carrozzeria
AVIC-CL902-M/CW902-M/CZ902-M
マルチドライブアシストユニット同梱
AVIC-CL902/CW902/CZ902/CZ902XS/CE902SE/
CE902AL/
CE902VE/CE902VO/CE902NO/
CE902ES/CE902ST
マルチドライブアシストユニット「ND-MA1」対応

ドライブ中のリスクを高度にサポート

高機能カメラで捉えた前方の風景をマルチドライブアシストユニットが画像認識・解析を行い、
周囲の様々なリスクと状況の変化を検知。ドライバーへ先進のAR表示や効果音で警告することで、
ドライブ中に潜む様々なリスクからドライバーを未然に守ります。

迫りくる様々な運転中のリスクを検知し、
事前にお知らせ【ARスカウタービュー】

マルチドライブアシストユニットのフロントカメラから取り込んだ映像を独自の技術で映像処理し、
現実の風景に重ね合わせナビゲートするARスカウタービュー。
運転中にドライバーが意識していることや予期せぬリスクを事前に回避する情報を検知しお知らせ。
わかりやすいだけでなくエンタテインメント性まで備えた表示や効果音で、
うっかり見逃してしまうリスクをあらかじめ遠ざけます。

適正な車間距離をアシスト【ターゲットスコープ/推定車間距離表示】

進化した前方車両の捕捉能力や描画能力が優れたマルチドライブアシストユニットは、前方車両との推定車間距離はもちろん、車間時間までも把握し、ドライバーへ注意喚起を促します。前方車両を捕捉し表示する「ターゲットスコープ」は、車間距離/車間時間に連動してそれぞれサイズ/色をリアルタイムに変化させ、ドライバーへ注意を促します。また前方車両との車間時間を計測し、「推定車間距離」を表示。通常の地図表示でも「推定車間距離」の表示色が「ターゲットスコープ」の車間時間表示に連動するのでこれまで目視で感覚的にチェックしていた前方車両との距離を、これからはカーナビがわかりやすく通知し、サポートしてくれます。
  • ターゲットスコープ/推定車間距離表示
  • ターゲットスコープ/推定車間距離表示

前を走るクルマへの近づきすぎを警告【前方車両接近警告】

追突事故を未然に抑制するために、捕捉した前方車両との車間時間を絶えず計測し、車間時間が縮まると表示と効果音でドライバーに警告します。ターゲットスコープの前方車両捕捉アルゴリズムを最適化することにより、一度捕捉した車両を追い越す時などの不要な警告を低減。前方車両の検知範囲を見直すことで信頼性もアップしています。

  • ※自車および前方車両が左右に移動する際に車間時間が警告範囲内に該当した場合は警告します。
  • ※一度捕捉した前方車両はカメラが認識できる限り遠方まで捕捉します。

警告音

前方車両接近警告

フロントカメラの高さと前方車両との角度で距離を測定。さらに速度も測定することで推定の車間時間まで算出します。

  • ※一定速度以上かつ高速道路の法定速度程度まで対応します。

思わぬ発進による追突を予防【誤発進警告】

信号待ちなどの停車時に、自車が前方車両より先に発進してしまった場合に、表示と効果音でドライバーへ警告。不注意な発進による追突事故のリスクを抑制します。

  • ※停車時に車速パルスが発生する車両や低速走行時に車速パルスが検出されない車両においては誤発進警告機能は動作しません。

誤発進警告

警告音

ナビ画面ナビ画面

事故が多い交差点での
追突リスクを抑制
【右折時つられ発進検知】

前方車両の動きにつられ、目視せずになんとなく右折するときに大きなリスクが発生します。サイバーナビにはスマートループによって、全国のユーザーの走行データを基に走行状態を分析し、急ブレーキが多かった場所をデータベース化したヒヤリハット地点を収録。その内の右折事故が生じやすいヒヤリハット地点では右折時、前方車両の後ろで停止している状態から前方車両が発進し、つられて自車が動き出すタイミングで効果音を出し注意喚起を促します。これにより、周囲の安全確認を事前に意識でき、交差点内で生じる様々な事故を未然に抑制することができます。

注意喚起音

右折時つられ発信検知

≪交差点右折時のリスク回避へ向けた取り組み≫

平成26年中に発生した交通死亡事故においては交差点右折時の対歩行者事故が多くみられ特徴的な事例となっています。本機能は経済産業省の「次世代高度運転支援システム研究開発・実証プロジェクト」において、運転行動のモデル化の検討を通じて得られた知見、当社独自のヒヤリハット地点情報と画像認識技術を用いて実現しています。また、一般財団法人 日本自動車研究所(JARI)においてJARI-ARVを用いた危険場面再現による実証実験を行うことで、その実験結果から当社として本機能の有効性を確認しています。

信号の変化も見逃さない【赤信号検知表示】

クルマが停車すると前方の赤信号を捕捉、青信号への変化も検知します。アイコン表示でも切換わりをお知らせすることで、停車中での信号変化の見逃しを防ぐなど、スムーズな発進をアシストします。

  • ※検知するのは赤信号から青信号への変化のみ。矢印式信号機は検知しません。
赤信号検知表示
  • 赤信号検知表示
  • 赤信号検知表示

迅速なスタートをアシスト【前方車両発進検知表示】

信号待ちや渋滞での停車中などで、前方車両の発進に気づかない場合でも、前方車両の動きを正確に捕捉し、発進時にはわかりやすい表示や効果音で前方確認への注意を促します。効果音を出すタイミングは設定により3段階で調整可能です。

注意喚起音

前方車両発進検知表示
  • 前方車両発進検知表示
  • 前方車両発進検知表示

高速道や一般道のレーン走行をサポート【レーンキープサポート】

高速道や一般道を走行中は、走行中の車線を認識。一定時間片寄り続けると車線の表示色の変化と効果音で車線の片寄りをいち早くお知らせ。正しい走行へとサポートします。

警告音

レーンキープサポート
  • レーンキープサポート
  • レーンキープサポート

信号機のない横断歩道を
事前にお知らせ
【横断歩道予告検知表示】

道路にペイントされた「横断歩道または自転車横断帯あり」を示すひし形の道路標示を認識。横断歩道が先にあることをイラストと効果音で前もって通知し、歩行者や自転車への注意を促します。

通知音

横断歩道予告検知表示
横断歩道予告検知表示

マルチドライブアシストユニットの各種ドライブサポート機能は、ドライバーの認知・判断を補助し、主に運転負荷軽減を目的とした予防安全機能です。わき見運転やながら運転などによるドライバーの前方不注意を防止する機能ではありません。また、各種ドライブサポート機能はあらゆる状況で正確に動作するものではなく誤認識する場合があります。検知機能や警告機能が動作した際は前方や周囲の状況を確認の上、ドライバーの判断でブレーキを踏む等の適切な運転操作をしてください。本機の動作の有無にかかわらず発生した被害、損害に対して当社は責任を負いかねます。

  • 安全運転支援
  • ライブカーセキュリティ
  • ドライブレコーダー
  • アクシデントインフォ
  • ■記載の仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。また各ユニットの画面写真ならびに表示は、別売オプションを接続している場合があります。
  • ■掲載の商品写真、取付例およびビジュアル等はすべて表現上のイメージです。写真の色(製品ボディ、イルミネーション等)は、サイトをご覧になるパソコン等の条件や設定などにより、実際の色と異なって見える場合があります。
  • ■各画面写真はハメコミ合成で、色および仕様等は実際と異なる場合があります。また、画面内の表記は機能を紹介するために用いた架空のものもあります。