュータープログラムで作成された機能を外部のプログラムから利用するための仕様。

(2) 用途に合わせて選べる業務用端末・サービス

効率的な訪問コースの作成や業務指示の徹底が可能な業務用カーナビゲーション、自車位置や燃費などの車両情報を取得できるデータロガーユニットに加え、スマートフォン/タブレットで“ビークルアシスト”を利用するためのアプリケーションなど、用途に合わせて選択できるさまざまな端末・サービスを展示します。

報道資料

キーワードで探す

年月で探す